logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

【Clipboxの小ワザ】アプリが消えた…?iPhone内にアプリが見つからない時の対処法

【Clipboxの小ワザ】アプリが消えた…?iPhone内にアプリが見つからない時の対処法

ホーム画面から突然アプリが消えた!思っていたところにアプリが見つからない!そんな時は、まず、AppStoreのページを確認してみましょう。今回はClipboxを例として確認する方法をご紹介します。

※この記事はiPhoneユーザーを対象にした記事です。

こんな人にオススメ

  • アプリが多すぎてどこにあるかわからない
  • 端末内にあったはずのアプリが見当たらない
  • Spotlight検索をしてもアプリが出てこない
Clipbox記事カテゴリ

インストールボタンの表記の違い

AppStoreのインストールボタンを確認することで、状況がわかります。

1.「入手」や3.の「雲」の場合は端末内にアプリが無い状態なので、そのままアプリをインストールしてくださいね。

それ以外の場合については、以下に方法をご紹介します。


暇つぶしにおすすめ!女性向け漫画アプリ5選

2.「開く」と濃く表示されている時の対処方法

Spotlight検索

AppStoreの表示が「開く」になっている場合は端末のどこかにアプリがある状態です。

iPhoneの検索機能を利用して確認する

ホーム画面を下に引っ張ると、検索が可能です!

検索結果から表示内容を確認する

こちらに“Clipbox”と入力して、“トップヒット”または“App”に“Clipbox”が表示されるかどうかを確認しましょう。

アプリ名の横に表示される文字はフォルダ名です。該当するフォルダ内からアプリを探してみましょう。
※検索結果をタップすると、そのままアプリを開く事も可能です。

4.「入手」または「開く」と薄く表示されている時の対処方法

機能制限解除方法

AppStoreのボタンが薄くなっている場合は、「機能制限」がかかっている可能性があります。

Clipboxは17+(17歳以上が対象のアプリ)ですので、端末の機能制限がかかるとアプリが非表示になります。

何らかのきっかけで機能制限がかかり、アプリが非表示になってしまうことがありますので、下記手順にて制限を解除してください。

機能制限で非表示になっている場合

機能制限解除方法

いかがでしたか?もし、ホーム画面からアプリが消えた際は、こちらの手順を一度確認してみてくださいね!

Clipbox記事カテゴリ

この記事に関するキーワード