logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

Googleマップの人気機能が独立!ストリートビューアプリの使い方【閲覧編】

Googleマップの人気機能が独立!ストリートビューアプリの使い方【閲覧編】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

Googleマップの人気機能の一つ“ストリートビュー”に特化した「Googleストリートビュー」アプリ。世界中の街並みを歩いて擬似旅行を楽しむだけではなく、ユーザーが投稿した360°パノラマ写真や建物の中まで見ることができます!


Googleマップの人気機能!ストリートビュー

言わずと知れたGoogleマップの人気機能「ストリートビュー」では、スマホの画面内で実際にその場所にいるかのように360°のパノラマ写真を閲覧することができます。

渋谷をGoogleマップのストリートビューで閲覧
画像内で移動したり、視点を変えたりとまるで擬似旅行のよう!

関連記事:初めての場所はあらかじめ見ておこう!Googleマップ「ストリートビュー」の使い方。

特化したアプリだけあって使い方は簡単!

そんなストリートビューに特化したこのアプリでは、Googleマップ内よりも格段に使いやすい操作性でストリートビューを楽しむことができます!

Googleマップ内では、見たいと思った地点に長押しでピンを立ててストリートビューを展開する位置を決める必要がありました。

ストリートビューアプリでは、マップを拡大して行くとペグマン(人型のアイコン)が自動的に現れ、簡単にストリートビューを始める場所を決めることができます。

さらに、地図内をタップするだけでペグマンを移動することができ、何度も長押しを繰り返してピンの位置を調整する必要がありません。

Googleストリートビューはアイコンを移動するだけで簡単にストリートビューを展開する場所を決めることができる
この動作の違いは結構大きい…

“ペグマンがある場所に立っている”という設定でストリートビューは展開されます。場所が決まったら画面下の写真をタップすればストリートビューが始まります。

ストリートビューの画面内で、アイコンなどが無いところをタップすれば、画面全体でストリートビューを見ることができます。

操作はGoogleマップアプリ内と同様で、スワイプすれば視点を変えてパノラマ写真を楽しむことができ、画像内の「<>」マークをタップすれば移動することができます。

Googleストリートビューはアイコンなどが無い場所をタップすることで全画面表示にできる

画面右上に表示されるコンパスアイコンをタップすると、画面上の操作ではなくスマホの向きや角度と連動してストリートビューを楽しむことができます。

Googleマップアプリ内には無かったメガネのようなアイコンをタップすれば、VR機器でストリートビューを楽しむことができ、よりリアリティのある擬似旅行を満喫することができます!

Googleストリートビューはスマホと連動して視点を変えたりVR機器を使うモードがある

投稿されたパノラマ写真が楽しい

アプリ版ストリートビューでは、ユーザーによって投稿された360°パノラマ写真を閲覧することもできます。

マップ内に表示されている赤い丸は、パノラマ写真が撮影・投稿された場所を示します。画面下の写真をスワイプすると、閲覧可能なパノラマ写真リストが続々と出てきます!

Googleによる撮影なのかユーザーによる撮影なのかは、サムネイルに表示されるアイコンで判断することができます。

Googleストリートビューはユーザーが投稿したパノラマ写真の投稿も確認できる。

ユーザーの投稿画像の中には、イベントが催されている時期であったり紅葉がきれいな時期であったりと、特別なタイミングで撮影された写真もよく見られます。

通常のストリートビューでは見られない、素敵な景色に出会えることもあるので、お気に入りのパノラマ写真を探すのも楽しいかもしれませんね!

世界の絶景も盛りだくさん

もちろん、投稿されるパノラマ写真で、世界中にある様々な場所のものを閲覧することもできます!

筆者は、光が降り注ぐほど快晴のイースター島や夕暮れの自由の女神など、ユーザー投稿ならではのパノラマ写真を発見することができました。

アプリだけで世界遺産めぐりができ、ユーザー投稿ならではのリアルな景色に感激もひとしおです!

Googleストリートビューはユーザー投稿ならではの美しい景色が楽しめる

お店の中や博物館の中もストリートビューできる!

ユーザーが投稿したパノラマ写真は屋外だけではなく、屋内のものも沢山!

中には美術館などの入場料がかかる施設や、飲食店やレジャー施設などの様子がわかるパノラマ写真も多く投稿されています!

Googleストリートビューで見る室内のパノラマ写真

気になっているお店の内部を満遍なく知ることができたり、無料で美術館の絵画を閲覧できたりと、なんだか少しお得な気分になれますね♪

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。