logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

泣けるぜコノォ~!! 昭和のアニメタッチで送る男と女のラブコメゲーム【ど根性はるちゃん -脱出ゲーム】

泣けるぜコノォ~!! 昭和のアニメタッチで送る男と女のラブコメゲーム【ど根性はるちゃん -脱出ゲーム】

彼女と一緒なのについつい他の女の子に目が行く、それどころかナンパしちゃう!こんな浮気性の彼氏がいたら、さあどうする!?時は昭和な『ど根性はるちゃん -脱出ゲーム』の世界。そこでは、可愛い彼女のお仕置きと、感動のラストが待ち受けていたのです。

2人は結ばれるのか、それとも…?昭和レトロな世界観でストーリーを楽しもう!

主な登場人物は、この2人+1匹。『ど根性はるちゃん -脱出ゲーム』は、主人公のはるちゃんが、女好きの彼氏・しゅうくんをとっちめる…いや最終的にはるちゃんだけに振り向いてもらうべく進めていくゲームです。

  • はるちゃん・・・いつも一生懸命な女の子。しゅうくんが大好き。
  • しゅうくん・・・はるちゃんのことが大好きだけど、美女も大好き。
  • ブルぞう・・・しゅうくんが飼ってる犬。臆病だけど優しい性格。


登場人物
美女”も”大好き・・・だと・・・!?

この他に登場するキャラクターも懐かしの昭和のアニメタッチが炸裂。子どもの頃に好きだった名作アニメの数々を彷彿とさせるシーンもあり、気がつくと心温まるストーリーの虜になっていました。特にアラサー/アラフォー/アラフィフ世代にオススメしたい本作。さっそく、ゲームの遊び方を見てみましょう♪

すべての始まりは、はるちゃんの彼氏・しゅうくんの浮気性

はるちゃんの彼氏・しゅうくんは極度の浮気性のよう。デート中も他の女の子たちに目移りしまくり。目線が落ち着かないどころか、はるちゃんのこと全然見てないのが悲しすぎる。

オープニング
わかりやすいっちゃわかりやすい男だが

それどころか声まで掛けちゃって、だらしないったらないのよこの男。そんなしゅうくんのダメンズっぷりに、優しそうなはるちゃんもイラッヽ(`Д´)ノ。当たり前ですよね~!!


アプローチするのはマジでありえない

ついに堪忍袋の緒が切れたはるちゃんに恐れをなして、スタコラ逃げるしゅうくん。「エッここで逃げるのアリエナイw」と私は思うのですが、そこは一途なはるちゃん。しゅうくんにお仕置きすべく、あとを追いかけます。

※ここから先はゲームのネタバレを含みます。

しゅうくんが潜んでいそうなところをタップして探し出そう

さあ、逃げたしゅうくんはどこに隠れた!?潜んでいそうなところをタップして探し出しましょう!!

こちらは一番最初のステージ。ネタバレしますが、

あの不届き者はココにいます!!

間違った場所をタップするとストーリーがあらぬ方向に展開しやり直しとなるので、捜査はご慎重に。

遊び方

アイテムをゲットして、はるちゃんに渡そう

画面の中には、しゅうくんを捕まえるのに必要なアイテムが隠されているのでタップして見つけましょう!アイテムをゲットしたらはるちゃんにドラッグして使ってもらいます。

しゅうくん確保のためには缶ジュースから、

アイテムの使い方

釣り竿まで飛び出します!こんな風に、しゅうくんを捕まえるのにあの手・この手が飛び出す意外性も楽しめて飽きさせません~!さすがに釣りゲーの様相を呈してくるとは思わなかったですがw

釣り竿

2人はどうなる?攻略の「ヒント」や「答え」がエンディングへの近道に

1ステージをクリアするのにかかる時間はせいぜい1分前後、とサクサク進められる手軽さも『ど根性はるちゃん』の魅力。ただし、進め方がわからなくなって詰んでしまい、何度も同じステージをやり直すハメになることも。

しかも哀れはるちゃん。たま~に、こんな風に痛い目に遭ったりもしますw

サッカーボール
ドガッ

そんな時は、「ヒント」や「答え」を見ちゃいましょう!十数秒のCM動画を観ると閲覧できるんですが、ここまで読んでいただいた方に向けて特別にステージ5の攻略法を公開します!

ヒント
たぶん多くの方が最初に躓くところかと

様々なドラマが展開されていくなかで、はるちゃんの一途すぎる愛がどんなエンディングを招くのか?終わり方は何種類かあるようですが、ぜひトゥルーエンドまで見届けてほしいです♡同じスタジオわさび作品の『嘘つきゲーム』メンバーも見つけてみてくださいね♪

様々なストーリー

がんばれ、はるちゃん。負けるな、はるちゃん!と遊んでいてフト気づいたら、見事な脚本力のおかげで夢中になっていた本作。あるカップルが2人の未来へ向けて”現状”を脱していくという独特の世界観は、普通の脱出ゲームとは一線を画す設定。まるで1本のドラマを観ているような感覚で、ラストでは自然と感動が湧きおこること間違いなしですよ♡

Tomoko

この記事のライター
Tomoko
40代の自分は、各所に散りばめられた昭和アニメへのオマージュに心をくすぐられまくりでした。なごやかなBGMや「ビヨンビヨン~」「ポヨヨーン」などがてんこ盛りの効果音にもホッコリ!スマホゲームで遊んでいてこんなに懐かしく、優しい気持ちになれたのは久しぶりでした。ちなみにバカボンのパパは年下です。