スマホで見つける、もっと可愛い私

知っておきたいLINEのマナーをご紹介♡仕事もアルバイトもこれで安心♪

知っておきたいLINEのマナーをご紹介♡仕事もアルバイトもこれで安心♪

いまさら聞けない!LINEのマナー♡困ったときの対処法

LINEは、マナーを気にしない友人同士で楽しむときもあれば、マナーを意識したいビジネスでのやり取りに使うこともあります。

同じ人間が使っている以上、誤爆などの失敗をしてしまうのは仕方がないところです。

ここからは、LINEのマナーで困ったときの対処方法について見ていきます。

LINEのマナーで困ったときは、ぜひチェックしてみてください!

上司へふざけたLINEを誤爆!素早く反省!誠意を見せて

友人に送るつもりのLINEを上司や先輩に送ってしまう、いわゆる誤爆してしまった場合は、素早い対応が大切です。

時間を空けてしまうと上司や先輩は自分に向けられたものだと勘違いして、かなり不快な思いをする可能性があります。

謝罪のメッセージを送る速度が速いほど、相手に不快な思いをさせずに済むでしょう。

そして謝罪の際は、誠意のこもったメッセージを送ることも大切です。

敬語を使わなかったり、「ごめんなさい」などくだけた感じのメッセージだと、誠意が足りないと思われる可能性があります。

誤爆した場合は、ビジネスマナーに沿った、誠意のある謝罪メッセージを素早く送りましょう。

先輩・上司とのLINE交換が憂鬱!断り文句を上手く使おう!

LINEは、プライベートだけで楽しみたいという人も多いでしょう。

仕事の連絡ツールとしても便利なのはわかるけれど、できれば上司や先輩とはLINEの交換はしたくないという場合は、上手な断り文句を身に付けてみてください。

あいまいな断り方をしてしまうと、しつこく迫られる可能性があります。

たとえ先輩や上司が相手でも、交換したくない場合はその意志をはっきりと伝えるようにしましょう。

最低限のマナーは意識しておこう!

LINEを使うときは、相手に不快な思いをさせないために、最低限のマナーは心得ておきたいところです。

お互いがマナーを意識すれば、相手がどんな立場の人でもストレスを感じにくくなるでしょう!

ただし、マナーを意識し過ぎると、相手のちょっとした立ち振る舞いがマナー違反ではないのか気になるなど、逆にストレスを感じてしまう可能性があります。

相手に強要するのではなく、自分がマナーを守れているのかを適度に気にしながら、快適にLINEでやり取りしてくださいね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。