logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

「チームラボ プラネッツ」に行ってきた!写真撮影のポイントを各エリア毎に紹介

「チームラボ プラネッツ」に行ってきた!写真撮影のポイントを各エリア毎に紹介

こんにちは〜こくえいです!😎

トモトモさんと、東京の豊洲にある大人気スポット「チームラボ プラネッツ TOKYO(teamLab Planets TOKYO)」(以下、チームラボプラネッツ)に行ってきました💨

「チームラボプラネッツ」内のエリアごとに、個人的に感じた撮影ポイントをまとめました📷🌟良かったら参考にしてみてください。

インスタ映えスポットの記事一覧

【入り口】さり気なく光るボールを見逃すな🌠👀

teamlabplanets

こちらが東京の豊洲にある「チームラボプラネッツ」の入り口です。

入る前からすでに良い雰囲気でした。

ここでの撮影ポイント

この微妙に光を放っている巨大風船です!

teamlabplanets

一枚目の画像でも分かる通り、みなさん順番に記念撮影をしていました。

【やわらかいブラックホール】最高にリラックスしながら写真撮影ができるけど・・・😥

teamlabplanets

無印良品にある「人をダメにする」と話題になった「ビーズクッション」のようなものが、敷き詰められた部屋です。

ここでの撮影ポイント

人が写り込まないように撮ると、不思議な贅沢空間になります。

teamlabplanets身動の自由を奪われたトモトモさんです

ちなみに僕たち、あまりの快適さに1時間以上この部屋から脱出できませんでした💀

背景に写り込んだ人を消す・前髪の割れを直す加工方法まとめ♡

【The Infinite Crystal Universe】光と反射を利用した撮影が出来る😏

teamlabplanets

ここはLEDチューブライトに包まれたエリアです。

床もになっています!

teamlabplanets

ここでの撮影ポイント

人がまったく映らないように撮影したり、1人だけ撮影したりすると幻想的になります。

teamlabplanets

まるで異次元空間や〜。

【人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング】鯉や花と融合するのがポイント🌼🐟

teamlabplanets

ここは膝下まで水で満たされたエリアで、水面に写る色鮮やかな鯉や花を楽しめます。

ここでの撮影ポイント

水面に映すための鯉や花ですが、意外にも手足に光を映すと良い感じなんです。

teamlabplanets

teamlabplanets

覚醒モードだぜぇ。

【Floating in the Falling Universe of Flowers】予測不可能な動きが奇跡の一枚を生み出すことも😎

teamlabplanets

このエリアは、花びらの光が天井一面に舞い続けるので、撮影するまでどんな写真になるか分からないのが面白いです。

ここでの撮影ポイント

カメラを人物に向けて、タイミングを見ながら連写すると良い感じのが撮れたりします◎

teamlabplanetsシャッターチャンスをうかがうトモトモさんを撮影しました

我ながら良い感じの1枚です。自分のスキルの高さに脱帽です。

【場所】チームラボ・プラネッツの行き方

僕は電車とモノレールを利用して行きました。🚟

専用の駐車場は無かったので、車で行く人は周辺のコインパーキングに駐車する必要がありそうです。🚗

Googleマップを活用して最適な交通手段を選びましょう♪

詳細情報

チームラボ プラネッツ TOKYO (teamLab Planets TOKYO) DMMcom

  • 平日 10:00 – 22:00(最終入場21:00)
    土日祝 9:00 – 22:00(最終入場21:00)
  • 〒135-0061 東京都江東区豊洲6丁目1−16
    新豊洲駅より 徒歩1分
    (ゆりかもめ東京りんかい新交通りんかい線)
    豊洲駅より 徒歩10分
    (東京メトロ有楽町線)
  • 休館日 2018年12月6日(木)
  • 公式HP https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/

【あれっ!あのスポットは!?】実は東京に2つある「チームラボ」

東京にチームラボは2つあり、実は名前も違うんです。(僕も会場を出るまで気づきませんでした😅)

  • 豊洲にあるチームラボ→「チームラボ プラネッツ TOKYO」
  • お台場にあるチームラボ→「チームラボ ボーダレス お台場」

例えば、「ラプンツェル」の名シーンを再現したような場所は、お台場の「チームラボ ボーダレス」です。

お目当てのエリアがある人は、どのチームラボなのかチェックしてから行きましょう♪

こくえい

この記事のライター
こくえい
インドア派なので外出や遠出が嫌いなんですが、いつも誘われて行ってみると結局感謝するタイプですw

この記事に関するキーワード