logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

【あんスタ初心者攻略】カードの入手方法と育て方・強化方法のポイントと効率

【あんスタ初心者攻略】カードの入手方法と育て方・強化方法のポイントと効率

あんさんぶるスターズ!は「アイドル育成プロデュースゲーム」です。では、実際にどうやって育成するのでしょうか? 基本的には「カード」を育成・強化することによってプロデュースしていきます。そんな超基本事項のカードの入手・育成・強化方法について改めて確認していきましょう。

関連記事
あんスタ!記事一覧
あんスタ過去イベント一覧(☆5の1枚取りボーダー付き)

目次

あんスタにおける「カード」ってどんなもの?

まずは、あんスタの「カード」にはどんな特徴があるのかを少し説明しますね。

1人のアイドルに対して、カードはたくさんある!

あんスタには、現在他校生や先生も含めると43人のキャラクターがいます。その内主人公の通う夢ノ咲学院の生徒37人は、期間限定スカウトやイベント報酬などで、どんどん新たなカードが追加されています。

例えば、一口に瀬名泉のカードと言ってもこんなふうに、色々な種類があるんですね。

あんスタ 瀬名泉

あんスタ 瀬名泉

あんスタ 瀬名泉

あんスタ 瀬名泉

同じアイドルでも、より好みの絵柄や衣装、シチュエーションのカードが入手できると嬉しいですね♡

カードごとに能力値が異なる

カードは、単純に絵柄が異なるだけのものではありません。カードは、ダンス、ボーカル、パフォーマンスの3つの能力値を持っています。

後程詳しく説明しますが、一般にレアリティが高いほど能力値が高いカードと言えます。また、カードの枠部分の色は属性を表しており、その色の属性の能力値が高いことを示します。

カードは星の数が多いほど手に入りづらいが、有利(レアリティについて)

カードには「レアリティ」が存在します。あんスタでは、星の数であらわされていますね。レアリティは★1(★)~★5(★★★★★)の5段階が存在します。

▼ ★1
あんスタレアリティ

▼ ★2
あんスタレアリティ

▼ ★3
あんスタレアリティ

▼ ★4
あんスタレアリティ

▼ ★5
あんスタレアリティ

基本的には、★の数が多いほど能力値が高いです。ただし、当然★の数が多いほど入手しづらくなります。

あんスタでは、★1、★2のカードはポイントスカウトからしか排出されません(ダイヤを消費するスカウトは★3以上確定です)

長い戦力にはならないカードなので、お世話になるのは初心者の内だけですね。

カードには3種類の属性がある(属性について)

あんスタのカードには、先に説明したレアリティの他に「属性」があります。属性の種類は、ボーカル・ダンス・パフォーマンスです。

たとえば、下の3種類のカードは同じ遊木真ですが、枠の色が異なりますよね? これは、どの属性に特化したカードかを表すものです。

▼青枠=ボーカル属性
あんスタ 遊木真

▼赤枠=ダンス属性
あんスタ 遊木真

▼黄枠=パフォーマンス属性
あんスタ 遊木真

そのカードの中でどのステータスが一番高いかを枠の色で知ることができます。

あんスタでは、それぞれの属性別にユニットを組むことになりますので、同じアイドルでも色々な属性のカードを持っていたほうが有利になります。最初の内はこの属性のユニットは強いけれど、この属性は弱い…みたいなことも起こりがちですね。

カードはレベルアップ&アイドルロード開放で絵柄が変化!

あんスタのカードは、レベルを上げてアイドルロードを開放することで絵柄が変化します。これは「才能開花」と呼ばれます。

▼才能開花前
あんスタ

▼才能開花後
あんスタ

多くのカードでは、才能開花前が日常生活での一コマ、才能開花後がステージ衣装ですね。1枚のカードで2種類の絵柄が楽しめる、お得な仕組みです。

才能開花前のイラストが好きな場合は、絵柄のみ才能開花前を使用することもできますので、どんどん開花させましょう。才能開花の際には、同時にステータスもアップします。

カードの入手方法

あんスタでは、カードは主に「スカウト」か「イベントの報酬」の2種類の方法で手に入ります。また、それ以外にログインボーナスで特別に配布されるカードもあります。

スカウトで入手

スカウトで入手する方法が、一番手っ取り早い方法です。スカウトには、ポイントスカウト・★3以上確定ポイントスカウト・ダイヤスカウト・期間限定スカウトがあります。

プロデュースポイントを使うスカウト

ポイントスカウト・★3以上確定ポイントスカウトは、プロデュースポイントを使ってひくことのできるスカウトです。

▼ポイントスカウト
ポイントスカウト

▼ ★3以上確定ポイントスカウト
★3以上確定ポイントスカウト

序盤は★3もかなりの戦力になるので、積極的に活用していきましょう。低確率で★4が出ることもありますが、★5のカードは排出されません。

ダイヤを使うスカウト

ダイヤスカウト・期間限定スカウトはダイヤを使ってひくことのできるスカウトです。

▼ダイヤスカウト
ダイヤスカウト

▼期間限定スカウト

ダイヤスカウト
こちらは過去に行われていた期間限定スカウトの画像です

どちらも★3以上確定です。ダイヤスカウトはいつでもひけるスカウトです。期間限定スカウトは、その時に開催されているイベントに有利なカードの排出率が少し高くなっています。

イベントの報酬で入手(稀にドロップ)

月に二回定期開催されるイベントでは、ポイント報酬やランキング報酬で、そのイベント限定のカードを入手することができます。

ポイント報酬(ポイボ)

あんスタのポイボ

ポイント報酬では、イベント中に集めたポイントが一定値に達すると、そのイベントのカードがもらえます。以下は、2018年6月8日開催の「躍進!夜明けを告げる維新ライブ」でカードがもらえるポイントです。

【各種カードがもらえる累積ポイント(5枚目まで、6枚目以降は省略)】

★3(その1) 880/11,000/130,000/330,000/880,000
★3(その2) 1,700/77,000/200,000/390,000/1,200,000
★3(その3) 6,600/99,000/280,000/500,000/1,400,000
★4 660,000/1,300,000/1,900,000/2,860,000/3,500,000
★5 1,100,000/2,200,000/3,300,000/4,400,000/5,500,000

ポイント報酬で手に入る限定カードの内、ライブに出演する★3の3枚と★4のカードは、ライブクリアで稀に手に入ることがあります。一般に「ドロップ」と言われるやつですね。

あんスタドロップ

ランキング報酬(ランボ)

あんスタのランボ

ランキング報酬では、イベント中に集めたポイントの累積で全ユーザーがランク付けされ、その順位に応じてカードがもらえます。カードは★3と★4で最大5枚、★5で最大4枚もらえます。もらえるカードの種類と枚数は、ランキングによって細かく分かれています。

下の表は、それぞれのカードが1枚もらえる最低順位をまとめたものです。

【各種カードがもらえるランキング順位(1枚以上)】

★3 220,000位以内
★4 35,000位以内
★5 11,000位以内

ランキングボーナスの★5は、最大で4枚しかもらえません。

その理由は、ポイント報酬5,500,000ptで、ランキング報酬の★5カードが1枚確定するからです。

どんなに★5のボーダーが低かったとしても、5,500,000ptは確実に稼がないとランキング報酬★5カードを5枚集めることができません。

ただ、現実には★5の1枚入手ボーダーが5,500,000を超えることも多く、4枚入手できるランキングに入っている人はとっくに5,500,000ptのランキング報酬★5は回収済みです。

その他特別な入手方法

その他、コラボイベントやログインボーナスなどでカードが手に入ることもあります。

あんスタログボカード

同じカードを複数枚入手するとどうなる?(限界突破)

スカウトやイベント報酬などで同じカードが手に入ることがありますよね。あんスタでは、同じカードは5枚までなら自動で「限界突破」が行われます。

あんスタ限界突破

5枚目入手までの限界突破は自動で行われ、限界突破するかどうかを選択することは出来ません。そのため、同じカードを2枚持つことは不可能です。

限界突破するとどうなる?

限界突破をすると以下の2つのことが起こります。

  • カードのレベル上限アップ(1枚につきレベル上限5アップ)
  • アイドルロードの延長

これはどちらも、カードの強さに直結します。レベルが上がるほどカードの基礎ステータスは上がりますし、アイドルロードもコマを開放するほどカードが強くなります。レベル上げやアイドルロードの詳細は、また後程説明しますね。

6枚目以降に入手したカードはどうなる?

限界突破が全部終わった後に入手した6枚目以降のカードは、自動的にプロデュースポイントに変換されます。

あんスタ限界突破

カードを強くする方法は2種類(カードの強化)

カードは、レベルアップやアイドルロード開放によって強くなっていきます。それぞれ詳しく説明します。

レベルを上げる方法

カードのレベルを上げると、そのカードが持つボーカル・ダンス・パフォーマンスすべてのステータスが上昇します。レベル上げには2種類の方法があります。

プロデュースコースユニットに編成し、プロデュース

レベルを上げたいカードをプロデュースユニットに編成し、プロデュースコースを最後まで回り切る方法です。

プロデュースユニット

あんスタプロデュース

最後まで終わると、それぞれのカードに経験値が入り、カードがレベルアップします。

あんスタプロデュース

プロデュースコースで、レベルを上げたいカードのいる部屋を重点的に回ると、より効率よくそのカードの経験値を稼げます。

あんスタプロデュース

プロデュース途中のドリフェスで負けてしまった場合、そこでプロデュース終了となり、もらえる経験値も減ってしまいます。

プロデュースポイントを使用

プロデュースを行うよりも時短で、簡単にレベルを上げられるのがプロデュースポイントを使用する方法です。

レベルを上げたいカードを選択し、「レベルアップ」ボタンからプロデュースポイントを使用して一気にレベルを上げることができます。

あんスタレベルアップ

あんスタレベルアップ

レベル1→40までに消費されるポイント14,660です。プロデュースポイントさえあれば一瞬でレベル上げが終わるので、時短に最適です。

ただ、あんスタを始めたばかりでデッキが揃っていない場合には、プロデュースポイントでひける「ポイントスカウト」のカードも貴重な戦力になります。

ポイントスカウト

ある程度デッキが整ってポイントが余り出したらこの方法もおすすめですが、序盤はできるだけプロデュースでのレベル上げをオススメします。

アイドルロードを開放する方法

アイドルロードは、すべてのカードについているいわゆるスキルボードのような存在です。一見するとスゴロクのような形ですね。

アイドルロード

アイドルロード

それぞれのマスには、ステータスアップ・スキルゲ・衣装・ボイス・ストーリーなど、開放するとお得な要素が割り振られています。直前のマスを開放すると次のマスが開放できるようになるので、どこでも好きなところからマスを開放できるわけではありません。

ただ、途中で分岐することもあり、欲しいマスがなければ、そこを無理して開放する必要はありません。

アイドルロードは「限界突破」で延長される

あんスタでは、同じカードをひくと自動的に「限界突破」が起こることは先に説明した通りです。

その限界突破が起こった際には、アイドルロードが延長されます。

▼限界突破未発生
限界突破未発生

▼限界突破発生後
限界突破発生

あとで説明しますが、特にある属性値が飛びぬけて強い「特化型」カードの場合、延長されたアイドルロードにその属性のマスがあるとより強力なステータスを弾き出せます。限界突破をしたら、忘れずにアイドルロードを確認しましょう。

アイドルロードのマス開放には、レベルアップ&ジュエルが必要

アイドルロードのマスを選択すると、そのマスを開放するために必要なジュエルの数が分かります。

アイドルロード

また、アイドルロードの途中、マスの上に「必要Lv.10」などとレベル表記があることがあります。このマスを開放するためには、そのカードがそのレベルに達している必要があります。

アイドルロード

才能開花って?

アイドルロードのマスの中でも、重要なマスに「才能開花」があります。

才能開花

才能開花マスを開放すると、ステータスアップと共に絵柄が変化します。

才能開花

才能開花は、どのカードでも1枚目のアイドルロード最後尾にあります。1枚入手すれば必ず絵柄を変化させることができるのは嬉しいですね。

ライブスキルについて

アイドルロードの中には「ライブスキル」が入手できるマスがあります。

ライブスキル

こちらはドリフェスやイベントライブで発動するスキルです。

レッスンスキルについて

アイドルロードの中には「レッスンスキル」が入手できるマスがあります。

レッスンスキル

こちらはプロデュースコースでプロデュース中に発動するスキルです。プロデュースコースのミッションに登場する「2回フィーバーする」などは、フィーバーアップのレッスンスキルを持つカードを使用することで簡単にクリアすることも可能です。

また、ジュエルをよりたくさん集めたい場合にはジュエルアップのレッスンスキルを持つカードを使用すると良いですよ。

衣装・ボイス・ストーリー・背景が入手できるマスも

アイドルロードのマスの中には、衣装・ボイス・ストーリー・背景が入手できるマスもあります。

衣装・ボイス・ストーリー

どれもカードの強さとは関係ないのですが、一部のストーリーを除いてそのカードのアイドルロードでしか解放できない貴重な存在です。あんスタをより楽しくするのでジュエルの許す範囲で回収しましょう。

優先して開放すべきマスは?

基本的には、カードの枠と同じ色のマスを優先的に開放していきましょう。イベントライブでは、指定された属性の数値のみが計算に含まれます。関係のない属性値はそれほど必要でない場合が多いです。

青優先
実際に青のマスを優先して開放している例

また、ライブスキルも開放しておきたいですね。

逆に、レッスンスキルは自分にとって不必要だと思うものは開放しなくて大丈夫です。たとえばLUCKアップなどは、保健室に行くことでLUCKを上げられるので、それほど必要とする場面が多くはないです。

どのカードを優先して育てるべきか

あんスタをプレイしていくと、カードはどんどん増えていきます。どのカードを優先して育てるべきか迷った時の参考になればうれしいです。

基本はレアリティの高いカード優先

これはどのカードゲームでも同じですが、基本的にはレアリティの高いカードを優先して育てましょう。★5が一番強く、★の数が減るほど優先度は下がります。

あんスタ天祥院英智★5

ただし、序盤にはあまりレアリティの高いカードを入手する機会は多くないと思います。また、レアリティの高いカードほどアイドルロードの開放にたくさんのジュエルが必要になりますので注意してください。

1枚しかない★4より、5枚重ねた★3の方が強い

基本はレアリティの高いカードを優先して育てるのですが、アイドルロードでマスを開放していくと、1枚しかない★4よりも、限界突破が全て終わった★3の方が結局は強いということも起こります。

▼ダンス属性の★4カード(限界突破は1回もなし)
朔間零

▼ダンス属性の★3カード(MAXまで限界突破済み)
朔間零

アイドルロードの開放の優先順については、限界突破の回数も見てみてください。

★1や★2については、本当に序盤だけ活躍するカードなので、頑張ってアイドルロードを開放しきらなくてもいいと思います。★3カードは、結構長期間にわたってお世話になるので育てて損はないです。

ただし、リリースから3年がたったあんスタでは、今までの期間限定スカウトのカードがどんどんダイヤ・ポイントスカウトに追加され、同じカードを重ねられる機会が減っています。イベントの★3カードは比較的簡単に5枚重ねることができるので、狙ってみてください。

特化型とバランス型

これは公式の呼び方ではないのですが、カードにはいわゆる「特化型」と「バランス型」があります。

●特化型
カードの属する属性値(枠の色と同じ属性)のステータスだけが飛びぬけて高いカード
あんスタ特化型

●バランス型
カードの属する属性値(枠の色と同じ属性)のステータスはそれほど高くないが、他の属性のステータスもそこそこ高いカード
あんスタバランス型

上の例だと、同じ★3レアリティ、パフォーマンス属性でレベル60・アイドルロードの開放率100%ですが、パフォーマンスの値は4000以上違います。

あんスタでは、イベントライブを効率的にこなすことが大きな目的に置かれています。イベントライブを有利にするのは、特化型のカードです。

そのカードが特化型かどうかは、初期ステータスからは見分けがつかず、アイドルロードを開放していった結果でしか分かりません。

実際に上の鳴上嵐のカードでも、初期ステータスから見れば、バランス型の[追いかけて]の方がパフォーマンス値が高かったです。

私は簡単な見分け方は未だに見つけておらず、アイドルロードのマスの色と数値などから予測して当たりをつけるしかないと思っています。

最初の一番大きな目標は、各属性のライブユニットデッキを整えること

カードを育てることの大きな目的は、「ライブユニットのデッキを揃える」ことです。

あんスタライブユニット

ライブユニットには、15枚のカードが編成できます。

なので、戦力になりそうなカードをとりあえず15枚用意することが最初の目標になりそうですね。できればその色のカードですべて埋まるのが理想です。

ライブユニットはダンス・ボーカル・パフォーマンスの属性ごとに3種類編成します。さらに、そのユニットは「メイン・サブ1・サブ2」の3つの細かいユニットに分かれています。

あんスタライブユニット

注意すべき点は、細かいユニットに同じアイドルは2枚入れられないということです。

上の例で言うと、サブ1もサブ2も鉄虎がリーダーですが、細かいユニットの中で重なっていなければ同じ「ダンスユニット」に編成することが可能です。

1つのライブユニットには、同じアイドルは最大3枚しか編成できないということですね。戦力が同じアイドルに偏りすぎないよう気をつけましょう。

ライブユニットが同じ色で埋まったら、次に目指すのは、ユニット合計値をできるだけ高くできるよう、カードをどんどん育てて入れ替えていくこと。その次には、LP3でイベントライブ特大レベル30を倒せるようになることを目指します。

あんスタライブ画面

ライブは、時間内であれば観客全員を満足させるまで何度でも挑戦可能です。細かいユニット1つを参加させるごとにLP1を消費し、参加ユニットが増えるほどアピール効果が増えていきます。ただし、1度に参加できるのはユニット3つ(消費LP3)まで。最高倍率がかかるLP3で特大レベル30を満足させられるところまで頑張って育てていきましょう。

とにかく手当たり次第に低レアリティを育てまくってもすぐ使えなくなって効率が悪いし、かといって後々の効率を求めるあまり育てるカードを厳選ばかりしていてもデッキは育たない…うまくバランスを取っていくことが必要になります。

ユニットスキルが強力!

これはライブユニット編成にも関わる話なのですが、そのカード単体が強くなくても、同じユニットに「ユニットスキル」が発生するメンバーをそろえることでステータスがアップする場合があります。

ユニットスキル

ユニットスキルは、1人~5人の組み合わせで発生します。

1人のユニットスキル「MaM」だとPf.2%アップとそれほど強力なスキルではないのですが、

図書委員会

5人のユニットスキル「Knights」だとPf18%アップと、かなり戦力を補強できます。

Knights

また、ユニットスキルは1つのユニットに対して複数発生させることができます。

あんスタユニットスキルたくさん

このことから、特定のアイドルだけではなく、色々なアイドルを集めることが望ましいですね。また、ユニットスキルが発動できるカード入手を狙ってプレイするという楽しみもできます。

ユニットスキルはリーダーがカギ

ユニットスキルは、リーダーが含まれるものしか発動しません。

ユニットスキル

たとえばこの組み合わせの中には、斎宮宗と影片みかの「Valkyrie」発動に関わるメンバーが2人ともいます。けれど、リーダーである青葉つむぎはValkyrieの発動条件に関わっていないので、このスキルは使えません。

あんスタは期間限定スカウトのカードが後からでも手に入る!

期間限定スカウトのカードが、一定期間ののちにダイヤスカウト/ポイントスカウトにどんどん追加されていくのが、あんスタの大きな特徴です。

守沢千秋
このカードは2015年夏ごろの期間限定スカウトカードでしたが、入手したのは2017年1月です

多くのゲームでは期間限定ガチャのカードは、いつ開催されるか分からない・本当に開催されるかもわからない復刻を待つしかありません。あとからでも欲しかったカードを手に入れられるチャンスがあるというのは嬉しい点です。

ただし、1つのスカウトにどんどんとカードが増えていっているので、その分狙いの1枚をひくのはかなり難しくなっています。

過去のイベントカードは復刻イベントで入手可能

期間限定スカウトだけでなく、実は過去のイベント報酬カードもあんスタでは入手可能です。イベント終了後6ヶ月が経つと、復刻イベントとして追加されます。復刻イベントは、月2回定期的に開催されているイベントの開催されていない期間中にプレイできます。

あんスタ復刻イベント

ただし、復刻イベントでの報酬カード入手条件は、実際にそのイベントが開催された当時より厳しくなっていたり、各1枚までしか取得できなかったりと、全く同じではありません。

復刻イベント報酬

復刻に過剰に期待をかけず、そのイベントの開催期間中に入手するのが結局は一番お得だと思います。

カードがいっぱいになってしまったら「アルバム保存」を活用

あんスタを楽しくプレイしていると、所持枠である110枚を超えてカードを手に入れることになります。

その際、あんスタでは1枚もカードとお別れする必要はありません。

「アルバム保存」では、入手したカードを枚数無制限でアルバムにしまうことができます。

カード所持枠

アルバムにしまったカードはいつでも取り出すことが可能なので、実質所持枠無限と同じですね。

ただ、現在何らかのユニットに編成しているカードはアルバム保存ができません。

アルバム保存の上に「ポイント交換」というボタンがあるのですが、間違えてこのボタンをタップしてしまうと、選択したカードがプロデュースポイントに交換されてしまいます。

ポイント交換

プロデュースポイントはプレイしていくうえで入手の機会がとても多いです。わざわざ、今後同じものが手に入るか分からないカードをポイントに交換する必要はないと思います。ぜひ、アルバム保存を活用してください。

関連記事
あんスタ!記事一覧
あんスタ過去イベント一覧(☆5の1枚取りボーダー付き)

この記事に関するキーワード