logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

ホームボタンがない端末で、スクリーンショット撮影・アプリの強制終了・端末を再起動する方法

ホームボタンがない端末で、スクリーンショット撮影・アプリの強制終了・端末を再起動する方法

ホームボタンが廃止され、前面がほぼディスプレイとなったiPhoneが増えています。それに伴い、スクリーンショットの撮影やアプリの強制終了、端末を再起動をする方法にも歴代iPhoneとは大きな違いが生じています。今回は、各操作方法についてまとめて解説していきますね。


スクリーンショットの撮影方法

iPhoneの画面キャプチャを撮影する際、iPhone 8までは「電源ボタンとホームボタンを同時に押す」という方法でした。さて、ホームボタンがなくなったiPhone Xではどうなっているのでしょうか?

iPhone Xでは「電源ボタン+音量アップボタン」

端末に向かって右側の電源ボタン(スリープのON/OFFもできるサイドボタン)と、左側の音量アップボタンを同時に押すと、カシャッという音が鳴ってスクリーンショットが撮影されます。片手で撮れるようになって、とても便利です。

スクリーンショットの撮影

アプリを強制終了する方法【iOS 11編】【iOS 12,13編】

ホームボタンが無いiPhoneでは、以下の流れでアプリの強制終了を行います。

【2018年9月14日追記】
日本時間9月18日から配信されるiOS 12でのアプリ強制終了方法を追記しました。

iOS 11編・「下から上に指を離さずスワイプ→終了したいアプリを長押し→左上のマイナスボタンを押すか上にスワイプ」

iOS 11搭載のホームボタンがないiPhoneでアプリを強制終了する手順は、従来のiPhoneとかなり違います。今までのように、Appスイッチャー(マルチタスク画面)から終了したいアプリを上にフリックすると、ホームに戻ってしまうのです。そこに今回加えられた「上にスワイプしたまま指を離さない」という新たなアクションに最初は戸惑うかもしれませんが、手順を覚えておくとフリーズしたアプリを強制終了したい時などに便利ですよ。

1. まず、iPhoneの画面下部にある横線(ホームインディケーター)を指を画面から離さず引き上げるように上方向にスワイプして、他のアプリが隣に表示されたら指を離します。

アプリの強制終了
赤枠で囲んだ白い棒がホームインディケーター

2. 使用中のアプリがAppスイッチャーに表示された状態になりました。終了させたいアプリを長押しします。

アプリの強制終了
Appスイッチャーの状態

3. アプリの左上にある赤いマイナスボタンアプリ終了ボタンをタップするか、アプリ画面を上方向にフリックするとアプリが終了します。

アプリの強制終了
左右フリックでアプリが選べる

iOS 12,13編・「下から上に指を離さずスワイプ→終了したいアプリを上にスワイプ」

iOS 12搭載のホームボタンがないiPhoneでは、アプリの強制終了がiOS 11より簡単になっています。iPhone 8以前を使っていたユーザーには懐かしい操作感だと思いますよ。

1. まず、iPhoneの画面下部にある横線(ホームインディケーター)を指を画面から離さず引き上げるように上方向にスワイプして、他のアプリが隣に表示されたら指を離します。

アプリの強制終了
赤枠で囲んだ白い棒がホームインディケーター

2. 使用中のアプリがAppスイッチャーに表示された状態になりました。終了させたいアプリを上方向にフリックすると、アプリが終了します。

アプリの強制終了

1/2

この記事に関するキーワード