『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneの写真が削除できない?原因と対処方法は簡単なことだった!

iPhoneの写真が削除できない?原因と対処方法は簡単なことだった!

iPhoneに保存されている写真は、写真アプリを起動して削除したい写真を選択し、ゴミ箱のアイコンをタップすることで削除できます。

ですが、写真を削除しようと思ってもできない問題に直面することもあります。

写真を削除できない原因は様々ありますが、原因と対処方法は意外と簡単なことばかりなので誰でも簡単に対処できますよ!

今回は、iPhoneの写真が削除できない原因と対処方法について詳しく解説していきます!

【iPhone】写真が削除できない原因

iPhoneで撮影した写真やダウンロードした画像は写真アプリ内で簡単に削除できますが、様々な原因があって写真が削除できない場合があります。

写真が削除できないのは、主に以下の3つの原因が考えられます。

  • 削除手順が間違っている
  • iTunesと同期している
  • iPhone本体に問題が発生している

では、以上の3つの原因をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

削除手順が間違っている

iPhoneの写真が削除できないのは、単に削除手順が間違っているからかもしれません。

後ほど正しい削除手順をご紹介するので、そちらをご確認下さい。

iTunesと同期している

iTunesとiPhoneを同期させることで、PC内に保存されている写真をiPhoneに転送することができます。

ですが、iTunesとの同期によって転送された写真はiPhoneから削除することができません。

同期した写真を削除したい場合は、iTunesとの同期を解除する必要があります。

同期を解除すると、同期によって転送された写真はiPhoneから削除されます。

iPhone本体に問題が発生している

iTunesと同期していないのに削除できない場合は、iPhone本体に何らかの問題が発生している可能性が高いです。

iPhoneは精密機器なので外部から強い衝撃を受けたり、水に濡れてしまったり、高温下や低温下に放置したりすると原因不明の不具合が起こりやすくなります。

また、iOSのバージョンが古いと、そのバージョンで発生したバグや脆弱性などが解消されないため、それが原因で不具合が起こることもあります。

そうなると、ゴミ箱などのボタンがグレーアウトしてタップしても反応しなくなるなど、正しい手順で写真を削除しようとしても削除できない場合があります。

本体が物理的に故障している場合は、修理店へ一度相談されることをおすすめしますが、システム的な問題が原因であれば本体の再起動やiOSのアップデートで解決する可能性が高いので一度試してみて下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。