検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

プリペイドで2%還元!? 超お得なLINE Payカード

プリペイドで2%還元!? 超お得なLINE Payカード

あのLINEが、ポイント還元率が2%という脅威のお得プリペイドカードを出したこと、知ってました? 私は先日知ってびっくりして、早速申し込みをしました。カードが届いてウキウキです。

サイトを見てみる

2%ってそんな驚くような数字なの?

line-pay

還元率2%、これってすごいことなんです。どこがかっていうと「プリペイド」で「常時」2%ポイントが付くって言うところ。確かに世の中には、もっと高い還元率のカードは存在します。でもその殆どがクレジットカードで「○○で使用した場合のみ10%」とか、条件付の還元率です。

line-pay

例えば、おなじみ楽天カード。こちらはクレジットカードです。これもお得なカードで、お買い物マラソンの時にはポイントが最大35倍になります。しかし、これは楽天でのお買い物&マラソン限定の話です。楽天ヘビーユーザーにはピッタリですが、楽天以外の買い物には100円=1ポイント、つまり還元率1%になります。

その点LINE Payカードは違います。どこでどのように使っても必ず2%のポイント還元が受けられるのです。入会から○ヶ月限定とかの条件もありません。からあげくん買ってもファミチキ買ってもブリトー買ってもベルギーチョコソフト買っても2%です。国内外JCB加盟店約3,000万店舗で使えます。

line-pay
出典:LINE Pay公式サイト

やっぱり日常生活で、細かな出費はあると思います。「どうせ少額だし…」と思っていませんか?

総務省統計局「家計調査報告」における、1世帯の1か月の平均支出(住居等を除く)は206,932円。仮にその支払いをすべてLINE Payカードで行ったとすると、約4,000円分がポイント還元されます。4,000円あったらプチ贅沢できる…!

line-pay

先に例に出した「楽天カード」みたいに、特定の条件で高還元率になるカードはその時に使って、普段の細かな買い物はLINE Payカードで済ませようというのが私の魂胆です。たぶんこれが一番お得だと思います。

クレジットカードとプリペイドカードの違いって?

LINE Payカードはプリペイドカード! クレカじゃないのも嬉しいポイントです。改めて、クレジットカードとプリペイドカードの違いって何でしょう?

簡単に言えば、プリペイドカードは「前払い」、クレジットカードは「後払い」ということが大きな違いです。

プリペイドカードは、あらかじめお金をカードの中に入れておくものです。少し乱暴に言えば、カード=財布みたいなものですね。その中にお金を入れておき、必要な分だけそこから支払いをします。

line-pay

クレジットカードは、買い物をするときにお金を持っていなくても使えます。それは、カード会社が使ったお金を立て替えておいて、決まったタイミングで使用者に使った金額を請求する仕組みだからです。請求されたタイミングで代金を払えばOK、分割払いもできます。

498694

どちらが良いと感じるかはかなり個人差があります。

私は浪費癖があるので、ほぼ現金感覚で使えるプリペイドの方が好きです。決まった金額をプリペイドに入れて、「今月はいくらでやりくりする!」と決めておけば、入れた金額以上は使えないですから、無駄遣いせずに済みます。さらにポイントがもらえて、小銭のやり取りも必要ない。薄い財布を使ってるので、小銭問題は結構重要なんです…。

手続きはとっても簡単でした

LINE Payカードの申し込みは驚くほど簡単でしたよ! 年会費も発行手数料もいらないし、スマホ1つで書類送付とか全く要らずというあっさりさ。

申し込み第一段階

まず、LINEアプリを起動。LINE Payを選択します。簡単な説明を受け、申し込みへ。いろいろたくさん読まされますが、それらをチェックして同意し、LINE Payパスワードを決めます。これ6桁で、数字の繰り返しや連続などはNGなので、ちょっと悩みました。

line-pay
セキュリティに対する本気が見えます。数字のみ6桁のパスワードは初めて。

次にカードのデザインを選択。ブラウンと無地ブラックで相当悩みました…。今後も種類は増えるのかな? やっぱりデザイン大事ですよねー。

line-pay

その後はつつがなく個人情報を記入し、申し込みを終えます。

申し込み第二段階

1~2週間でカードが届きます。てっきり書留で届くと思っていたのですが、郵便受けに入ってました。忙しくても確実に受け取れて便利。(注:カード到着後に、簡易書留のハガキが届きます。受け取ればOKで返信などの必要はありません)

line-pay

しかし、このままではカードは利用できません。プリペイドなんだから、お金を入れなくちゃ!

この際、入金方法は幅広く選べます。銀行口座から、コンビニから、チャージ専用口座から、Pay-Easy、オートチャージ…。私は銀行口座から直接入金を選びました。一番簡単で、管理しやすそうだったから。

sline-pay

私の場合、ネットバンキングに登録していたのでサクサクスムーズ。途中数字のけたを間違えたりもしましたが、あっという間に利用可能な状態になりました。チャージも問題なくできましたよ~。

line-pay

最後に、個人的な考えを一つ。2%という驚異の高還元率は、たぶんLINE Payカード普及のための出血大サービスではないかとにらんでいます。つまり、普及しきる前に登録した者勝ちなのかも…。様々な新規サービスが、普及前は人集めのため、結構おいしいサービスをやってます。早い人が得をする時代です。

サイトを見てみる

masami まさみ
LINEデビューがすこぶる遅いことで名をはせた私、デビューは2016年に入ってからでした。「時流に逆らう尖っている自分」を演出したくてハングアウトやスカイプで乗り切っていた日々…周囲からは「こいつ面倒くさい」とすこぶる不評でした。ごめんね(テヘペロ)


この記事に関するキーワード