『かわいい』が生まれる場所。

江戸時代へタイムトラベル!? 古地図と現代図を重ねて見られる歴史系マップアプリ【大江戸今昔めぐり】

江戸時代へタイムトラベル!? 古地図と現代図を重ねて見られる歴史系マップアプリ【大江戸今昔めぐり】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

現代の東京の地図と、江戸時代の古地図を重ねて見られる楽しい地図アプリが誕生しました。アプリ用に描き起こされた古地図は、文字がクッキリで切り替えもスムーズ。移動中に使うと、まるでタイムトラベルしている気分になれちゃう夢の地図です。

描き起こされた古地図が現代図にピタリとはまって見やすい

江戸時代の神保町を見る

さっそく私が大好きな古書とグルメの町、神保町を見てみました。ずら~っと居並ぶ家が圧巻!地図の端々から町民の活気が伝わってきて、ワクワクします♪

江戸の古地図と現代の地図は、画面をフリックすると簡単に切り替えられます。ちょっと透かして重ねると、今昔が比較しやすくなりますよ。江戸が透過する地図なんて、なかなかないですよね。

また、現代図を航空写真で表示できるのも秀逸。「このコンビニの角は江戸時代、誰の家だったのかな?」など、気になる場所をピンポイントで確かめられるのが楽しいです。

江戸と現代の神保町
古地図上には現代の駅名や道路名が表示され、場所を把握しやすい

アイコンの見方

地図上のアイコンを頼りに見ると、史跡、寺社や屋敷などのランドマークを把握でき、いきいきとした町の姿がより鮮やかに浮かび上がってきます。各アイコンの説明は、地図画面右上の「・・・」をタップして「地図の見方・楽しみ方」で見られますのでぜひチェックしてみてくださいね。しかし、お屋敷ひとつとっても上・中・下・拝領etc…と、こんなに種類があるんですね~!

地図の見方・楽しみ方
家紋のデザインを見ているだけでも楽しい

ズームしても文字が見やすい

『大江戸今昔めぐり』は、古地図上の文字がくっきりしていて読みやすいのも特徴。ちょっとズームインしてみると、誰が住んでいたか、どんな所だったのかがはっきりと読みとれます。

個人的には大名の石高がわかるのがスゴイと思いました。そう、あの「加賀百万石」などでおなじみの”石”です。一石は”1人が一年間に食べる米の量”。単純計算しても、こちらの越後高田藩藩主・神原式部大輔氏はおよそ15万人を賄うに足りる土地を持っていた大物だった、ということになりそうです。今でいうと、大企業の社長クラスだったかもしれませんね。

15万石
ハハア~!とひれ伏すしかない石高

関連サイト

大江戸今昔めぐり

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。