スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple IDとパスワードは合っているのにiCloudにサインインできない原因と対処法を徹底解説!

Apple IDとパスワードは合っているのにiCloudにサインインできない原因と対処法を徹底解説!

Apple製品を使用する上で必ず必要になるのがApple IDとパスワードですよね。

ですが、たまにApple IDとパスワードは正しいのにサインインできない、という現象が起きます。

そこで今回は、万が一Apple IDでiCloudにサインインできなくなってしまった際の原因や解決策をご紹介していきます!

Apple IDのパスワードが合ってるのにエラーになる原因は?

エラーの原因

  • iCloudとApp Storeで別々のIDを使っている
  • 機内モードがONになっている

まず、Apple IDでサインインする際にエラーになる原因として考えられることをご紹介します。

iCloudとApp Storeで別々のIDを使っている

iCloudとApp Storeで別々のApple IDを使用していませんか?

普段アプリを入手する際のApple IDパスワードを入力してもサインインできない場合は、Apple IDを見直してみましょう。

機内モードがオンになっている

Apple IDでサインインする際はインターネット接続が必要になります。

そのため、ネットが使えない機内モードがオンになっていたらオフにしましょう。

コントロールセンターを立ち上げて飛行機マークをタップすればOKです。

機内モード

全角・半角を区別して入力していない

Apple IDのパスワードを入力する際、文字が全角になっていたらそれが原因かもしれません。

全角だとエラーになってしまうため、必ず半角で入力しましょう。

キーボード左下の地球儀のマークを長押しすることで入力モードを変更できます。

キーボード

大文字・小文字を区別して入力していない

Apple IDのパスワードには大文字、小文字、数字の全てを含める必要があります。

大文字を含めずに入力していた方はこちらが原因かもしれません。

キーボード左下の「↑」をタップしてから入力した文字は大文字になります。

キーボード

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。