logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

【シャニマスの基本】何が目的のゲーム? 何をすればいい? プロデュース失敗って何!?【初心者向け攻略】

【シャニマスの基本】何が目的のゲーム? 何をすればいい? プロデュース失敗って何!?【初心者向け攻略】

シャニマスがリリースされてもう何時間…そろそろ皆さん帰宅してプレイを始めるころかも!? でも、デレステミリシタのようなゲームを想像しているとかなり勝手が違います。結局何をするゲームなの? 俺は今何をしているの? 何を目標にすればいい? まずはゲームの基本をつかんで、効率よく進めていきましょう。

関連記事
シャニマスまず最初にすべきこと

もくじ

音ゲーではないです。基本はカードゲームだけど、モバマスともちょっと違う

まず大事なポイントなんですが、シャニマスはリズムゲームではないです。

シャニマスには大きく2つの要素があります。

  • プロデュース
  • フェス


プロデュース中には「オーディション」と呼ばれるバトル要素があるのですが、これは音ゲーではないので、音ゲーが苦手な方も安心してください。

ト

フェスも基本的にはオーディションと同じ仕組みなのですが、対戦相手が他P(ユーザー)です。いわゆるPvP要素ですね。

単純にカードのステータスだけで勝敗が決まるの? と言われると、そうとも言い切れません。従来の多くのアプリ系カードゲームに比べると、割と戦略性の高い仕様になっています。

なので、単純に強いカードゲット=俺TUEEEEとも限らないのです。

「フェスアイドル」「プロデュースアイドル」「サポートアイドル」がややこしい!

シャニマスを最初にプレイするうえで、最高潮にややこしいのがアイドルに3つの種類があること。ここがすっきりすると、シャニマスというゲームの全体像が見えてきます。今私が分かる範囲でご説明しますね。

フェスアイドル

ト

フェスユニットに編成できるアイドル

シャニマスには、「フェス」というPvPの対戦要素があります。これは個人的な予想ですが、今後イベントが開催されるときには、このフェスユニットの強さが大きなカギになるのではないでしょうか。あらかたプロデュースが終わった後は、このフェスアイドルが一番注目される要素になるでしょう。

フェスアイドルは、厳密にいえばガシャから入手することは出来ません。

「プロデュースアイドル」をプロデュースすることで、「フェスアイドル」を生み出す仕組みとなっています。

プロデュースアイドル

ト

プロデュースすることで、フェスアイドルにすることができるアイドル

上述のフェスアイドルになることのできる、いわば「フェスアイドルの卵」ともいえる存在がプロデュースアイドルです。後述の「サポートアイドル」はフェスアイドルにすることができません。

プロデュースアイドルは、その名の通りプロデュースが可能なアイドルです。プロデュースが何なのかというのは説明が難しいのですが、ざっくりと「育成」と考えてください。

でも、よくあるステータスを上げるだけの単純作業ではありません。アイドルと交流したり、アイドルが他のアイドルと交流したり、レッスンしたり、お仕事したり、オーディションをしたり…と、かなり多くの要素があります。

プロデュースの詳しい内容については、また別の記事でご紹介したいと考えています。

プロデュースアイドルはガシャから入手が可能です。ガシャでのプロデュースアイドルの見分け方は、こちらの記事をご覧ください。

サポートアイドル

ト

プロデュースアイドルをプロデュースする際、補助的な役割を担ってくれるアイドル

サポートアイドルの最大の特徴は、フェスには参加できないという点にあります。

育ててもフェスアイドルにはならないし、フェスのサポートとしても使えません。

じゃあ何のための存在なのかというと、「プロデュースアイドルを育てる際のプロデュース」に必要な存在となります。

ト

プロデュース中のオーディション・レッスン・お仕事など、様々な場面でサポートアイドルのサポートを受けて、プロデュースアイドルをより高みへと導くことができるのです。特に序盤はプロデュースで遊ぶことが多いはずなので、とても貴重な戦力。

サポートアイドルは「トレーニング」でチケットを使って強化できます。

サポートアイドルはガシャから入手が可能です。ガシャでのサポートアイドルの見分け方は、こちらの記事をご覧ください。

まず最初の目的は「フェスアイドル」の育成

最初に何をしたらいいのかは、チュートリアルで何となく説明されるんですが、いざ放り出されると「何をしてるんだっけ…?」「何を目的にプロデュースするんだっけ?」となりがちです。ここで、目的とそれを達成する手順を確認していきましょう。

フェスアイドルを入手したい!⇒まずはプロデュース

恐らく最終的には、いかに強いフェスアイドルを育て、そのフェスアイドルでPvP要素である「フェス」を勝ち抜くか、というところが焦点になると思います。まずは強いフェスアイドルを育てないと始まらない!

先述の通り、フェスアイドルは、プロデュースアイドルをプロデュースすることで誕生します。よって、まずは「プロデュース」をすることが最初の目的になります。

ト

プロデュースの目的は、主に「ファン人数を稼ぐ」こと

プロデュースには様々な要素があります。その要素の1つひとつに気を取られて、つい忘れがちになるのですが、プロデュースは「その週の間に目標のファン人数を稼ぎ、アイドルランクを上げること」にあります。

ト

ファン人数を稼ぐにはオーディションが一番早い

ファン人数はレッスンやお仕事でも稼げるのですが、目標ファン人数を稼ぐには絶対にオーディションを受ける必要が出てきます。

ト

ただ、オーディションに勝つには各種パラメータを上げる必要があります。パラメータを上げるために必要なのが「お仕事・レッスン・振り返り」です。

オーディションに勝利するためにレッスン・お仕事を活用

パラメータアップ要素として活用できるのが、レッスンとお仕事です。

レッスン

レッスンには、それぞれ対応の基礎能力があります。たとえば「ダンスレッスン」ではDa.値が大きく上昇します。

ト

ファン人数やSP、メンタルも稼げますが、上がり幅は小さいです。

お仕事

お仕事にもそれぞれ対応基礎能力がありますが、基礎能力はそれほど大きく上昇しません。

ト

その代わり、SPとメンタルがかなり大きく上昇します。

ファン人数も、レッスンに比べると少し多めに上昇します。

レッスンもお仕事も、サポートアイドルがたくさんいるものを行うとより良い効果が得られます。できるだけ人数の多いところで行うようにしてみてください。

「振り返り」も忘れずに

「振り返り」という名前がややこしいのですが、これは要するにスキルボードです。スフィア盤のようなものですね。

ト

レッスンやお仕事などで稼いだ「SP」を消費してステータスを上げたり、スキルを解放したりできます。

レッスン・お仕事が続くとアイドルがつかれるので、休ませよう

アイドルはかわいい女の子。レッスンやお仕事ばかりしていると疲れてしまいます。

ト

ここにアイドルの体力が表示されています。アイドルの体力が低くなると、お仕事やレッスン失敗の危険性が高くなります。

ト

適宜「休む」を選択し、体力を回復させましょう。

期限内に指定のファン人数を稼げないと…

1週間で指定のファン人数を稼げず、シーズン目標ランクに到達できなかった場合、プロデュースはそこで終了となってしまいます。詳しくは後述しますね。

ト

プロデュース失敗するとどうなるの…? アイドル消える??

シャニマスでは、1週間のうちに指定のファン人数を稼ぎ、目標のランクに到達しなかった場合、プロデュース失敗となってそこでプロデュースが強制終了されてしまいます。その時にはどのようなペナルティがあるのでしょうか?

ペナルティは特にない

同じアイドルの再プロデュースが可能ですし、ペナルティらしいペナルティは確認できていません。もちろんアイドルは消えたりしません。強いて言えば、プロデューサーの感じる悔しさとアイドルの悲しい表情がペナルティでしょうか…

ト

プロデュース終了時点で、フェスアイドルは誕生させられる

どんなに中途半端な状態でプロデュースが終了してしまっても、フェスアイドルは一応誕生させられます。が、その時点でEランクだったとしたら、Eランクのフェスアイドルになってしまいます。

ト

稼いだSPは使い切ろう

失敗したとしても、フェスアイドルは誕生します。稼いだSPは次のプロデュースに持ち越せないので、すべて使い切りましょう。

ト

アイドルは消えず、再プロデュース可能

プロデュース失敗はすごくつらいんですが、リベンジ可能です! リトライして、もっともっと素敵なフェスアイドルを目指しましょうね。

ト

プロデュース成功のカギは「シーズン目標」にあり

プロデュースは毎週の「シーズン目標」を達成することが一番重要です。きちんと確認するようにしましょう。

シーズン目標の確認方法

シーズン目標はここから確認できます。

ト

ト

基本的には、指定の人数ファンを稼げば目標ランクに到達できるので、毎週あと何人ファンが必要なのか確認しましょう。

7週の内にシーズン目標を達成できなければ失敗

先述の通り失敗には特にペナルティは確認できませんが、そこから先に進むことができなくなります。計画的に行動するようにしましょう。

時間経過による回復要素ありm@s

シャニマスにおいて、時間経過による回復要素があるのは以下の2点です

  • プロデュースに使うポイント(名称が確認できていません)
  • ト

  • フェスチケット
  • ト


プロデュースに使うポイント

新たにプロデュースを開始するときに消費します。1回に消費するポイントは30です。1回復にかかる時間は5分です。

フェスチケット

フェスに参加するときに消費します。1枚回復にかかる時間は30分です。

フェスはともかく、プロデュースは一度始めるとかなり時間がかかり、そんなにたくさん消費するものではないので、「何もできない~!」という状態にはなかなかなりません。

割と駆け引き重視のゲーム、数値で決まらない戦略性

オーディションを受ける際、数値が必ず上回っていなくても、戦略次第でひっくり返すことができます。

ト

合計アピール数値ではなく「いくつ☆を取ったか」がオーディションでの勝利条件です。難しそうと思っても、ファン人数を稼がなければならない場面なら、ぜひ挑んでみてください。

箱マス・アケマス・PSPにイメージはかなり近い

アーケード版・XBOX360版・PSP版のアイドルマスターに近い要素がかなりあります。プレイ経験のあるPは、それを念頭において始めるとスムーズかもしれません♪

この記事に関するキーワード