『かわいい』が生まれる場所。

【Clipboxの小ワザ】他のアプリからデータを移行する方法。(iOS)

【Clipboxの小ワザ】他のアプリからデータを移行する方法。(iOS)

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

Clipboxは、他のアプリやSafariからもデータの保存ができるので、今回はその一例を紹介します。オフラインでもアクセスできるのがClipboxの強み!是非活用してくださいね♪

Safariのファイルをクリップボックスに保存する方法

Safariを見ている時に地図やプログラムなどのPDFファイルが用意されていることってありますよね。再度同じページにアクセスをしなくても、Clipboxに保存しておけばいつでも閲覧が出来るようになります♪

保存も簡単!画面右下の「次で開く」をタップしたら、「Clipbox+(またはClipboxにコピー)」を選ぶだけです。

「Clipbox+」と「旧バージョンのClipbox」では少し方法が異なるので、それぞれの手順を詳しく紹介します。

Clipbox+の場合

SafariのPDFをクリップボックスに保存する方法
保存も簡単!画面右下の「次で開く」をタップしたら、「Clipbox+」を選ぶだけです。

※「Clipbox+」が見つからない場合は、アプリ一覧の部分を右にスワイプして探してください。
※直近でClipbox+を使用している場合は、1画面目の右上が「”Clipbox+”で開く」になるので、ここをタップするだけで保存が可能です。

Clipbox(旧バージョン)の場合

SafariのPDFをクリップボックスに保存する方法
旧Clipboxの場合は、画面右下の「次で開く」をタップし、「その他」に表示されるアプリ候補一覧から「Clipboxにコピー」を選んでくださいね。一覧の下方に出ることもあります。

メールの添付ファイルをクリップボックスに保存する方法

例えば、今回例に挙げるApple Storeの領収書など、メールに添付されているファイルも保存が可能です。沢山のメールに埋もれる前に、Clipboxに保存しておきましょう♪

Clipbox+の場合

画像のタイトル【日本語】メールの添付PDFをクリップボックスに保存する方法
添付ファイルをタップしたら、右下のシェアボタンをタップ。「Clipbox+」を選択します。

※「Clipbox+」が見つからない場合は、左右にスワイプして探してください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。