logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

iPhone Xでスクリーンショット撮影・アプリの強制終了・端末を再起動する方法

iPhone Xでスクリーンショット撮影・アプリの強制終了・端末を再起動する方法

ホームボタンが廃止され、前面がほぼディスプレイとなったiPhone X。それに伴い、スクリーンショットやアプリの強制終了、端末を再起動をする方法に歴代iPhoneとは大きな違いが生じています。今回は、各操作方法についてまとめて解説していきますね。

スクリーンショットの撮影方法

iPhoneの画面キャプチャを撮影する際、iPhone 8までは「スリープボタンとホームボタンを同時に押す」という方法が主流でした。さて、ホームボタンがなくなったiPhone Xではどうなっているのでしょうか?

iPhone Xでは「電源ボタン+音量アップボタン」

端末に向かって右側の電源ボタン(サイドキー)と、左側の音量アップボタンを同時に押すと、カシャッという音が鳴ってスクリーンショットが撮影されます。片手で撮れるようになって、とても便利です。

スクリーンショットの撮影

アプリを強制終了する方法

歴代のiPhoneでは、「ホームボタンを素早く2回押してマルチタスク画面でアプリを上方向にフリック」すると使用中のアプリを強制終了することができました。スマホ通ならタスクキル、という言葉でおなじみの動作です。

▼関連記事
ホームボタン2回カチカチってしてシュッとするやつの名称の話【iOS VS Android】

iPhone Xでは「上にスワイプしたまま指を離さない→終了したいアプリを長押し→左上のマイナスボタンを押すか上にスワイプ 」

iPhone Xでアプリを強制終了する手順は、従来のiPhoneとかなり違います。今までのように、Appスイッチャー(マルチタスク画面)から終了したいアプリを上にフリックすると、ホームに戻ってしまうのです。そこに加えられた「上にスワイプしたまま指を離さない」という新たな流れに最初は戸惑うかもしれませんが、手順を覚えておくとフリーズしたアプリを強制終了したい時などに便利ですよ。

1. まず、iPhoneの画面下部にある横線(ホームインディケーター)を引き上げるように上方向にスワイプして、そのまま指を止めます。

アプリの強制終了
赤枠で囲んだ白い棒がホームインディケーター

2. 使用中のアプリがAppスイッチャーに表示されます。終了させたいアプリを長押しします。

アプリの強制終了
Appスイッチャーが立ち上がったところ

3. アプリの左上にある赤いマイナスボタンをタップするか上方向にフリックするとアプリが終了します。

アプリの強制終了

端末を強制再起動する方法

iPhoneが操作できないなど、大きな不具合が起こった時に行う強制再起動(強制リセット)。iPhone 6/7/SE以前での手順は以下の通りとなっています。

  • iPhone 6/6s/6 Plus/6s Plus/SE以前・・・ホームボタンと電源ボタンを同時に長押し
  • iPhone 7/7 Plus・・・電源ボタンと音量ダウンボタンを同時に長押し

iPhone 8/8PlusとiPhone Xからは「音量アップボタン→音量ダウンボタン→電源が切れるまで電源ボタンを押し続ける」

やはりこちらもホームボタンが廃止された影響で、以前のiPhoneとは操作方法が異なります。1~3の手順を素早く行うのがコツですよ。


強制再起動

買ったばかりのiPhone Xが突然操作できなくなった時など、強制再起動したくてもその方法が検索ができず自分まで固まってしまう…のは避けたいものですよね。まさかの事態に備えて、手順を覚えておきましょう。

Tomoko

この記事のライター
Tomoko
画面の小さなiPhone SEを愛用している筆者、最初にiPhone Xを手に取ってその大きさに感動しました(そこじゃない)。充電ケーブルをすぐ壊すので、ワイヤレス充電も魅力です。