検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

100均グッズでVRゴーグルを自作してみた→3D映像をお手軽体験

100均グッズでVRゴーグルを自作してみた→3D映像をお手軽体験


VR元年の今、専用ゴーグルは1,000円もあれば買えちゃいますが、自作ゴーグルなら観たときの感動もひとしおなのではないか?とDIYを思い立ちました。作るのがめちゃくちゃ簡単だったので、さっそくご紹介したいと思います!

ある日YouTubeで動画を観ていたら出てきたヤッターマンのマスクみたいなアイコン

いつの間にかiPhone版YouTubeアプリでもVR動画が楽しめるようになっていたらしく。これが「VRゴーグルで観ると楽しいよ」印です。

VRゴーグルで観ると楽しいよ

タップするとVR画面に切り替わって左右2分割になるんですよね。なんだこれは?VRゴーグルをかけたらどう見えるのか!?

猛者達の自作談をネットで読むと、100均のミニルーペをバラして空き箱にくっつけるのが主流のよう。てか100均!なんというとっつきやすさでしょう。

それではレシピのご紹介です。

まずは本日の材料です。料理番組風ですw

  • 100均のミニルーペ(ダイソーで購入)・・・1個(からレンズを2枚取る)
  • iPhoneが入る大きさの箱・・・1個
  • はさみ、カッター、テープ、マイナスドライバー


1.箱の1辺を切って広げます。これで作業がしやすくなります。

VRゴーグルの作り方1

2.両目の間隔で穴を2つ開けます。

VRゴーグルの作り方2
筆者は黒目と黒目の間が6.5センチでした。

3.箱の裏側に、レンズをテープで留めます。

VRゴーグルの作り方3
レンズに干渉しないようになるべくフチにテープを貼りましょう。

4.箱を閉じて完成です!じゃーん!

VRゴーグルの作り方4

何観ようかな→やっぱSFでしょ♡

YouTubeでVR動画を観てみましょう!ヤッターマンのマスクみたいなVR印をタップしてVR画面にして、スマホを箱の中にセットオン!

Star Wars – 360° Virtual Reality

おおー!!ドロイドの視点でデススター内を移動していると、目の前に整列するストームトルーパーの間から粛々とダースベーダーが登場。360度見渡せるし立体感ハンパないしものすごい臨場感。

VR動画を見よう
卿ーーーー!

360 Google Spotlight Story: HELP

こちらは「スター・トレック BEYOND」の監督が撮った360度の怪物映画。Google公式作品だけあってハイレベルなクオリティ。LAの街を舞台に暴れ狂うモンスターが怖すぎて、VR初心者の筆者はウワッ、ウワッと声を上げて台所で逃げ惑ってしまいましたw 超オススメです。

VRで怪物映画
「シン・ゴジラ(の蒲田くん)」や「グエムル-漢江の怪物-」が好きな人はツボです。

Google スポットライト ストーリー

上記のHELP含む、360度全方位映像をいろいろ集めたGoogleのアプリも楽しいです。アニメの中に入ったような気分に浸れてホッコリしました。

スポットライトストーリー

いや~、ゴーグル自作して心底良かった!構想1分、買い物5分、製作10分。総製作費約250円。皆さんもぜひ作ってみてくださいね!

Rゴーグルで観るリアルな映像
VRゴーグルで観るリアルな映像に、ライター仲間のポッポ君も震えが止まらないようだ!早く返して~w

TomokoTomoko
ちなみにダイソーのミニルーペ、構造上レンズが2枚入っているので「1個ありゃ足りるだろう」と1個だけ買ったのですが、マイナスドライバー使っても熱湯に浸しても除光液に浸しても何してもレンズが1枚だけ取れなくて(泣)、結局2個目を買いに走りました。まあ、接着剤の取り方の勉強にもなったし一石二鳥ということでヨシ(ポジティブ思考)。


この記事に関するキーワード