検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

気になるアプリやサービスがいっぱい!「アプリ万博」に行ってきた!

気になるアプリやサービスがいっぱい!「アプリ万博」に行ってきた!

5月23日と24日の2日間、東京は渋谷にて、スマートフォン業界のアプリやサービスの展示イベント「アプリ万博」が開催されました。そこでは、楽天株式会社をはじめとした大手からベンチャーまで多数の企業が各々のアプリやサービスをPRすべく出展していました。


今回は、現地で見つけた数多くのアプリサービスの中から、筆者の独断と偏見でおもしろそうだったものたちをご紹介します。まずはアプリ編

【アプリ①】 UDトーク

appli-expo

(出典:Shamrock Records, Inc.

話した言葉を文字にして表示する音声認識アプリです。しかし、それ以上にこのアプリ、翻訳アプリとして使い勝手がピカイチなんです! ストアにある他のアプリとは翻訳のクオリティが違います。そんな本アプリのポイントは大きく以下の3点です。

    本アプリのポイント

  • 長文もリアルタイムに翻訳
  • 複数の言語へ同時翻訳が可能
  • 利用料はタダ!

筆者が一番スゴイと思ったのは、翻訳できる文章量!一般的な翻訳アプリは、一言や二言の短文が限界です。しかしこのアプリでは、講演会のようにひたすら話し続ける長文でもリアルタイムに翻訳していくことができます。

appli-expo

実際に、日本語で行われている講演を音声認識し、リアルタイムで英語に翻訳していくデモを見せてもらいましたが、ほぼタイムラグなしで、翻訳された内容が画面に表示されていました。

さらに、複数言語に同時翻訳も可能です。(記事執筆時点では、中国語やヘブライ語まで全13言語対応)そのため、国際会議や観光案内など、いろいろな言葉を話す人が同席するようなシチュエーションでも、本アプリだけで対応できます。

そして、最大のポイントが「無料で使える」こと。一体なぜそのようなことが実現できるのか伺うと、法人向けには有料で提供しており、そこで収益を確保できるから、とのことです。

UDトーク
AppStoreでダウンロード
DL_iOSPlayストアでダウンロード

▼関連サイト
「UDトーク」公式サイト

【アプリ②】 ワオっち!シリーズ

appli-expo

(出典:WAO CORPORATION

2つ目に取り上げるアプリは、0歳から10歳まで、子供の成長に合わせて遊べる知育系アプリの「ワオっち!」シリーズです。

    本アプリのポイント

  • 赤ちゃんも遊べるアプリがある!
  • 子供の成長別にアプリが用意されてる!
  • ゲームで使えるのは実在の球団!

幼児向けの知育アプリは数あれど、0歳の赤ちゃん向けのアプリがあるのには驚きました。そもそも0歳がスマホやタブレットのアプリを遊べるものなのか? そんな疑問をぶつけると「画面をタッチして反応することの楽しさ」を感じてもらえるように、キャラクターの輪郭を大きくしたり、どこをタッチしても反応するように設計しているとのことでした。

appli-expo

タッチ!あそベビー 赤ちゃんから楽しめる感覚遊びアプリ
AppStoreでダウンロード
DL_iOSPlayストアでダウンロード

また、シリーズアプリのひとつ「ワオっち!ランド」では、ゲーム内で様々な企業とコラボが行われています。例えば、“漢字ストラックアウト”では、パ・リーグとのコラボコンテンツを実施。「ソフトバンク・ホークス」等の実在する球団の選手になりきってプレイすることができます。

appli-expo

野球への親近感がわいて、楽しめる作りになっていますよ!

知育ゲーム遊び放題!ワオっち!ランド
AppStoreでダウンロード
DL_iOSPlayストアでダウンロード

▼関連サイト
「ワオっち!シリーズ」公式サイト

次はサービス編です!

【サービス①】 Meet Source(ミートソース)

appli-expo

(出典:Meet Source

パスタじゃないです(笑) ソースというのは、アプリを動かす仕組みのことで、それを手頃な値段で売買できるサービスです。しかも対象のOSはiOSとAndroid、アプリのジャンルもゲームからビジネス用途まで幅広く取り扱っています。

    本サービスのポイント

  • アプリのソースコードが売買できる!
  • 価格は0ドルからの低価格
  • 取り扱うOSやジャンルも幅広い!

筆者は、スマホアプリを作ってみたいけど技術力もお金もない学生(涙)のアプリ研究用に是非オススメしたいと思いました。

またアプリの開発者にとっても、アプリ販売以外での収益機会が広がるため、売買する双方がWin-Winの関係になっていて上手いサービスですね。

担当の方によると、現状では海外ユーザーの利用率が高いため、今後は日本ユーザーの利用率を高めていきたいとのことでした。価格は全てドル単位で決済もPayPal方式ですが、いずれ日本ユーザーが増えれば、もしかしたら円単位での売買も可能になるかも? 今後の発展に期待です!

▼関連サイト
「Meet Source(ミートソース)」公式サイト

【サービス②】 タタタタッタッタッター

appli-expo

(出典:SCHEMA,INC.

名前がとてもキャッチーなコチラのサービス。(実は、某有名RPGのレベルアップの音だったりします。)一体どんなサービスかというと、法人向けの社員トレーニングツールです。

    本サービスのポイント

  • ゲームに教育ツールを入れちゃった!
  • 導入企業に合わせて柔軟にカスタマイズ

ファーストインプレッションでは、少し前に話題になったゲーミフィケーションを活用したトレーニングツールかな?と思いました。しかし担当の方によると、むしろ、ゲームの中にトレーニング要素を入れたと言った方が相応しいほど、ゲーム性の高いツールになっているとのこと。

実際のゲーム画面がこちら!

appli-expo

(出典:SCHEMA,INC.

ドット絵で描かれたモンスターが導入企業の業務内容研修に関する様々な問題を出してきて、それに正解するとモンスターを倒せるというものです。イメージ的には「魔法使いと黒猫のウィズ」を想像してもらうとしっくりくると思います。

さらに、導入する企業に合わせてゲームのデザインから登場するキャラクターに至るまで幅広くカスタマイズが可能だそうです。

▼関連サイト
「タタタタッタッタッター」公式サイト

スマホの未来は明るい!

初めて、業界向けのイベントに参加した筆者でしたが、全体を通して「スマホの未来はワクワクできることがまだある」と感じました。iPhoneの登場によって一気に拡大したスマホ業界も、最近では、ウェアラブルの台頭やシンプルなガラケーへの回帰など、良くも悪くも落ち着いてきた感じがあります。しかし、各ブースで見聞きしたことは、その多くが、スマホに新たな面白さ驚きを感じさせてくれるものでした。スマホの未来は明るそうです!

尚、次回開催は7月7日(木)とのこと。続報はイベントページをフォローしましょう!

▼関連サイト
アプリ万博 出展サービス・プロダクト一覧

トモトモ トモトモ
今回の記事はいかがだったでしょうか。実は、筆者は以前に大学で学内向けの新聞を作っていた過去があります。そのため、レポート系の記事を書くと、あの頃を思い出して懐かしくなったり、時の経過の早さに驚いて悲しんだりします(笑)今回の記事も、感情の入り乱れるなかで書いていました(笑)


この記事に関するキーワード