検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

ねこあつめが実写映画化、伊藤淳史がねこまみれ?【ねこあつめの家】

ねこあつめが実写映画化、伊藤淳史がねこまみれ?【ねこあつめの家】

「ねこあつめ」は皆さんご存知ですよね。1,900万ダウンロードという驚異のダウンロード数で社会現象にもなった、おもちゃやごはんに釣られて遊びに来たねこを愛でるあのアプリゲームです。なんとそのねこあつめが、2017年に実写映画化されるとか! え、あれストーリーとか全然なかったよね?

主演は伊藤淳史さん、タイトルは「ねこあつめの家」

ねこあつめってただ猫が遊んだりごろごろしてるのを見てにやにやするゲームなので、映画化と言われてもぜんぜんピンとこないですよね。しかも実写化。ということで、情報を求めて公式ページへとたどり着きました。

カジュアル放置ゲームのねこあつめが実写映画化
出典:映画「ねこあつめの家」公式サイト

ん、見たことのある顔が猫と向かい合っている。この人は……伊藤淳史さんだ! 言わずと知れた有名俳優さんですが、実は10年以上前に大流行した「電車男」というドラマで主演を担当したことで一躍時の人になった方なんです。電車男は原作が2ちゃんねるのスレッドという異色ドラマでしたが、今回もアプリゲームが原作という異色映画。斬新な映画・ドラマには欠かせない役者さんなのかも!?

気になるストーリーは? ニャく者はいっぱい出てくるの?

公式サイトにある主演の伊藤淳史さん、蔵方監督のコメントを読むと、ほのぼの・まったり映画のようです。まぁねこあつめ題材でハリウッド顔負けのアクション映画にはなりませんよねー。伊藤さん演じる主人公は小説家。新人賞を受賞したはいいものの、その後は思うように力を発揮できず苦しい日々を過ごします。そんな中、猫との出会いが主人公の人生を変えていく―――というのが大まかなストーリー。

蔵方監督のコメントから引用すると「大きな事件は起こりませんが、猫たちと過ごす何げない時間の中で、主人公の心の中には色々な変化が生まれます。その気持ちの移ろいを丁寧に描きました。」とのこと。こういう人の心の些細な動きを繊細に描く物語、私は大好きです。

伊藤さんのコメントには「観終わった後に、心が温まり、今日よりも明日を見つめられるようになる、そんな作品になってると思います。」とあります。ゲームと変わらず、癒し系の作品となりそうですね。


あとはニャく者(猫の役者)が総勢何匹出演するのかは気になるところです(ΦωΦ)

一応本家の「ねこあつめ」も少しご紹介しますね

ねこあつめが実写映画化してねこあつめの家となります。

ねこあつめとは、基本的に放置で遊べるカジュアルゲームです。ねこの気に入りそうなご飯やおやつ、おもちゃやベッドなどを置いておいて、しばらく経ってからアプリを覗くと、そこには思い思いにくつろいだり遊んだりするねこの姿が! 時間制限とかもなく、まったりのんびり楽しめる良ゲーです。中にはレアなねこさんもいたりして、スマホを覗くのがちょっと楽しみになります♡

自由気ままに生きている猫に学ぶことは、映画主人公の小説家でなくともたくさんありそうです。ネコノミクスという言葉まで生まれた猫ブームは、私たちに癒しだけではない何かを教えてくれるかもしれません。

masami まさみ
スマホでゲームはしない家族がハマった数少ないゲームが「ねこあつめ」でした。「いっぱい来てる(*´ω`*)」「全然来てない(´・ω・`)」と、家族と一緒に一喜一憂した日々…そんな家族は今、Androidヌガーの隠し機能でねこあつめしてます。うん、分かった。君はとにかく猫を集めたいんだな。

この記事に関するキーワード