logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

【アニメ化作品のみ】女性向けアイドルゲーム5作品を徹底分析してみた

【アニメ化作品のみ】女性向けアイドルゲーム5作品を徹底分析してみた

現在、アイドルゲームは群雄割拠の時代。混とんとしていた女性向けアイドルゲーム市場も、勢力図が見えてきたような…? 自分もアイドルゲームに興味あるけど、いっぱいあってどれがいいか分からない、自分がやっている以外にもいいアイドルゲームないかな? そう思っている方のために、今回は私が厳選した、アニメ化も決まっている女性向けアイドルゲーム5作品を、あらゆる角度から考察し、比較してみることにしました。

目次

まずはノミネート作品の確認から

まずは今回分析する5作品を発表します。もちろんこれ以外にもアニメ化が決まっている、アニメ化がすでにされている良作はあるのですが、今回は私が自信を持って語れる5作品のみとさせて頂きます。

どれも複数回アプトピで取り上げたことがあり、なおかつアニメ化が決まっている、または過去にされている作品です。
※この記事での分析や検証は、すべてライター個人の考えに基づくものです。公式見解ではありませんのでご注意ください。

あんさんぶるスターズ!(あんスタ)を徹底分析

ト

登場人物の数 37人(教師・他校生徒除く)
ゲーム分類 ポチポチゲー
ジャンル名 アイドル育成プロデュースゲーム
恋愛要素 かなり薄い
舞台設定 アイドル養成学校
主人公描写 セリフ・容姿共になし
ライブステージ なし
運営元 Happy Elements
リリース日 2015年春
ボイス メインストーリーのみフルボイス
ガチャの最高
レアリティ確率
1.5%

※ライブステージとは、音ゲーの有無関係なく、キャラクターが歌って踊る様子を見られるかどうかの項目です

プレイ画面

ト

主人公描写について

  • 主人公は新しく設置されたプロデューサー科の初の生徒として転校してくる。性別は女子と明言
  • 主人公の介在度は評価が難しく、姿の描写はされないが主人公目線で物語が展開することが多い
  • 主人公は何かを話すが、話しかけられたキャラを通じて何となく想像できるだけで、本人の台詞は登場しない(選択肢以外)
  • 主人公の存在はしっかり描きつつも、キャラクター同士の関係性の描写に力を入れている印象

シナリオライター

  • シナリオは日日日先生、結城由乃先生の2人体制
  • 結城先生はイベントのみの執筆(毎回ではない)
  • どのシナリオをどちらの先生が担当したのか明言している

声優について

  • 声優は話題性の高い人物から新人まで、さまざまな層を採用

特記事項

  • ゲームはタップするだけでとても簡単。いわゆるポチポチゲー
  • 過去のスカウト(ガチャ)カードがどんどん通常スカウトに追加されていくので、期間限定カードを後から入手することもできる
  • イベント報酬カードも、定期開催される復刻イベントをプレイする形であとから入手可能(ただし獲得条件は厳しい)
  • 運にも左右されるイベント形式だが、もちろんデッキの強さがものをいう
  • シナリオが、絵柄からは想像もつかない暗い展開だったり、キャラの個性が強かったりしたため、リリース当初話題になった
  • メインストーリーはフルボイス、その他はパートボイス

アニメ化について

2017年放送予定だったが、TVアニメ『あんさんぶるスターズ!THE ANIMATION』製作委員会より、2017年2月に放送延期の発表あり。

あんさんぶるスターズ!公式サイトNEWS

以降アニメについての発表は把握していません。

まさみのおすすめポイント

とにかくかわいい絵柄と突出した個性のキャラクターたち

ト
もちろん男子アイドルです

運営元はあんスタを出すまでそれほど知られているところではありませんでした。それでも私が事前登録をしてリリースを心待ちにしていたのは、かわいい絵柄のためです。それまでの女性向けゲームにはないタッチで、今もあんスタの看板になっていると思っています。いざリリースされてみると、キャラクターが想像以上に突き抜けた性格で話題となりました。あくは相当強いのですが、多くの人の心をとらえて離さない魅力があります。

<公式サイト>
あんさんぶるスターズ!公式サイト

<関連記事>
あんさんぶるスターズ!(あんスタ)

アイドルマスターSideM LIVE ON ST@GE!(エムステ)を徹底分析

ト

登場人物の数 46人
(サブキャラクター除く)
ゲーム分類 音ゲーとポチポチゲー
ジャンル名 ドラマチックアイドル育成ライブゲーム
恋愛要素 ほぼなし
舞台設定 アイドル事務所
主人公描写 セリフ・容姿・性別すべて不明
ライブ
ステージ
3Dモデルによるライブあり
(鑑賞機能なし)
10月30日MV機能実装
運営元 バンダイナムコエンターテインメント
リリース日 2017年8月30日
ボイス パートボイス
ガチャの最高
レアリティ確率
3%(通常スカウト)

※ライブステージとは、音ゲーの有無関係なく、キャラクターが歌って踊る様子を見られるかどうかの項目です

プレイ画面

ト

主人公描写について

  • 主人公は315プロダクションのプロデューサー。性別は不明で、セリフも登場しない。容姿の描写もない
  • 正確に言うとシルエットだけは登場したことがあるようだが、詳細未確認

シナリオライター

  • 不明

声優について

  • 若手声優を中心に起用するが、熱心なリアルライブ活動もあり、声優自身の露出度が高い

特記事項

  • リズムゲームとポチポチ要素のハイブリッド型、珍しいゲーム形式
  • アイドルマスターシリーズは10年以上続いており、特に男性向けの知名度は高い
  • 元々の出自はMobageの「アイドルマスターSideM」で、こちらはカードゲーム
  • アイドルマスターというブランド自体のメディアミックス展開が巧み
  • 元々アイドルマスターというブランドは男性向けであり、ファンの連帯意識が強いため、SideMの作品群は比較的男性プレイヤーも多いと推察される
  • イベント形式はまだ1種類しか確認されていないが、リリース直後のため今後は分からない

アニメ化について

2017年10月7日~TOKYO MXなど各放送局で放映開始

アニメアイドルマスターSideM公式サイト

アイドルマスターでは、既に「アニメアイドルマスター」「アニメアイドルマスター シンデレラガールズ」などが放送されており、どちらも高評価。製作が同じA-1 Picturesであることにも注目。

現在は女性向け市場で圧倒的知名度とはいいがたいですが、アニメの評判次第で大化けする可能性があると思っています。

まさみのおすすめポイント

安定したバックボーンとブレのない芯

ト

アイドルマスターと言えば男性向けでは一大市場、歴史も10年以上あるので聞いたことがある方も多いと思います。SideMもシリーズの派生作品なので、ブランドに対する信用から考えると、ポテンシャルが非常に高いです。エムステも今後どんどん遊びやすくなっていくと思います。また、ファン層が女性に留まらない点も異色。アイドルマスターシリーズはすべての作品に共通した理念があるように感じられ、シリーズのファンとなる人が多いです。

<公式サイト>
アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!公式サイト

<関連記事>
アイドルマスターSideM LIVE ON ST@GE!(エムステ)

アイドリッシュセブン(アイナナ)を徹底分析

ト

登場人物の数 12人
(公式サイトのメインキャラクターより)
ゲーム分類 音ゲー
ジャンル名 音楽・AVG
恋愛要素 異性としての意識はあるが、話の主題ではない
舞台設定 アイドル事務所
主人公描写 セリフ・容姿・性別
名前(変更可)あり
ライブステージ ミニキャラによるステージ
運営元 バンダイナムコエンターテインメント
リリース日 2015年8月20日
ボイス メインストーリーフルボイス
ガチャの最高レアリティ確率 8%
(ステラストーン)
※2017年2月時点

※ライブステージとは、音ゲーの有無関係なく、キャラクターが歌って踊る様子を見られるかどうかの項目です

プレイ画面

ト

主人公描写について

  • 主人公はアイドリッシュセブンのマネージャー
  • デフォルトネームが「小鳥遊紡」で、年齢・性格・容姿もしっかり設定されており、セリフもきちんとあるため、想像の余地は少なめ

シナリオライター

  • 都志見文太先生(他に担当ライターがいるのかどうかは未確認)

声優について

  • 声優は他作品でも頻繁に名前を見る若手実力派を起用

特記事項

  • 種村有菜先生がキャラクター原案を担当
  • 登場人物が明確なイメージカラーを持ち、その色の衣装を身につけることが多い
  • ライバルユニットも2組存在
  • 最近はリアルイベントも開催されている
  • ストーリーは本格派。文字としての魅力だけでなく、キャラがイキイキと想像できる
  • 音ゲーだが、判定は甘めでストレスが少ない
  • ガチャのSSR排出確率が高め
  • すべてのカードがSSRまで育成可能

アニメ化について

2018年1月より放送開始(TVアニメ)

アニメアイドリッシュセブン公式サイト

放送時期まで決定しているので、アニメが放送されることは確実視してよいと思います。11月2日にはTVアニメ先行上映会開催も決定。

声優陣はアプリゲーム内と同一。主人公の女の子は「小鳥遊紡」として出演(ゲーム内のデフォルト名)。ボイスの担当は佐藤聡美さん。

個人的に、アニメより文章派なのですが、一番「アニメでこのストーリーを見たい!」と思ったのがアイナナ。期待しています。

まさみのおすすめポイント

アイドルものとして抜群にうまいストーリー

ト
是非アニメでも見たいと思わせるストーリー運び

跳びぬけてここが違うよ、と言えるような変わった特色があるわけではないのですが、その分非常に王道で多くの人に受け入れられやすいです。また、設定を巧みに使い、読んでいる人を魅了してしまうストーリーが何より私の推したいところ。とにかくストーリーを読んでください。彼らのイキイキした日々に、そして目覚ましい成長に、きっと夢中になってしまいます。

<公式サイト>
アイドリッシュセブン公式サイト

<関連記事>
アイドリッシュセブン(アイナナ)

うたの☆プリンスさまっ♪ Shinig Live(シャニライ)を徹底分析

ト

登場人物の数 11人
ゲーム分類 音ゲー
ジャンル名 リズムアクションゲーム
恋愛要素 不明だが、ほぼないと思われる
舞台設定 アイドル事務所
主人公描写 セリフ・容姿不明(恐らく女性)
ライブステージ なし
運営元 KLabGames
リリース日 2017年8月28日
ボイス パートボイス
ガチャの最高
レアリティ確率
2%

※ライブステージとは、音ゲーの有無関係なく、キャラクターが歌って踊る様子を見られるかどうかの項目です

ゲーム画面

ト

主人公描写について

  • 主人公という存在はあまり意識されておらず、人物設定は明確にされていない模様

シナリオライター

  • 不明

声優について

  • 声優は他作品でも頻繁に名前を見る著名な実力派を中心に起用
  • 歌手活動をするなど、歌唱力に定評のある声優も多い

特記事項

  • 5作品のうち、唯一コンシューマゲーム⇒アニメ⇒アプリと、アニメ先行型のアプリ
  • うたプリの愛称で女性向けゲームが好きな人には6年以上前から知られる
  • アニメが動画サイトなどで話題となり、4期まで放送された人気作品
  • 登場キャラクターは2017年10月現在ST☆RISHの7人とQUARTET NIGHTの4人の計11人
  • サイドストーリーのみフルボイス
  • 声優は、ちょっと詳しければ誰でも聞いたことのある有名キャスト中心
  • 音ゲーとしては珍しくオート機能を搭載しており、コンボがつながらないこと以外は通常プレイとほぼ同等の成果が得られる
  • 上松範康を始めとしたElements Gardenのメンバーが多く携わっている
  • 大元のコンシューマゲームが乙女ゲームのためか、語り掛けセリフは甘め

アニメ化について

TVアニメが大変大きな反響を呼び、現在までに4期放送されました。

1期:うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%公式サイト
2期:うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE2000%公式サイト
3期:うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ公式サイト
4期:うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター公式サイト

今後は劇場版アニメの制作が予定されていますが、詳細はまだ把握していません。

まさみのおすすめポイント

女性向けアイドルの老舗ブランドと楽曲、オートプレイ

ト

うたプリと言えば、女性向けでは抜群の知名度を誇ります。楽曲も総じて人気が高く、オリコン常連です。なぜ今まで音ゲーアプリがなかったのか不思議なくらいです。大人気のスタリ・カルナイのキャラボイスも聞くことができ、良質な楽曲と歌声でリズムゲームを楽しめます。従来、音ゲーは手間と時間がかかるので忙しいとなかなかプレイできなかったのですが、オートプレイの搭載でその不満も解消。

<公式サイト>
うた☆プリ シャニライ公式サイト

<関連記事>
うたの☆プリンスさまっ♪ Shinig Live(シャニライ)

ときめきレストラン(ときレス)を徹底分析

ト

登場人物の数 6人
ゲーム分類 レストラン経営
ジャンル名 恋愛レストランゲーム
恋愛要素 非常に強い。恋愛が主題
舞台設定 レストラン
主人公描写 セリフあり
容姿はミニキャラのみ(女性)
ライブステージ 期間限定イベントであり
運営元 コーエーテクモ
(開発はKONAMI)
リリース日 2013年3月14日
ボイス パートボイス
ガチャの最高レアリティ確率 4%(料理ガチャ)

※ライブステージとは、音ゲーの有無関係なく、キャラクターが歌って踊る様子を見られるかどうかの項目です

プレイ画面(一部トリミング済み)

ト

主人公描写について

  • 主人公はセリフ付きで登場し、女性だが、アイドルと会話する際の容姿の描写はなし
  • 過去にスチルにピンクの髪が描かれたことがある
  • レストランゲーム中はピンク髪のミニキャラとして登場。着せ替え可能。

シナリオライター

  • 不明

声優について

  • 声優は名前をよく知られている有名実力派メンバーを起用

特記事項

  • KONAMIの一大ゲームブランド「ときめきシリーズ」の流れをくむ作品
  • ラブプラスやときめきメモリアルGirl’s Sideシリーズで有名な内田明理氏が手掛けた
  • 2014年8月に運営がKONAMIからコーエーテクモに移管されたという異色の経歴を持つ
  • 5作品の中で唯一のレストラン経営ゲーム。レストラン経営と女性向けアイドルゲームという珍しい組み合わせ
  • タップで料理を作り、それを訪れる客やアイドルにふるまう(アイドルには好き嫌いがある)
  • アイドルキャラグッズのガチャもあるが、基本のガチャは料理が当たるガチャ(アイドルのカード要素はない)
  • 箱庭要素があり、自分のレストランを好きなようにレイアウトできる。レイアウトの自由度はかなり高い
  • 5作品の中で一番の古株で、知名度はそれほど高くないが根強いファンが多い

アニメ化について

2018年に劇場版アニメが公開予定です。

劇場版ときめきレストラン☆☆☆ MIRACLE 6公式サイト

まさみのおすすめポイント

アイドルとのピュアな恋愛が楽しめる信頼のときめきシリーズ

ト

最近のゲームは登場キャラクターが多く、全員の特性を理解するのに時間がかかります。また、推しが見つかったとしても、プレイヤーとしての自分自身との絡みはそれほど多くありません。古株アプリであるときレスはキャラクターは全員で6人、少人数なので絡む場面も多く、個性もかなりはっきりしています。また、ときめきシリーズということであくまでピュアでありながらも、アイドルとの恋物語を楽しめます。

<公式サイト>
ときめきレストラン☆☆☆インフォメーションサイト

<関連記事>
ときめきレストラン(ときレス)

いざ、あなたにおすすめのアイドルゲームは!?

音ゲー派かポチポチゲー派か

ゲームなんだから楽しみたい! 歌が好き! な人は音ゲー。練習するのは辛い、難しいゲームは苦手な人はポチポチゲーが向いていると思います。

<音ゲー>
■アイドルマスターSideM LIVE ON ST@GE!(エムステ)
■アイドリッシュセブン(アイナナ)
■うたの☆プリンスさまっ♪ Shinig Live(シャニライ)

<ポチポチゲー>
■あんさんぶるスターズ!(あんスタ)
■ときめきレストラン(ときレス)

ストーリーはガッツリ派? ほどほど派?

ストーリーはたくさん、そして濃密なほどうれしい人はガッツリ派。もうちょっとあっさりでいい人はほどほど派です。

<ガッツリ>
■アイドリッシュセブン(アイナナ)
■あんさんぶるスターズ!(あんスタ)

<中間>
■うたの☆プリンスさまっ♪ Shinig Live(シャニライ)
■アイドルマスターSideM LIVE ON ST@GE!(エムステ)

<ほどほど>
■ときめきレストラン(ときレス)

アイドルと甘い空気になりたい?

アイドルに恋愛対象や異性として意識してもらいたいか、それともあくまでプロデュースや友情という形でかかわりたいかでも変わります。

<ラブラブ希望>
■ときめきレストラン(ときレス)

<中間>
■アイドリッシュセブン(アイナナ)
■うたの☆プリンスさまっ♪ Shinig Live(シャニライ)

<友情希望>
■あんさんぶるスターズ!(あんスタ)
■アイドルマスターSideM LIVE ON ST@GE!(エムステ)

※補足
シャニライの捉え方が非常に難しかったのですが、ホーム画面での呼びかけはユーザーを意識しているように感じられたので中間に分類しました。はっきり異性と意識している台詞は、私はまだ未確認なので友情よりかもしれません。

ライブステージガッツリ見たい?

アイドルと言えば歌って踊ってほしい? それともステージ要素は別になくてもいい?

<ステージ希望>
■アイドルマスターSideM LIVE ON ST@GE!(エムステ)
■ときめきレストラン(ときレス)

<2Dステージのみ>
■アイドリッシュセブン(アイナナ)

<ステージなしでOK>
■あんさんぶるスターズ!(あんスタ)
■うたの☆プリンスさまっ♪ Shinig Live(シャニライ)

※補足
ときめきレストランはいつもステージが見られるわけでなく、イベント期間中のみの公開です。

ライター目線でストーリーに必要な気合

これは、ライター目線で見たストーリーの評価です。

<ガッツリ読んでほしい>
■アイドリッシュセブン(アイナナ)
■あんさんぶるスターズ!(あんスタ)

<中間>
■アイドルマスターSideM LIVE ON ST@GE!(エムステ)
■うたの☆プリンスさまっ♪ Shinig Live(シャニライ)

<リラックスして読んでほしい>
■ときめきレストラン(ときレス)

声優の有名度合い

有名かどうかは人によって変わると思いますが、私の感覚で言うとこんな感じです。若手の声優さんを起用しているゲームから実力派が現れることもよくあるので、どちらが良いというものでもありません。

<みんな知ってる実力派中心>
■ときめきレストラン(ときレス)
■うたの☆プリンスさまっ♪ Shinig Live(シャニライ)

<中間>
■アイドリッシュセブン(アイナナ)

<若手有力株中心>
■アイドルマスターSideM LIVE ON ST@GE!(エムステ)
■あんさんぶるスターズ!(あんスタ)

楽曲制作陣の有名度合いは?

こちらも人によって変わると思いますが、制作陣の名前からなんとなく分類してみました。有名だから気にいるとは限りません。

<メジャー制作陣起用>
■アイドルマスターSideM LIVE ON ST@GE!(エムステ)
■うたの☆プリンスさまっ♪ Shinig Live(シャニライ)
■アイドリッシュセブン(アイナナ)

<キャラやシチュエーションに合わせた楽曲制作陣起用>
■あんさんぶるスターズ!(あんスタ)
■ときめきレストラン(ときレス)

アプリの歴史の長さは

何年も運営して実績のあるアプリにも、まだリリースしたばかりのアプリにも、それぞれ長所があります。偶然ですが、今回の5作品が2年おきにリリースされています。

<2013年リリース>
■ときめきレストラン(ときレス)

<2015年リリース>
■あんさんぶるスターズ!(あんスタ)
■アイドリッシュセブン(アイナナ)

<2017年リリース>
■うたの☆プリンスさまっ♪ Shinig Live(シャニライ)
■アイドルマスターSideM LIVE ON ST@GE!(エムステ)

私から提供できる情報・分析・おすすめ理由は以上です。かなり情報量が多くなってしまいましたが、何かお役に立ちましたでしょうか。あのゲーム気になってるけどよく分からないなぁ、比べたらどうなのかな、と思っている方に活用していただけたら嬉しいです。

まさみ

この記事のライター
まさみ
この記事は、実はもうかれこれ1年くらい前からやりたかったんですが、ようやく実現できました。1年待っている間にシャニライとエムステがリリースされたので、ちょうどよかったなぁと思います。私はもちろん全部推しなので、全部楽しんでもらえると嬉しいです♡