検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

とことん女子に優しくお手洗いに厳しい!?【恋するマップ】 : PR

とことん女子に優しくお手洗いに厳しい!?【恋するマップ】 : PR


私事ですが、先日母と東京観光をしてきました。お金、よーし。行きたい場所のメモ、よーし。地図はGoogleマップがあるし…(迷うけど)いや、ちょっと待て。Android派の私はいつもGoogleマップを使っていたけれど、世の中にはもっと私に合った地図アプリがあるのでは?

Googleマップが高機能なのは知っているけれど、使いこなせていなければ意味がないもんね! ということで、調べた中で今回使ってみたのがこちら。

lovemap-05

DL_iOSPlayストアでダウンロード

「女子向けマップ」とは?

マップは分かる、地図のことでしょ? けど、マップに「恋する」というネーミングが分からない。自慢じゃないが私、地図を愛しく思ったことなどない。

むしろ地図見ても迷うから嫌いなくらいだ。方向音痴さんが多い女性には、結構そういう人が多いのでは? 地図に苦手意識あるわー。「恋する」と「マップ」がつながらないわー。(※公式には「恋をして、おでかけしたくなるアプリ」とあります。かわいいキャッチコピーじゃねぇか…地図のクセに…)

lovemap-02

となんやかんや思いつつダウンロードすると、地図とは思えないくらいかわいらしくデコってある地図が現れました(上の画像参照) 年がバレる言い方すると、昔のプリクラのフレームみたい。なるほどねぇ、地図嫌いの多い女性にもとっつきやすくする工夫、まずは認めてやろう。

ジャンル検索が多機能…てか多すぎ

で、このアプリの一番の売りである「ジャンル検索」を早速試す。ジャンルがいっぱいありすぎてスクリーンショットでは伝わりにくかったので、下の画像にジャンルの一覧をまとめました。

lovemap-01

アイコンかわいい♡ 100均まで探せるとかすごいな。

lovemap-07

一番便利なのは「Restroom」の検索。これが想像よりマジすごい。お手洗いのある場所はもちろん、何階にあるのかや設備まで徹底的に調べ上げている細かさ。デート前にちょっとコテを使いたい、なんてときに便利なコンセント情報や、ゆったりくつろげるソファの有無まで…私、今までお手洗いを活用しなさすぎだったかもしれない。

そのうえ、「少し狭い」とか、「美術館に入らなくても利用できる」とか、「並ぶことが多い」「清潔」「落ち着きがある」とか、利用した人にしかわからないコメントまでついている。誰が調べてるんだ…トイレマイスターかな?

KITTE(東京駅近くの商業施設)のお手洗いのコメントを見たら、「並んででも利用したくなるRestroom」と絶賛されていて、ちょっとトイレを見に行きたくなりました…笑

lovemap-03

何気に便利だと思ったのは「Repair」。ヒールが折れた! とか靴トラブルがあったときに、すぐ直せそうかが分かるのはうれしい。しかも割引クーポンがある店も一目瞭然。

lovemap-08

女子向けということで、美容院やエステもワンタップ表示で便利。充実してるし詳細も見られるしクーポンも取得できるし、なかなかいい機能だけど、出かけた先で緊急に美容院やエステを利用したい! って私はあんまりないな。暇なときに「○○駅の近くにいい店ないかなー」って探す用って感じかな。

そして一番感動したのは、「Shelter」の項目。なんのことかな、と思ったら避難所のことなんです。近所の避難所は知っていても、出かけた先の避難所なんてわかりませんよね。万が一のことがあったとき逃げる場所がすぐに分かるどうかは、かなり大きいです。水害地帯出身者としては、「高度」までちゃんと書かれているのもかなり好印象。

lovemap-09

ぶっちゃけ美容院とかエステとかは、女子向け商売としてすぐ思いつきそう。だけど、お手洗いの場所や避難所のことまで網羅されているのは、女子に本当に役立つように、女子を危険から守れるようにという発想があってこそのサービスですね。

いつも自分のことを考えてくれて、細かい配慮が行き届いたこのマップがもし現実の男性なら、恋しても不思議じゃないと言わざるを得ない。

DL_iOSPlayストアでダウンロード

いざ、実践! Restroom機能を使ってみた

母と東京散策中、とにかくRestroom機能が使いたくて、「お手洗いは? 大丈夫?」とむやみに聞く私。親切の押し売りがひどい。そして結局自分が先に利用することになるという……

最初に使ってみた場所は池袋の東急ハンズ。お手洗いは位置を調べるまでもなくありました。一応マップ表示を確認してみると…ん? マップにRestroomアイコンがない…。

ここのお手洗いは「恋するマップ」の掲載基準を満たさなかったのか、それとも単にまだ調査中なだけなのか……実際にお手洗いを使ってみた感想としては、特に特筆すべきこともない、人にオススメするようなお手洗いではなかったのでどちらが正解なんだろう…!?

lovemap-04

その後、「ここのお手洗いは恋するマップにあるかな?」「ほう、ここは高得点だ。用はないけど見てみよう」となぜか私がトイレマイスターとなって、観光ついでにあちこちのお手洗いを見学してきました笑

lovemap-06

あくまで私の行動した範囲内だと、駅周辺のショッピング施設なんかはほとんど網羅されています。普通にショッピングしてたら困りません。でもさすがにカフェとか観光地のお寺とかのお手洗いは掲載されてなかった。うん、ぜひ利用したいお手洗いじゃないしね……

そして私の行動範囲内で確認して回った結果、設備情報も正しいし、点数やコメントなどの評価もなるほどと納得でした。むしろ点数の基準厳しすぎるんじゃない? この基準だと100点のお手洗いって絶対ないよね…?

なんかTwitter見てたら、東西のベストパウダールームアンケートとか取ってたみたいで。本当にお手洗いに本気だなこのアプリ…!


ていうか気づいたら、私ちょくちょくマップ見てるし…! やだ、私もしかして、恋するマップに恋してる…?

地図が好きになったかどうかは分からないけれど、少なくとも地図に対する苦手意識はかなり薄まりました。マップ上のアイコンもかわいいし分かりやすいし。これはgoogleマップだけ使ってたら絶対起きなかった変化だな、と思います。

恋するマップ~女子ちず~かわいい女の子のための地図アプリ
AppStoreでダウンロード
DL_iOSPlayストアでダウンロード

▼関連サイト
恋するマップ公式サイト

masami まさみ
東京散策中、とある若者向けファストファッションブランドを見て母が一言。「私、M&Mも行きたい♡」母ちゃん…それ、服屋やない……チョコや…。でもとっさに「M&Hやろ!」と突っ込んでしまった私も同類です。正解は言うまでもなくH&Mでした。


この記事に関するキーワード