『かわいい』が生まれる場所。

【YouTube】画面サイズおかしい?調整方法はこんなに簡単だった!

【YouTube】画面サイズおかしい?調整方法はこんなに簡単だった!

「テレビよりもYouTubeを流している時間の方が長い」という方は多いのではないでしょうか。

利用頻度が高いからこそ、エラーが出ると焦ってしまうでしょう。

今回は、YouTubeの画面サイズがおかしいときの調整方法についてご紹介します。

とっても簡単なので、ぜひ覚えておいてください。

【YouTube】画面サイズがおかしい!あらかじめ知っておきたいこと

まずは、画面サイズについて事前に知っておきたいことをご紹介していきます。

ぜひこの機会にチェックしておいてください。

使っているブラウザのサイズによって自動的に調整されるようになっている

画面サイズは、使っているブラウザの大きさや向きに合わせて自動的に調整してくれます。

そのため、問題なく利用できているのであれば、基本的に自分で変更する必要はありません。

また、画面の向きを変える場合にも自動的にサイズを変えてくれるので、なにか特別な操作は不要です。

手動で調整することもできる

画面のサイズは、YouTube側で合ったサイズに変更してくれますが、自分で変更することも可能です。

その場合、操作方法はiPhone・Androidどちらでも同じになります。

PCはモバイル端末での設定方法と少し違うので注意しましょう。

操作自体は難しくなく、簡単に変更可能です。

【YouTube】画面サイズがおかしい!アスペクト比(画面比較)について

「アスペクト比」という言葉を聞いたことはありますか?

これは、動画に関わる操作をする際の重要なポイントです。

動画だけでなく、モバイル端末のスペック紹介時にもたまにこの言葉が出てくることがあります。

では、これは何を指しているのか確認していきましょう。

アスペクト比ってなに?

「アスペクト比」とは、動画や端末の縦横の比率のことを指します。

代表的な比率

  • 16:9(ワイド)
  • 4:3(スタンダード)

アスペクト比は解像度とも関係があり、それぞれの端末や再生の方法によって推奨されている大きさが違うので注意しましょう。

はじめに触れましたが、基本的に画面サイズはYouTube側で自動的に調整してくれるため、解像度などもそれに合わせて調整されます。

自分自身で変更しないといけないタイミングはあまりないです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。