スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】SMSが届かない原因と対処法を徹底解説!

【iPhone】SMSが届かない原因と対処法を徹底解説!

電話番号さえ分かっていればメッセージを送信できるSMSは、利用している人も多いのではないでしょうか。

また、LINEなどのアプリやFacebookなどのサービスの認証で使う機会も少なくないはずです。

そんなSMSが届かなくなってしまったら、とても困りますよね。

そこで今回は、SMSが届かなくなる原因やSMSが届かなくなったときの解決法を詳しく紹介していきます。

送られてきているはずのSMSが受信できなくて困っている人は、ぜひ参考にしてみてください!

iPhoneでSMSが届かない原因の端末を特定する

POINT

  • 原因の端末がわからない場合、SMSを自分宛てに送信する
  • 自分宛てのSMSが届けば、相手の端末に原因がある
  • 自分宛てのSMSが届かなければ、自分の端末に原因がある

次に、SMSが届かない原因が自分と相手のどちらの端末にあるのか特定していきましょう。

方法は以下の通りです。

原因の端末がわからない場合、SMSを自分宛てに送信する

SMSが届かない原因が自分と相手どちらにあるのかわからないときは、SMSを自分宛てに送信しましょう。

宛先の欄に自分の電話番号を入力して送信します。

本文の内容は何でもOKです。

SMSが届けば相手の端末が原因

ト

画像の矢印のように自分宛てのSMSが届けば、あなたのiPhoneには問題はありません。

この場合、SMSが届かない原因は相手のスマホにあるようです。

また、SMSの送信相手が何らかのサービスである場合は、届かない原因はSMS以外のところにあるようです。

SMSが届かなければ自分の端末が原因

自分宛てのSMSが届かない場合、自分が使っているiPhoneに何らかの問題が発生しています。

次の「iPhoneでSMSが届かないときの対処法」を参考に問題を解決しましょう。

iPhoneでSMSが届かない原因

SMSが届かない原因

  • 電話番号が間違っている
  • 端末の調子が悪い
  • 電波状況が悪い
  • SMSが受信拒否設定されている
  • SMSを送った相手を着信拒否設定している
  • SMSを送った相手に送信制限がかかっている

まずは、iPhoneでSMSが届かない原因を探っていきましょう。

主に6つの原因が考えられます。

電話番号が間違っている

SMSが届かない原因としてまず考えられるのは、電話番号が間違っていることです。

「SMSを送ったはずなのに届かない」というときは、相手に電話番号が合っているか確認してもらいましょう。

もし、LINEなどの認証のためのSMSが届かないときは、登録した電話番号に間違いがないかもう一度よく確認してみましょう。

端末の調子が悪い

SMSが届かない原因は、SMSのアプリではなくiPhone端末自体の調子が悪いことにあるのかもしれません。

iPhoneの調子が悪いと判断する材料は、「SMSだけではなく他のアプリも調子が悪い」「iPhoneの動作が重い」などがあります。

また、iPhone端末の動作が重くなっていることでSMSの受信が滞っている可能性もあります。

これらの不具合は、iPhoneを再起動したりバックグラウンドで起動しているアプリを閉じたりすると解決する場合がありますよ。

再起動およびアプリを閉じる方法については、「iPhoneでSMSが届かないときの対処法」で詳しく紹介しているので確認してみてください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。