検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

シュールさ爆発!ウサギ時々オヤジを抜っき抜き☆

シュールさ爆発!ウサギ時々オヤジを抜っき抜き☆

20代最後の夏、私は、とてつもなくシュールで、ちょっぴり哀愁の匂いがするゲームに出会いました。

それは、どこかスピ◯ツの曲を思わせるようなタイトルの、【うさぎと牛乳瓶】。流れゆく牛乳瓶、リフレインするギターソロ、すっとんでいく目が虚ろなうさぎ達、時々オヤジ。全く、世の中どうなってんだ!?

DL_iOSPlayストアでダウンロード

なんかもう、シュールの塊。

感覚がちょっとおかしいと言われる私でも、この時点でもうツッコミどころ満載なのは分かります。なんだこれ。

うさぎと牛乳瓶

えっと、まず、なんで牛乳瓶にうさぎが嵌ってるんでしょうかね…。どうやって入ったの?かわいいけど、なんか目が虚ろだし。

そしてこれを、ただただひたすら無心に時間の許す限り引っこ抜いていく、というゲームなのです。20秒のタイムアップまで、スポン♪スッポン♪スッポポポーーン♬とリズミカルに助け出し続けます。

そして、うさぎを救出した数の記録に挑戦します。うーん、ここまでの説明で「何言ってんだコイツ?」と思われてないか心配です。だいじょうぶ、わたしのあたまは、げんきです。

サウンドONをオススメしたい。

このゲームは、是非音楽と効果音と共にプレイするのがおすすめです。

BGMがやたらと独特。
かわいい系ゲームに付き物の元気でキュートな音楽では全くないです。ギター1本のテンション低めな曲が、ずっとリフレイン。なんというか、ずっと聴いていると、頭の中をループし始めるような…(@_@)ぐるぐるぐる…。

うさぎと牛乳瓶

うさぎの頭らへんを指で下から上にスワイプすると飛び出すのですが、飛び出すときの音も爽快です。本当に瓶の牛乳を開けたときみたいな、スポンッ!という音がします。うさぎの入った瓶が次々流れてくるので、ポンポン鳴らしつつ、景気よくうさぎをすっ飛ばしていきましょう。

うさぎと牛乳瓶

ゲームオーバーになってしまった時は、更に悲壮感のあるギターが流れてくるので是非聴いてみてください。哀愁というか、ヒロシです、というか…。寂しくなる音色。

流れてくる異物にご注意!!

うさぎが入ってる牛乳瓶もかなりの異物ですが、そこはまあ、気にせず。うさぎじゃないものも流れてくるので臨機応変に対応しましょう。

うさぎと牛乳瓶

何も入っていない瓶は無視して、左にスワイプして、さっさと流してしまいます。

うさぎと牛乳瓶
だから手榴弾、どうやって入れたのさ。形状的に不可能だろ。

手榴弾の入った瓶は、引っこ抜くと爆発してゲームオーバーになってしまいます。あーーー、やっちゃった。ドカーーン!!

うさぎと牛乳瓶

全体的にゆるいのに、ハードな武器がいきなり出てくるとギョッとしますね。手榴弾入り瓶も、空の瓶同様左に流しちゃってください。

オヤジ牛乳。

このゲームのシュールさを更に加速させているのが、オヤジの存在感。なぜか、オヤジ入りの牛乳瓶も流れてきます。彼は、何を思って牛乳瓶に入ったのか。

うさぎと牛乳瓶
オヤジも目が虚ろ。牛乳くさい。

うさぎと一緒にたまにオヤジも流れてくるので、引っこ抜いてあげてください。オヤジを救出すると、オヤジの種類に応じたタイムボーナスがあります。オヤジ救出ボーナス。

レアオヤジコレクション。

先ほどのはノーマルオヤジです。タイムボーナスは、プラス1秒。

ほかにもいろいろなオヤジがいるよ!!

うさぎと牛乳瓶

この、オールグリーンなピッコロ大魔王みたいなのは「光合成おやじ」。ちょっと待て、光合成おやじってなんだ。

タイムボーナスはプラス3秒です。手榴弾と間違えやすいので注意。

うさぎと牛乳瓶

ただの変態みたいなこちらは「おやじウサギ」。ちょっとレア。ウサギオヤジじゃないのか。

タイムボーナスはなんと5秒!!さすが、伊達にキモいだけではないようです。

レアなオヤジのボーナスタイムを駆使して、救出記録をどんどん伸ばそう!せっかくたくさん救出しても、最後にはスズメが手榴弾のピンを抜いてしまうので、全てが爆散しちゃうんですが…。ここは、本当に謎でした(笑)

無心にひたすら引っこ抜いていると、なんだか全てが、もうどーーーーでもよくなってきます。ストレス解消にもなるし☆やってる自分込みでなんだか面白くなってくる、シュールな癒し系?ゲームです。

うさぎと牛乳瓶
AppStoreでダウンロード
DL_iOSPlayストアでダウンロード

▼関連サイト
うさやアプリtwitter
うさやfacebook

momoka 桃花
ほんとになんだこれ。面白い…。やってると、だんだん感覚が麻痺してきますね。アレ?ウサギって、牛乳瓶にフツーに入ってたっけ、みたいな。とりあえず、自分のお父さんが牛乳瓶に入ってたら、嫌だなあと思いました。


この記事に関するキーワード