スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneの壁紙サイズ全機種まとめ!壁紙に使う画像のリサイズ方法も徹底解説!

iPhoneの壁紙サイズ全機種まとめ!壁紙に使う画像のリサイズ方法も徹底解説!

お気に入りの画像を壁紙に設定しようとしたら、勝手に拡大されてズレてしまったり中央に寄って上手くいかないなんて経験はありませんか?

例えば、小さい画像を拡大したらぼやけてしまったり余白が生まれたりなど、なかなかピッタリはまった壁紙になりませんよね?

そこで今回は、iPhoneの壁紙に使う画像のサイズを修正する方法無料で使えるおすすめアプリについて詳しく解説していきます!

「iPhone」のその他の記事

iPhoneの壁紙サイズとアスペクト比

POINT

  • そもそもアスペクト比とは?
  • 歴代のiPhoneの壁紙サイズとアスペクト比

まずは、iPhoneの壁紙サイズアスペクト比についてそれぞれチェックしていきましょう。

そもそもアスペクト比とは?

アスペクト比とは液晶画面の縦横比のことです。

使っているiPhoneのアスペクト比と画像の幅と高さが合っていないと、壁紙に設定した時に勝手に切れてしまう可能性があります。

アスペクト比は壁紙を設定する際の重要な要素になるので必ずチェックしておきましょう。

歴代のiPhoneの壁紙サイズとアスペクト比

ここで、主要なiPhoneの壁紙サイズとアスペクト比をそれぞれ比較してみましょう。

機種 壁紙サイズ
(ピクセル)
アスペクト比
13 Pro Max 1284×2778 19.5:9
iPhone 13 Pro 1170×2532 19.5:9
iPhone 13 1170×2532 19.5:9
iPhone 13 mini 1080×2340 19.5:9
iPhone 12 Pro Max 1284×2778 19.5:9
iPhone 12 Pro 1170×2532 19.5:9
iPhone 12 1170×2532 19.5:9
iPhone 12 mini 1080×2340 19.5:9
iPhone SE(第二世代) 750×1334 16:9
iPhone 11 Pro Max 2688×1242 19.5:9
iPhone 11 Pro 2436×1125 19.5:9
iPhone 11 1792×828 19.5:9
iPhone XS Max 2688×1242 19.5:9
iPhone XS 2436×1125 19.5:9
iPhone XR 1792×828 19.5:9
iPhone X 2436×1125 19.5:9
iPhone 8 Plus 1920×1080 16:9
iPhone 8 1334×750 16:9
iPhone 7 Plus 1920×1080 16:9
iPhone 7 1334×750 16:9

自分で撮影した画像をそのまま壁紙にしたい場合は、利用しているiPhoneの壁紙サイズと同じアスペクト比に設定して写真を撮る必要があります。

画像をiPhoneの壁紙サイズにする方法

POINT

  • 視差効果を減らす
  • 画像を編集する
  • スクリーンショットを使う

では、実際に写真をiPhoneの壁紙サイズに変更するにはどうしたらいいでしょうか。

まずはiPhoneの機能やアプリを駆使して壁紙サイズを設定する方法をご紹介していきます。

視差効果を減らす

視差効果とはiPhoneを傾けたり動かした際に連動して壁紙やアイコンが動く現象のことで、iOS7から導入されました。

「視差効果を減らす」がオンになっている場合、勝手に壁紙やアイコンがズレてしまうという現象を引き起こしてしまいます。

視差効果を減らす設定方法

視差効果を減らす方法をご紹介します。

「アクセシビリティ」をタップします。

視差効果を減らす方法1

「動作」をタップします。

視差効果を減らす方法2

「視差効果を減らす」をONにします。(画像はOFFの状態)

視差効果を減らす方法3

 

これで視差効果がOFFになります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。