logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

音ゲーや子どものiPhone利用制限に!1つのアプリに集中できて便利な【iOS アクセスガイド】

音ゲーや子どものiPhone利用制限に!1つのアプリに集中できて便利な【iOS アクセスガイド】

ゲーム中、画面に出てきた通知をうっかりタップしたせいで死んだ時の悲しみたるや、ハンパないですよね。子どもにiPhoneを貸したら昔の上司に電話かけちゃった時のやりきれなさも忘れられません(実話)。そこで今回は、こういった誤操作を簡単な設定で回避できるアクセスガイド機能をご紹介します。

アクセスガイドとは?指定したアプリ以外を利用できないよう制限できるナイス機能!

元々、学習に集中するための機能としてiOSに備わったアクセスガイド機能は、使えるアプリを1つに絞れるスグレモノ。アクセスガイドがオンになっている間は、他の操作ができなくなります。通知も入らなくなるから、実はゲームに熱中したい時こそ積極的に使いたい機能なんです。また、ホームボタンなどの物理ボタンを無効にできるので、子どもや友だちにiPhoneを貸す前にオンにしておけばイタズラやセキュリティ対策にもなります♪

それではさっそく、アクセスガイドを使ってみましょう!

アクセスガイドの設定方法

アクセスガイドをオンにする

「設定」アプリの「一般」から「アクセシビリティ」をタップします。

アクセシビリティ

「アクセシビリティ」の下から2番目にある「アクセスガイド」をタップし、次の画面で「アクセスガイド」をオン(緑)にします。

アクセスガイド

パスコードとTouch IDの設定

ここで、管理に使うパスコードと、Touch IDでアクセスガイドの終了ができるよう設定しておいちゃいましょう。

「アクセスガイド」の「パスコード設定」をタップします。

パスコード設定へ

「アクセスガイドのパスコードを設定」をタップして、4桁のパスコードを入力します。なお、パスコードを忘れてしまうとiPhoneを初期化するハメになるのでご注意を!また、パスコードの入力ミスをすると一定時間、再入力ができなくなり、もどかしい思いをしてしまいます…!手軽さという点でもTouch IDをオンにしておくのをオススメします♪

パスコード設定

実際に使ってみよう!アクセスガイドの開始と解除方法

トリプルクリックで開始

設定が完了したら、実際に使ってみましょう!まず、使いたいアプリを開いて、ホームボタンをカチカチカチッとトリプルクリック!すると「アクセシビリティのショートカット」ウィンドウが出てきます。この中の「アクセスガイド」をタップします。

アクセシビリティのショートカットウィンドウ

画面右上の「開始」をタップするとアクセスガイドが有効になります。その間は、このアプリが固定されて他のアプリや機能は一切使えなくなります。ホームボタンなどの物理ボタンも見事に反応しなくなります。通知バナーにも邪魔されず、固定したアプリに集中せざるを得ないスバラシイ世界…!まさにゲームと水入らずでシッポリ遊べます。没頭したい時に最高です。

アクセスガイド開始画面

アクセスガイドの解除方法

アクセスガイドを終了したい時は、ホームボタンをトリプルクリックしてパスコードを入力するか、Touch IDで解除します。これで、いつものiPhoneに戻ります。

アクセスガイド終了

iOS11ならコントロールセンターでオン・オフも。

iOS11であれば、コントロールセンターにボタンを置いておくこともできます。南京錠のアイコンですね。

アクセスガイド終了

デフォルトではコントロールセンターにはアクセスガイドは表示されていませんので、こちらの記事を見ながら設定をしてみてください。

関連記事:【iOS11】カスタマイズも可能!新しくなったコントロールセンターで使える24の機能を一挙紹介!

細かいオプションで子どものいたずら&長時間利用を防止!

無反応エリアを設定して、広告の閲覧や課金ボタンのタップを防止

筆者はよく我が子にiPhoneを貸すのですが、子どもは十中八九、広告ボタンが出れば押します。何でもとりあえずやってみよう!というピュアな気持ちはスバラシイけれど、広告だけは押すなよ。と念を押したいのが親心ではないでしょうか?そこでご紹介したいのが、アクセスガイドに固定したアプリの画面内で、操作が無効になるエリアを作れる機能です!

まず、アクセスガイドの開始画面で、子どもに触られたくない部分を指でぐるっとなぞります。すると、なぞった枠内のタッチが無効になるんです!広告が出る場所ってだいたい決まっているので、「うちの子が好きなアプリは広告が多い」などとお悩みの方はぜひ試してみてくださいね!課金やシェアボタンなどにも応用できますよ~!

無効になる領域を作る

タイマー機能でダラ見を防止!

画面左下の「オプション」では、「スリープボタンだけは効くようにする」「ボリュームの上げ下げはできるように」など物理ボタンの設定が可能です。ここで設定しないと、デフォルトでは物理ボタンがオフになっているので、最初にチェックしてくださいね。

また、子どもに渡す前にここでタイマーをセットして、約束の時間が来たらアラームが鳴るようにしておくとダラ見予防にひと役買います!しかも、制限時間を過ぎるとパスコードを入力しない限り使えなくなるというオマケつきです。「お願い!あと5分やらせて!」とか「動画あと1本!!」などのキリがないおねだりは、「時間だね。iPhone動かなくなっちゃったね。」と不可抗力を盾に、冷静に斬るのも手です。

オプション

ゲームに集中したり、子どものスマホの利用制限に使えたりと便利なアクセスガイドですが、1つだけ注意点があります。それは電話が使えなくなること。誰かから大事な電話がかかって来る時は使わないよう、気をつけて有効活用してくださいね~!

Tomoko

この記事のライター
Tomoko
意外とiOS6時代から地味についてたアクセスガイド、ガーデンスケイプの時間制限ステージでも最高に役立ちますよ。

この記事に関するキーワード