検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

昔はな、携帯電話を持つと筋力が鍛えられたものじゃよ

昔はな、携帯電話を持つと筋力が鍛えられたものじゃよ

人生いろいろ。男だって女だっていろいろ。今や持ってない人の方が少ないスマホも、昔「携帯電話」として生まれ、「ケータイ」に、「ガラケー」に、そしてiPhone大流行といろいろあったんです。

auケータイ図鑑を見ると、その動きが丸わかり。あなたはどの時代から知ってます? 親や先輩・後輩と世代間ギャップを楽しんでみるのもありかも。

サイトを見てみる

スマホで1日にどれくらい通話しますか?

あの、皆さん、もしかして忘れてるかもしれないですけど、今あなたが使っているものは「smartphone(スマートフォン)」。略してスマホなわけです。phoneって何か。電話です。つまり、電話機なんですよ!!!

aukeitaizukan-08

最近電話ってしてます? 私は通話自体は結構します。けれどLINEやSkypeなどの無料通話アプリを利用するのがほとんどで、電話番号を利用することってほとんどありません。

でも、昔はスマホなんてなくて携帯電話だった。アプリなんていう便利なものはありません。それどころかネットにつながりません。音楽だって聞けません。写真なんてもってのほか。電話をかける・電話に出ることしかできなかったんですよ。

では、auケータイ図鑑に記録されているで最古の携帯電話を見てみましょう。これが日本で初めての携帯電話です。どどーん。

aukeitaizukan-07
出典:auケータイ図鑑

でかい・しろい・重い(約2.6kg)! これを肩にかけて歩くのです。街中の視線独り占めですねヒュウ~! 注目を浴びて、困っちゃうナ♡ それってチョベリグじゃね? 超イケてる。

念のため書き添えますが、今のスマホ感覚で街中の人がこれを持ってたわけじゃないですからね。みんなが携帯電話を持ち始めたのは、もっと後の時代です。あれ持ち歩いてたら、ムキムキになりそう…それはそれで健康にいいかも。

うわぁこれめっちゃ欲しかった奴!

そこから携帯電話はめくるめく進化を遂げました。特に日本のケータイ市場では、日本独自の進化を遂げた「ガラパゴスケータイ」いわゆるガラケーってやつが主流でした。

aukeitaizukan-06
出典:auケータイ図鑑

ガラケーはデザインも様々。もしかしたら、スマホよりガラケー時代の方が、デザインという意味では豊富だったかもしれませんね。折りたたんだりスライドしたり、形状が全然違うものも同じ「ガラケー」です。

この赤いの、私すごく欲しかった奴です! 今見てもかわいいと思う。むしろレトロ感出てて今の方がかわいい?

aukeitaizukan-05
出典:auケータイ図鑑

意外と、ガラケーの時代でも今でも、「デザイン重視派だよ!」「機能重視派だよ!」「安けりゃ何でもいいよ!」派がいて、好みがわかれるのは変わってないです。

私のイメージだと、iPhoneユーザーはデザイン性も重視してて、機能・値段重視派はAndroid使ってるような感じかな。いつの時代で、道具がどんなに進化しても、人間の考えることってそんなに変わらないのかも。

昔の体験をBBAが語るよ

なんか最近、BBAという言葉は「本当は若い女の人が自虐(謙遜)して言う言葉だ」とかいうエキセントリックな話を聞いたんですが無視します。エキセントリック少年ボウイ。

メールのタイトルめっちゃ長くなる

今忘れ去られている機能、メール。昔は友達と何通もメールを返信しながらやり取りして、そのたびに件名に「Re:」(返信の意味)という文字が自動的についてたんです。だから最終的に「Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:明日どうする」みたいな長いタイトルになってたんですよ。

今でも大学生・社会人はGmailや会社のメールを利用しますね。でもあれとは少し感覚が違って、昔のケータイのメールは、字数制限もありました。つまり、短文で何通もやり取りする必要があったのですよ……。あと絵文字がキャリアによって違うとかもあったな。

ついでにアンテナも長くなる

aukeitaizukan-04
出典:おもいでタイムライン

昔のケータイには、アンテナがついてました。物理で。そしてそのアンテナが伸びました。物理で。あと、なぜか「振ると電波良くなる」という迷信がありました。みんなケータイをぶんぶん振り回していた狂気の時代です。

本体よりストラップが大きい

aukeitaizukan-03
出典:おもいでタイムライン

昔のケータイには、ストラップをつけるのがお決まり★でした。みんなわさわさつけて、本体よりストラップのほうが大きいってよくある話。でもねあれ、カバンの中ですっごく探しやすいんだよ。何せでかいから。存在が。あとプリクラ貼るのもありがち。電池ふたの裏にこっそりカレシ(語尾は上がる)とのプリを貼るのがロマンだったのです。たぶん。

昔のストラップ的要素は、今で言うとケースに移行している感がありますね。

当時の流行も見られる

auケータイ図鑑で気になるケータイを見つけたあなた。ちょっとそのケータイが活躍してた時代を振り返ってみません?

aukeitaizukan-02
出典:auケータイ図鑑

auケータイ図鑑を見てると、なんだか常にぴよっと出てる「おもいでタイムライン」のバナー。これをタップすると、当時の流行や大きな出来事を知ることができます。

aukeitaizukan-01
出典:おもいでタイムライン

昔のケータイってこんな風だったんだーへぇ。へぇへぇへぇってボタン連打してトリビアを仕入れるのもいいですけど、それと一緒にその時代を知るのもオススメです。

あなたの生まれは何年ですか? その時代にどんなケータイがあって、何が流行してたんですか?あなたが幼稚園・小学校・中学校・高校に入った年は? 初恋をしたあの年は何があった? ……また、そのケータイがあったころ、お母さんは、恋人は、ちょっと年の離れた憧れの芸能人は何を感じていたんでしょう?

誰かと一緒に見たり、誰かを想像すると、ひとりで見るよりもっと楽しい。まぁ、私ひとりで自分のことだけ考えて見てましたが、すっごい楽しかったですけどね。ごめんね素直じゃなくて。

▼関連サイト
auケータイ図鑑
おもいでタイムライン

masami まさみ
私はライター紹介でも書いてますが、ガラケー・iPhone・Androidの3刀流です。ゾロに対抗できるのは、もしかしたら私なのかもしれない…。なぜガラケーを持ち続けるのか、理由は一つ。スマホに一元化するより安いからです。お金がないから、たくさんの電子機器を持つ。不思議な時代になりました。


この記事に関するキーワード