検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

「アグモン?なんだそれ?」デジモンよりも”ベイブレード”だった筆者が、初めてデジモンの世界を体験!【デジモンリンクス】

「アグモン?なんだそれ?」デジモンよりも”ベイブレード”だった筆者が、初めてデジモンの世界を体験!【デジモンリンクス】

最近、AppStoreのランキングに台頭してきたのが「パズドラレーダー」と「デジモンリンクス」の2つ。

パズドラレーダー」は、パズドラのサポートアプリでしょ?と納得。しかし、もう1つの「デジモンリンクス」は、「もしかして懐かしのデジモン?これはちょっとやってみよう」と思い早速ダウンロードしてみました。

ちなみに、僕、「懐かしの」とかのたまってますが、「デジモン」全く知りません…。小学校くらいの頃に友達が遊んでたなレベルです。(当時は、むしろベイブレードにハマってました。)

なので、ある意味すごく新鮮体験ができるかも?と期待を込めて今回は、最近リリースされた「デジモンリンクス」のレポートです!

DL_iOSPlayストアでダウンロード

デジモンって?

まずは、「デジモンって何ぞや?」ということを、ネットサーフィンしながら調べること数分…。要するに、「デジタル空間でモンスターを育成するゲームなのね!」と理解できました。

そして、デジモンのポータルサイトを見てたら、見たことのある小さな液晶型ゲーム機の写真が…。

(出典:デジモンウェブ

これ、昔、友達が自慢するためにプールに持ってきて、置き引きにあったやつだわ(笑)

実際に遊んでみた!

やっぱり、今のスマホゲームは親切だね!
最初の方で、世界観からキャラクターまでまるっと全部説明してくれました。

ザックリかいつまむと、デジモンたちの住む世界「デジタルワールド」で、突如情報の断片化が起こってしまい、危機に陥っているとのこと。そして、その危機を救うのがゲームの目的!

育成&育成、そして、バトル!

ファームと呼ばれる自分専用の電脳空間でデジモンを育てる」→「敵とバトルをしてこの世界の危機を救う」がこのゲームの基本的な流れ!

ふむふむ、どれだけデジモンを強く育成できるかが、ゲームを進めるポイントだなと勝手に納得!(何気に、今流行りのカード合成で強化じゃなくて、バトルで経験値積んで強くするっていうのも好ポイント)

今までのデジモンが勢揃い!

という訳で、せっせとデジモン育成に励んでいたんですけど、これ、実際に手で撫でたくなるくらい可愛いモンスターが多いね!

デジモンに対して良くも悪くも全く先入観のない筆者は、強さとかを忘れて、見た目のかわいさで育成とパーティ編成をしてました(笑)

そして、どうやら見ていくと懐かしのデジモンアグモンとかガブモンとか)もかなりの数が登場するみたいなので、デジモン世代には涙モノかも?(世代的には僕もドハマりしてるんですけどね…。)

バトルでわが子(デジモン)の成長を見届ける!

ある意味、育てた成果を出せる場所がバトルです。多種多様なデジモンたちが3対3で交互に戦い合うので、人間でいうところの異種格闘技戦って感じです(笑)

自分が育てた、デジモンが敵をぶちのめして、バトルに勝利したときの嬉しさはやっぱり愛情をかけた分に比例するね!

ポケモンを卒業したら次はデジモン!

このゲーム、遊んでいて感じたのは、良い意味で中学生的なカッコよさが入ってます!

例えば、モンスターのデザインが、かわいさなら小動物的なかわいさ、そして、カッコよさなら鉄とか武器とかの物質的なカッコよさといった感じで、デザインに幅があり、なおかつエッジが効いてます

なので、ポケモンを遊び倒したり、飽きちゃった小学校の高学年?もしくは中学生に次に遊ぶべきRPGとしてオススメゲームです!

デジモンリンクス
AppStoreでダウンロード
DL_iOSPlayストアでダウンロード

この記事を読んだアナタにオススメなゲーム!

トモトモ トモトモ
劇場版「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」の監督を担当したのが、今をときめくアニメ映画監督の細田守さんです!デジモンを知ってる友達曰く、作品のメッセージ性が「サマーウォーズ」にかなり受け継がれてるらしいです(笑)


▼関連記事
「デジモンリンクス」公式サイト

この記事に関するキーワード