logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

YouTubeがブラウザではなくアプリで勝手に開いてしまうのを防ぐ方法

YouTubeがブラウザではなくアプリで勝手に開いてしまうのを防ぐ方法

みんなだいすきYouTube!動画サイトとしても、音楽サイトとしても大活躍です。でもスマホでYouTubeを使うとき、Safari(サファリ)などの別アプリのブラウザで動画を再生したいのに、勝手にYouTubeアプリが開く…そんなときの解消方法をご紹介します。

iOS11にしたらYouTubeのアプリが勝手に開くようになった!?

iPhoneをアップデートしてiOS11にしたら、SafariなどでYouTubeを再生したいのに、勝手にYouTubeアプリに飛んでしまう…なんていうことはありませんか?ちょっとした手順を踏むことで、勝手にアプリが開かないようにすることができます!

その手順は、一度メモアプリなどにYouTubeのURLをペーストし、長押しで「Safariで開く」をすること。一度行っておけば、次からアプリが勝手に起動しなくなりますよ☆

詳しい手順をご紹介します。

この方法で一度SafariでYouTubeを開けば、他のアプリで見ているときにアプリが勝手に起動してしまうのを防げます。是非一度試してみてくださいね♪

iOS10を使っている場合は、画面の右上の [youtube.com]で飛ばないようになる!

Safariで動画を検索して、再生しようとしたらYouTubeのアプリが開いた、という画面です。

SafariからYouTubeに勝手に遷移する

右上に「youtube.com>」とあるのが分かりますでしょうか。黄色い部分です。ここをタップすることで、Safariに戻って再生を続けることができるようになります。

youtube.comが見つからない!

この「youtube.com」は、動画再生時には自動で非表示になります。
Safariから遷移して、動画の自動再生が始まったらとっても見つけづらくなっちゃいますよね…

ユーチューブが勝手に開く不具合

再生画面を軽くタップすると表示されますので、試してみてくださいね。

ひなこ

この記事のライター
ひなこ
自動で遷移するのって、便利な反面「今じゃない!」ってときがあります。YouTubeアプリで見たければ最初からYouTubeアプリで開くし、って思っちゃう…Safari以外のアプリでもこれで解消するのでお試しくださいな。

この記事に関するキーワード