スマホで見つける、もっと可愛い私

【ヤフオク!】過去の取引はチェックできる?取引履歴の確認方法を解説

【ヤフオク!】過去の取引はチェックできる?取引履歴の確認方法を解説

【ヤフオク!】過去の取引を確認したい!《落札価格》

取引の履歴では一体どのような情報を確認できるのでしょうか?

ここでは、過去に落札された商品の取引履歴について詳しく説明します。

落札された商品のどんな情報が分かるの?

取引履歴からは、以下の情報を確認できます。

  • 商品名(タイトル)や画像
  • 落札時の価格
  • 落札された日時
  • 落札者や入札者のID
  • 出品者のID など

ここで注意して欲しいのが「落札時の価格」についてです。

注意点

  • 落札される際に値下げ交渉が行われた商品の場合には、落札した価格が表示されないこともあります。注意しましょう!

値下げ交渉を行った場合には「Yahoo!かんたん決済 支払い一覧」から確認されることをおすすめします。

落札相場を確認する方法

これまでに落札された商品の価格(落札相場)を確認することもできます。

  • これまでに落札された商品の最安価格と最高価格
  • これまでに落札された商品の価格を平均した金額

「この商品を何円で出品(もしくは落札)しようかな」と悩んでいるときに便利な機能ですので、ぜひ活用されることをオススメします。

詳しい落札価格を知りたい方は「スマホやPCなどのブラウサ」から、以下の手順を踏みましょう。

①ブラウザ版「ヤフオク!」を開き、検索スペースにキーワード(商品名や容量等)を入力して探す。

ヤフオク! ブラウザ キーワード 検索 相場を調べる タップ

②検索結果の一番上の辺りに表示されている「相場を調べる」を開けばOK!

落札相場を確認するときの注意点は?

落札相場は、現在出品中の商品ではなく「これまでに落札された商品の価格」から計算されます。

出品終了となっても落札されなかった商品の価格は、落札相場に含まれないので注意しましょう。

また、落札相場を参考にしても落札できなかったり、落札されなかったりすることもあります。

あくまでも「目安の価格」として考えましょう。

【ヤフオク!】過去の取引を確認したい!《サイトを使う》

ヤフオクの取引履歴を確認できるのは、最大120日(約4ヶ月)分です。

しかし、実は他のWebサイトを使うと「120日よりも前の取引履歴」を確認できるようになりますよ。

ここでは以下の3つのサイトを紹介しますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

  • aucfan
  • 落札されました
  • オークション価格相場研究所

「aucfan」

1つ目に紹介するのは「aucfan」です。

aucfan サイト トップ 例

トップ画面に表示されている検索スペースで「商品名」を検索するだけで、その商品の価格相場を調べることができます。

しかし、以下のような情報を覚えていない場合には、「aucfan」で自分の取引履歴を探せないので注意しましょう。

  • 取引した商品の名前
  • 取引した日時

「aucfan」では、その他にも次のおすすめポイントがあります。

POINT

  • 国内だけでなく海外のオークションサイトの相場確認も可能(例:eBayなど)
  • 一度に複数のサイトから相場価格を調べることができる
  • 無料会員になると、過去6か月間に落札された商品の価格の相場をチェックできたり、自動入札機能を使える
  • 有料会員になると、過去10年間に落札された商品の価格の相場をチェックできたり、期間を指定して絞り込み検索したりできて便利!

気になる方は、以下よりチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。