検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

今さら聞けない… iTunes Cardの買い方&使い方!

今さら聞けない… iTunes Cardの買い方&使い方!

iPhoneのアプリを買うとき、どうやってお金を支払っています? 大人だったら、一度登録するだけでオッケーなクレジットカードが便利ですよね。

しかし、クレジットカードが持てない高校生中学生の場合、どうすれば買うことができるでしょうか?そんな問題を解決してくれる便利なアイテムが「iTunes Card」です。

今回は、ほとんど常識レベルの話になっていて、今さら人には聞きにくい…。 そんな方のために、iTunes Cardの買い方&使い方を改めてご紹介!

そもそもiTunes Cardって?

プリペイドカードです。お金を支払ってカードを購入し、その金額を端末に登録して利用できる仕組みです。iTunesという名称ですが、AppstoreiTunesStore内にある有料コンテンツ(アプリ・映画・音楽など)やゲーム内の課金アイテムなどを買うことができます。

howto-itunescard

クレジットカードと違い、予め支払った金額分しか購入できないため、翌月の請求を心配する必要もありません!

お値段は?どこで買えるの?

チャージできる金額に応じて販売されています。価格はそれぞれ「1,500円」「3,000円」「5,000円」「10,000円」の4種類

しかし「定額だと欲しいアプリを買った後に端数が余って困る…。」 そんな人にオススメなのが「バリアブルカード」です。1,500円から50,000円までの間から1円単位で購入額を設定できるカードなんです。

そんなiTunes Cardは、主要なコンビニ家電量販店で販売されています。なので、欲しいと思ったときは最寄のコンビニに行けば、すぐに買えるので便利です。

iTunesカードの登録方法

それでは、買ってきたiTunes Cardを自分のApple IDに登録(以下チャージ)してみましょう。

台紙を剥がしてカードを裏返すと、銀色のラベルが現れます。このラベルを剥がすと、金額をチャージできるシリアルコードが書かれています。

howto-itunescard
ラベルはコインで削らないシールタイプ!

次に、iPhoneのAppStoreまたはiTunesStoreを開き、“おすすめ”ページの下画面へスクロール→”コードを使う”をタップの手順でコード入力画面が表示されます。登録方法は「シリアルコードを打ち込む」か「カメラで読み取る」の2種類です。

howto-itunescard

ここで断然オススメしたいのが「カメラで読み取る」方法です。カメラを大雑把に向けるだけでもコードを認識してくれるので、面倒なシリアルコード入力が簡単に済みます!

howto-itunescard

無事にチャージできれば、確認画面に金額が表示されます。これでチャージは完了、後はお買いものを楽しみましょう!

▼関連サイト
Apple公式サイト
Apple公式サイト「iTunes Card およびコードを使う」

トモトモ トモトモ
バリアブルカードはすごく便利で良いですね。僕が高校生でiTunes Cardを買ってたころには、たしか販売されていなかったので、今の中高生は羨ましいです。あのときバリアブルカードがあれば、端数で悩むこともなかったろうに…。


この記事に関するキーワード