logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

Googleストリートビューアプリの使い方【撮影・投稿編】

Googleストリートビューアプリの使い方【撮影・投稿編】

Googleマップの人気機能の一つ“ストリートビュー”に特化したアプリ版「Googleストリートビュー」。スマホのカメラで撮影した、360°パノラマ写真をストリートビューとして投稿し、全世界のユーザーに向けて公開することができます!

アプリ版ストリートビューにはユーザー投稿のパノラマ写真が!

ストリートビューアプリでは、ユーザーの投稿による360°パノラマ写真を簡単に閲覧することができます。

Googleによって提供されているストリートビューとは違い、夕暮れや夜景が見られる時間帯に撮影されたものや、イベントが開催されている様子といった、特別なパノラマ写真も多く投稿されています。

ユーザーが投稿した美しいGoogleストリートビューの写真

また、投稿されているパノラマ写真は屋外の景色だけではありません。飲食店などのお店や施設、さらには美術館や博物館の中など、屋内の様子を撮影したパノラマ写真もたくさんあります!

投稿されているGoogleストリートビューの室内写真

関連記事:Googleマップの人気機能が独立!ストリートビューアプリの使い方【閲覧編】

スマホで簡単!パノラマ写真を撮影する方法

グーグルアカウントでストリートビューアプリにログインしているユーザーは、スマートフォン一つで簡単に360°パノラマ写真を撮影し、公開することができます。

まずは、スマートフォンを使った360°パノラマ写真の撮影方法をご説明いたします。

ストリートビューアプリの画面内、右下に表示されているカメラアイコンをタップし、「カメラ」を選択すると、360°カメラを利用した撮影が始まります。

Googleストリートビューの撮影方法

画面中央に表示される「◯」に、オレンジ色の「●」が重なるようにカメラの向きを調整します。

数秒間カメラを固定し、オレンジの「●」が白くなれば撮影完了です。

丸いマークを重ねながら撮影していくGoogleストリートビューの撮影

さらにカメラを動かすと、上下左右に複数のオレンジの「●」が表示されます。

中央下部の「チェックマーク」を囲うように、撮影の進行度が表示されるので、上記と同じ要領で全てのポイントを撮影しましょう。

横だけでなく上や下も撮影していくGoogleストリートビューの撮影

全てのポイントを撮影すると、チェックマークが緑に変わります。タップして撮影を終了します!

撮影が完了するとチェックマークが緑色に変わる。

撮影を終了すると、ペグマン(人型のアイコン)が複数の写真を1枚の360°パノラマ写真に変換してくれます。

Googleストリートビューで撮影した写真を1枚のパノラマ写真に変換
ペグマンがペタペタする様子がかわいいです…。

Googleストリートビューに投稿!

続いて、撮影した360°パノラマ写真をGoogleストリートビューに投稿する方法です!

作成されたパノラマ写真は「非公開」の中に保存されています。

撮影時に取得される位置情報から、撮影した場所の候補が自動で選ばれています。

「マップのリスティングを選択してください」という部分をタップし、表示されたリストから正しい撮影地を設定します。

Googleストリートビューで撮影した写真の撮影地を設定

360°写真内で長押しをすると、その箇所にぼかしを入れることができます。リスティングを選択しぼかしを入れ、公開の準備が整ったら「GOOGLEマップに公開します」をタップ。

アカウントの確認をし、「公開」します。

Googleストリートビューで撮影した写真の隠したい場所をぼかしてから公開できる

これで撮影した360°パノラマ写真の撮影から公開までは終了です!

Wi-Fi経由での公開がおすすめ

360°パノラマ写真は複数の写真を使用しているため、公開するときたくさんのデータ量を消費します。

デフォルトでは「Wi-Fi経由限定で公開」になっていますが、どうしてもモバイルデータ通信で公開したい場合には、メニュー内の設定から変更することができます。

Googleストリートビューでモバイルデータ通信を使用して写真をアップロードするか選択できる

非公開で記録用にも使える!

撮影した360°パノラマ写真は、公開せずに「非公開」タブの中に残しておくこともできます。

自分で楽しむための記録用ストリートビューとして活用することもできるほか、リンクを作成して仲間内で共有することも可能です!

プライバシーには十分注意を!

公共の場所で撮影をしていると、どうしても他の人物や車のナンバーなどプライバシーに関わるものが写ってしまう場合があります。

そのような場合には、先述した「360°写真にぼかしを入れる」で処理をしましょう。

公開された360°パノラマ写真は全世界のユーザーから閲覧可能となります。写り込んでしまった人のプライバシーを守るため、Googleストリートビューの品質向上のため、投稿には細心の注意を払いましょうね!

また、他のユーザーによる投稿を閲覧しているとき、そのような写真を発見した際には「問題の報告」を行い修正・削除依頼を出しましょう。
 

もっと高度な360°パノラマ写真を撮影したいなら…

今回は、スマートフォンを使用した360°パノラマ写真の撮影方法を紹介いたしましたが、市販されている全天球カメラ(1度で360°写真を撮影することができるカメラ)と接続したり、撮影した写真をインポートして公開することも可能です。

RICHO THETA S全天球カメラの「THETA S」(出典:RICHO THETA

スマホ使用時のように何枚も撮影する必要がなく、画像のズレも最小限に抑えることができるので、「もっとストリートビューアプリを楽しみたい!」という方はぜひ参考にしてください!

参考サイト:360° カメラの設定と接続 – マップ ヘルプ

「Googleストリートビューで自分のお店を紹介したい!」「地元の素敵な景色を世界に発信したい!」そんな願いを簡単に叶えることができる時代がやってまいりました。

見ているだけでも楽しいストリートビューですが、自分が撮影した360°パノラマ写真がたくさんの人に見てもらえる喜びはひとしおです!

素敵な景色や宣伝したい場所は、どんどん撮影して公開してみてはいかがでしょうか!

ポラリスてっぺー

この記事のライター
ポラリスてっぺー
当記事の執筆中、ちょうど実家に帰省していたので、幼い頃よく遊びに行っていた「今津運動公園」を撮影することができました。福岡の中でも人気急上昇中の観光スポット、「糸島」の近くにある大きな大きな公園です。ぜひストリートビューでのぞいてみてください!

この記事に関するキーワード