『かわいい』が生まれる場所。

【Facebook】絵文字を使う方法は?おすすめアプリ・サイトもご紹介

【Facebook】絵文字を使う方法は?おすすめアプリ・サイトもご紹介

【Facebookの基本】投稿で絵文字を入力する方法

ではここからは具体的に絵文字の入力方法について見て行きましょう。

まずは、Facebookに投稿する時の絵文字入力方法についてです。

スマホ版とPC版とでは少々操作が異なりますので、それぞれのやり方を紹介します。

スマホの場合

まずはスマホで絵文字を入れて投稿する方法から紹介します。

スマホの場合はPCとは異なり、絵文字を入力するためのアイコンはありません。

これは、スマホ本体に搭載されている絵文字をFacebookに使用するからです。

キーボードにある絵文字マークを押して、スマホに搭載されている絵文字一覧を出します。

絵文字

あとはその中から適宜使いたい絵文字を選ぶだけでOKです。

メールなどを打つ時と同じ要領で、Facebookにも絵文字を入れながら文章を入力してみましょう。

その他、絵文字の意味を表す言葉を入力すると、該当の絵文字が出ることもあります。

例えば、「ハート」と打つと変換候補にハートの絵文字がいくつか出てきます。

絵文字

変換候補に出てくるのは、3種類ほどのハートの絵文字ですが、実際に絵文字として端末に搭載されているのは、もう少し多いです。

絵文字

ですので、よく使われる絵文字は比較的リンクしていることが多いと思われます。

「ハート」の他にも、比較的使う頻度が高いと思われる「星」や「音符」などは、絵文字を探すよりも言葉を直接入力して候補を出した方が、文字入力するスピードは上がるかもしれません。

PCの場合

次にPCで絵文字を入力する方法について見て行きましょう。

冒頭でも書いたように、PCでは投稿入力画面に絵文字一覧を出すアイコンが設置されています。

そこをクリックして使いたい絵文字を選びましょう。

絵文字

また、最近使った絵文字が一覧の上部に表示されます。

よく使う絵文字などはここに表示されている場合も多いので、確認してみてください。

その他、スマホと同様、言葉の変換候補に絵文字が出ることがあります。

どの言葉が絵文字に変換されるかはPCによっても異なるので一概には言えません。

PCに搭載されている絵文字とFacebookの絵文字は異なるテイストの物になるので、入力した絵文字と同じ意味合いを持つFacebookの絵文字に自動的に変換された上で投稿されます。

例えば、PCで「いえ」と打った場合、変換候補に下図のような絵文字が出てきます。

家の絵文字

変換候補の時点では白黒の絵文字なのですが、投稿してみるとカラフルな家の絵文字になっています。

これは、Facebook用の絵文字に自動変換されるためです。

家の絵文字

また、絵文字コードを入力するやり方でも素早く投稿できるでしょう。

コードによる絵文字の入力方法については、後ほど詳しく解説します。

【Facebookの基本】メッセージで絵文字を入力する方法

次に、投稿画面ではなくMessengerにおいてメッセージを送る際に絵文字を使いたい場合のやり方についても見て行きましょう。

スマホの場合

Messengerの文字入力画面の横に絵文字マークがあります。

スタンプ

これをタップすれば絵文字一覧が出て来るのではないかと思いがちですが、残念ながら違います。

実はこのマークはスタンプやGIF画像を送るためのアイコン。

MessengerにはスタンプやGIF画像送信の機能があるのです。

Facebook側の投稿画面にはスタンプやGIF画像を入力する所はありません。

しかし投稿のコメント欄にはそれらがあるので、このスタンプ機能を使うのもおすすめです。

スタンプ

絵文字については、投稿の時と同様に、スマホのキーボードからの入力になります。

キーボードにある絵文字マークを押して一覧を表示。

その中から使いたい絵文字を選択する、という流れです。

言葉を入力して、変換候補から絵文字を選ぶやり方でも構いません。

また、Messengerには「いいね!」の絵文字を入れることが可能。

文字入力画面の右横に「いいね!」ボタンがあるはずです。

スタンプ

相手が送信してきた内容を理解した時などには、このボタンだけを送信するのも1つの使い方です。

実はこのいいね!ボタン、3段階で大きさを変えられるのです!!

いいね!ボタンをタップすると、小さいサイズの「いいね!」が送られるのですが、ボタンを長押ししていると、中サイズ・大サイズと大きさが変化していきます。

スタンプ

相手のメッセージに共感した度合いに合わせて、「いいね!」の大きさを変えてみるのも良いかもしれません。

また、この「いいね!」は別の絵文字に置き換えることも可能です。

Messengerの左上の名前(チャットの相手の名前)をタップすると、設定画面に移ります。

設定

その中の「絵文字」を選択すると、設定可能な絵文字が一覧で表示されるので、その中から好きな物を選びましょう。

設定

設定

Messengerのルーム内には、「絵文字を設定しました」と変更された旨が表示されます。

設定

設定が完了すると、先ほどの「いいね!」と同じように使えます。

またこちらの絵文字も先ほどと同じく、大きさが3段階に変化します。

PCの場合

PCでMessengerを立ち上げたら、別窓でMessengerが表示されます。

大きく表示する場合は、左上の名前の部分をクリックし「Messengerを開く」を選択しましょう。

絵文字の入力は、メッセージ入力画面の中にある絵文字マークをクリックします。

Messenger

スマホではこのアイコンはスタンプやGIF画像を選択するためのものでしたが、PC版は絵文字のアイコンになります。

使う際は、アイコンをクリックして出てきた絵文字の中から好きなものを選びます。

また投稿の時と同様、言葉の変換候補に絵文字がある場合は、そちらを選択してFacebook用の絵文字に自動変換させる方法も便利です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。