logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

かわいい字(ひらがな)の書き方✍💕コツやPicsArtでの練習方法も紹介

かわいい字(ひらがな)の書き方✍💕コツやPicsArtでの練習方法も紹介

こんにちは~!えりなっちです🐥🌈

結婚や誕生日などのメッセージカードは、かわいく書いて喜ばせたいですよね~!でも、字がかわいく書けない…。なんて悩みをよく聞きます😱💦

また、PicsArt(ピクスアート)を使って、画像加工をしたいけど、上手に字が書けないから諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか??🤔

そんな方に、今回は『かわいいひらがなの書き方』を紹介したいと思いますっ☆ペンで実際に書くのはもちろん、加工アプリでも上手に書けるように練習しちゃいましょう~!!

【手書き】かわいい字(ひらがな)の書き方のコツ

PicsArt-Hiragana-kotsu

こちら、えりなっちがかいたバースデーカードです💕オトちゃんにかいてあげましたっ(誕生日まだまだ先だけどw)

かわいい字の書き方をマスターすれば、色がなくてもそれなりのメッセージカードが作れちゃいますよ~😋💜

堅い字の特徴

PicsArt-Hiragana-kotsu

こちら、お堅い字を書いてみましたw(6年間書道を習ってましたっ)かしこまった場では、むしろこういうしっかりした字がいいと思うのですが、かわいくはないですよね~💦

堅い字の特徴

  • 横線が右上がり
  • はね、はらいが強い
  • 角が多い

かわいい字を書くコツ

PicsArt-Hiragana-kotsu

えりなっち的にかわいい字を書くには、基本的に正方形に一文字が収まることを意識して書くといいです!

また、「あ」や「お」など丸ができる字は、丸い部分を大きく書くとかわいくなりますよ🐰

かわいい字を書くコツ

  • 直線を作らない(少し曲げる)
  • 角を作らない
  • 正方形に収まるよう意識する

また、細いペンは安定しないので、0.7㎜~1.0㎜くらいの太いペンで書いた方が、上手に書けますっ!

かわいい手書き文字のあいうえお表!PicsArtでなぞって練習できるよっ

PicsArt-Hiragana-kotsu

どう書いていいか全然わからん!という方のために、あいうえお(ひらがな)表を作ってみました😘🌈

正直、文章のバランスを見てちょっとずつ形を変えたりもしているので…絶対にこうすればいい!っていう正解はないと思うのですが、少しでも参考になれば嬉しいです(´;ω;`)

PicsArtでかわいい字を練習する方法

PicsArt-Hiragana-kotsu

字を練習したい方は、こちらの画像を保存しPicsArtで開いてください。そして、あいうえお表のレイヤーの透過度を15~20くらいに設定します。

PicsArt-Hiragana-kotsu

そしてその上に新しいレイヤーを作り、ペンでなぞっていってください(⌒ω⌒)アプリなので何度も消せるし、沢山練習ができますよ~🌈🌈

PicsArt-Hiragana-kotsu

レイヤー左側にある目👁のアイコンをタップすると、そのレイヤーが非表示になるので、その方法であいうえお表を非表示にすると、自分が実際になぞった字を確認できますっ☆

PicsArtを使ってかわいい手書き文字を上手に書く方法

PicsArt-Hiragana-kotsu

このような手書き文字を、PicsArtを使って上手に書く方法を紹介しますっ!この画像も実際にPicsArtで加工しました~!

PicsArtのその他の記事はコチラを読んでみてくださいね☆

PicsArt-Hiragana-kotsu

まずはペイントで、新しいレイヤーを作ります。そこに文字を手書きで書いていくのですが、とにかく拡大して書いてください!大きいと自由が利くので、上手に書きやすいですよ🐥💗

画面の拡大&縮小を繰り返して、バランスを見ながら書いていってくださいね~!

PicsArt-Hiragana-kotsu

書き終わったら、文字を書いたレイヤーをトランスフォームで、サイズ・場所・傾きを整えますっ!
2本指で文字を抑えながら動かすと、場所移動ができますよ🐶

お祝いのメッセージカードを書いたり、インスタに投稿する画像を作ったりするときに、かわいい字が書けると便利ですよね💙🍰お絵かきしているような気分で、楽しくかわいい字を書いてみてください💞

えりなっち

この記事のライターえりなっち
小学生の6年間、書道を習っていたので字がめちゃくちゃゴツく、コンプレックスでした(´;ω;`)それから、まるっこい字に憧れて中学の時めっちゃ練習して、気づいたら現在はゴツい字とまるっこい字のバイリンガル(?)となりました(爆笑)

この記事に関するキーワード