logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

増えまくる子どもの写真はアプリで整理【使って良かったフォトアルバム4選】

増えまくる子どもの写真はアプリで整理【使って良かったフォトアルバム4選】


スマホで撮った子どもの写真は、気がついたらとんでもない枚数に達していますよね。それを整理をするのって立派なひと仕事。正直、これ以上仕事を増やしたくないのがママのホンネではないでしょうか。

そこで筆者、2016年は写真整理をアプリに丸投げしてみた結果、この年末はスマホの写真整理がだいぶラクになりました。今回は、実際に使ってみて、サービス・料金・質に満足した4つのアプリをご紹介します。

コミュニケーション重視派なら、mixi生まれのフォトアルバム。

みてね

かわいい子どもの写真を、パパ・ママ・親戚間で気軽に共有したり、コメントのやり取りなどを通して家族の絆を深めたい人には、”みてね”をオススメします!こちら、言うなれば家族間SNSまたは家庭内インスタ。もし、スマホ操作が得意なおじいちゃんやおばあちゃんがいたら、利用価値大。写真・動画のアップロード容量が無制限なのもよかったです。今ならフォトブックが無料で届きますよ~!

みてね
装丁もシンプル&オシャレですよ~

  • 届くもの A5サイズ、24ページ(表紙/タイトル/写真22ページ/奥付/裏表紙)のフォトブック。
  • 価格 1冊¥490。
  • 送料 現在無料キャンペーン中。複数の発送先への送料も無料です。※2016年12月27日現在

参照記事:子どもの写真・動画の管理が神レベルに便利な【みてね】

マイペース派は、1ページから作れるフォトブックを。

Gyutto Photo

こちらは、リングアルバムに綴じられるフォトシートが届くサービスです。1シート(両面2ページ)単位で注文できるので、気に入った写真を、好きな時にのんびりちょこちょこっと追加していけます。規格さえ合えば市販のアルバムにも綴じられますが、オリジナルのリングアルバム(¥1,800)を購入して「フリー台紙(5枚入り ¥500)」や「フタ付きポケット(2枚入り ¥500)」を追加すれば、子どもの絵やエコー写真、DVD、手紙、ママ友に焼いてもらった写真や遊園地などのチケットなど(取っておきたいものが多すぎる…w)、思い出の品を写真と一緒にしまっておけます!

gyutto photo
アルバムはインテリアに合わせやすいパステルカラー

  • 届くもの リングアルバムに綴じられるフォトシート。
  • 価格 両面プリントされた1シート(2ページ)¥300。プロにお任せコースは1シート¥500。
  • 送料 メール便¥240、宅配便¥600。

参照記事:【Gyutto Photo】こどもの写真は永久保存!アプリでアルバムを作ろう!

フォトカレンダー派は注目!

Famm

子どもの写真を容量無制限でオンラインアルバムに保存できるのが良かったうえ、住所を登録するだけで毎月1枚フォトカレンダーが無料で届きます。しかも、初月は3つまでの宛先に無料でカレンダーを送れる太っ腹ぶり!おじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントにいかがでしょう?ちなみに2ヶ月め以降は、カレンダー2枚目から送料が150円かかります。といっても切手代と大差ない金額なので、無理なく孫カレンダーの発送を継続できました。

famm
我が家では冷蔵庫に貼っていました。

  • 届くもの フォトカレンダー(写真4枚入り)。
  • 価格 毎月1枚無料。
  • 送料 初月は3枚まで送料無料、2ヶ月目からは送料¥150。

参照記事:無料でカレンダーが届く!子どもの写真整理ならFamm(ファム)

家族が撮った写真もフォトブック化したいなら…

nohana

自分が撮影した写真のみならず、家族が撮った写真もフォトブックに保存できるのがこちら。おばあちゃんにしか見せないレアなおすまし顔も、”nohana”でばっちり永久保存です!フォトブック作成は毎月1冊が無料です(送料¥216、2ヶ所目からは送料が¥108に割引されます)。ウッディな編集画面が見やすく、初めてでも簡単に注文できました。正方形のフォトブック、インスタっぽくてかわいいですよ。

ノハナ
テーブルの上で作業しているような画面がグッド

  • 届くもの 14cm×14cm、28ページ(表紙/タイトル/写真20ページ/奥付/裏表紙)のフォトブック。
  • 価格 毎月1冊無料。月間の無料権利用後、翌月までは1冊¥540。
  • 送料 ¥216。

参照記事:毎月1冊が無料☆オリジナル写真集を作ろう【ノハナ】

筆者は、今年1年でいろんなフォトアルバムアプリを使ってみましたが、「スマホで撮ったものはスマホで片づける」がいちばんラクちんだな~と実感しました。なによりも、印刷・製本されるとスマホの写真も格別なものに。今回ご紹介した中から、お役に立つアプリが見つかりますように。

tomokoTomoko
子どもって、写真1枚撮るにも動く、走る、みんなポーズがバラバラで何度もシャッターを切ってしまう…などなど、苦労がつきもの。おかげでドンドン写真が増えていきますが、ボツショットもあとで見返すと味わい深い変顔に見えて「かわいいなあ~」と思ってしまいます。おそらく我が子が成人するまでノンストップ親バカです。