『かわいい』が生まれる場所。

【Clipboxの小ワザ】クリップボックスからiPhoneのカメラロールに動画や画像をコピーする方法。

【Clipboxの小ワザ】クリップボックスからiPhoneのカメラロールに動画や画像をコピーする方法。

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

例2.加工や再生など、他のアプリでも使えることが多くなる!

ファイル形式に対応しているアプリで読み込めば、長さを調整したり、文字入れなどの編集も可能になります。

例3.PCがなくてもデータ移行できちゃう!

機種変更の時にパソコンがなくてもカメラロールとiCloudを介せば、新しいiPhoneにデータ移行できます!Clipbox内のデータを本体のカメラロールにコピーしたら、iCloudにバックアップを取るだけです。

例4.同じiPhone内のClipboxとClipbox+間のデータ移行

同じiPhone内にある旧Clipboxで保存したデータをClipbox+に移すのも、カメラロールを使えば簡単です。

旧Clipboxのデータをカメラロールにコピーし、Clipbox+の「カメラロール」メニューから取り込むだけ。逆に、Clipbox+から旧Clipboxへ移動したい場合もこの方法でできますよ。

是非色々試してみてくださいね♪

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。