検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

3月は別れの季節!泣ける映画まとめ。 【Clipboxチームのおすすめ映画7選】

3月は別れの季節!泣ける映画まとめ。 【Clipboxチームのおすすめ映画7選】


3月ももう終盤…卒業退職など、別れが多くて悲しい季節ですね。

そんな今月の映画特集、テーマは「泣ける映画」です。Clipboxチームに聞いたところ、いろんな泣ける映画が集まりました!(各人の心の琴線が分かっちゃうから面白い!)

人類の存亡をかけた男たちの戦い

アルマゲドン (1998)

アルマゲドン
参照:Amazon

テック テクニカルチーム バランスボール系男子のオススメ

巨大隕石が18日後に地球に衝突することがわかり、NASAは巨大隕石に穴を掘り、内部から核を爆発させる計画をたてる。そして、石油採掘のスペシャリスト8人とNASAの6人を加えた14人が地球を守るために、宇宙へ向かいます。

ベタベタのストーリーですが、最後のシーンはほとんどの人が泣くと思います。主題歌の「I don’t Want to Miss a Thing」も素晴らしい曲で、おすすめです。



2人だけの特別な愛のカタチ。

博士と彼女のセオリー (2014)

博士と彼女のセオリー
参照:Amazon

mii Clipboxライター
みぃのオススメ

理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士と奥さん(ジェーン・ホーキング)とのラブストーリーです。

実話を元に作られているのですが、イギリスらしい美しい映像と音楽、いかに博士がすごいということではなく、奥さん視点で人間的な部分が繊細に描かれている作品です。

大学時代にジェーンと出会ってからすぐに、博士が筋委縮性側索硬化症(ALS)という難病になってしまうんですが、余命2年と宣告される中、自暴自棄な博士をジェーンが献身的に支え、その後すぐに結婚して子供にも恵まれます。

ジェーンがいたからこそスティーヴン・ホーキングの数々の研究が生まれたわけですが、ただ愛を貫くハッピーエンドではなく、いくつもの感情に揺れ動き、2人だけの愛の形を作り上げていくお話で、とても切ない展開なんですが、見てよかったと泣きながら思える映画です。


▼予告編はこちら


臆病者と呼ばれた男の真実

永遠の0 (2013)


参照:Amazon

ボス Clipboxチーム
ボスのオススメ

“祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。そして、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を健太郎は知ることとなり……。”
出典:シネマトゥデイ

本屋大賞を受賞したことでも有名な百田尚樹の作品で、出演者の豪華さも申し分なし。イケメンウォッチという不純な動機(笑)で観てもらっても構いませんが、最後は号泣すること間違いナシの作品です!


▼予告編はこちら


片腕を失ったサーファーが気づいたこと

ソウル・サーファー (2011)

ソウル・サーファー
参照:Amazon

director Clipboxライター
marinのオススメ

プロサーファーの将来が約束されていた少女ベサニー・ハミルトンは、ある日突然鮫に襲われて片腕を失ってしまいます。片腕を失ってからライバルに惨敗し、一度はサーフィンを投げ出した主人公。そんなとき、タイの大津波のボランティアに参加し、そこでの経験から、 勝負よりも頑張っている姿を人々に見せることの方が大事だと気づきます。

ジャケットやポスターから、きっと泣かせてくる映画なんだろうなぁと見くびっていた私でしたが、実際は想像以上に涙が止まらない演出でした(笑)


▼予告編はこちら


1日しか記憶が持たない少女と…。

パコと魔法の絵本 (2008)

パコと魔法の絵本
参照:Amazon

ひなこ Clipboxライター
ひなこのオススメ

変わり者ばかりの病院が舞台。1日しか記憶が持たない病気のパコちゃんが主人公で、この子がひたすらずっとかわいい映画です。役所広司とか土屋アンナとか妻夫木聡とか小池栄子とか何気に色んな人が出てます。

大人たちが、記憶が1日しか持たないパコちゃんのために何か残してあげられないかと奮闘するストーリーです。最後、泣きました。


▼予告編はこちら



ぬいぐるみと笑いあり涙ありの青春!

テッド (2013)

ted"
参照:Amazon

director Clipboxチーム
シーサー系女子のオススメ

友達が居なかった主人公のジョン。クリスマスに、クマのぬいぐるみがプレゼントされます。それからというもの、ジョンは「テッド」と名付けたクマが話相手になります。ある日、ジョンはテッドと、「本当の友達になれますように」と願い事をします…その願いごとがきっかけで、クマのぬいぐるみテッドに命が宿ります。

ジョンとテッドが駆け抜けた青春時代に笑いすぎて涙がでる上、最後のシーンで号泣する。タオルなしでは見れない映画です。


▼予告編はこちら



【番外編】泣けるショートムービー

CARGO (2013)

boss Clipboxチーム
カンフーマスターのオススメ

ゾンビウイルスに感染した父親が、まだ幼い娘を守るため、ある行動に出るのですが。。父親の子を想う気持ちに涙させられます。

オーストラリアのショートフィルムフェスティバルで絶賛され、世界中で話題になった作品です。約7分の短編ですので、まだの方は是非ご覧ください。

ちなみに、タイトルの「CARGO」は、ベビーカーを意味しています。


トモトモ トモトモ
月に1度は、映画館に映画を見に行こうと心に決めている筆者です(笑) そんな筆者がオススメする泣ける映画は「思い出のマーニー」!泣けるとは思っていなかったので完全に不意打ちを喰らわされました!あまりに悲しすぎて、こんな映画見るんじゃなかったと思ったほどです…。


▼関連記事
映画まとめ記事一覧

この記事に関するキーワード