『かわいい』が生まれる場所。

写真をアニメ風に加工できるEverFilter(エバーフィルター)の使い方と失敗しないコツ。

写真をアニメ風に加工できるEverFilter(エバーフィルター)の使い方と失敗しないコツ。

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

2. 空と接触するところが尖っているor空の色と似ている。

空と接している部分が尖っていたり、空と似た色をしていると吸収されがちです。下記の画像は、どちらも屋根の先端部分がぼやけてしまっていますね。

エバーフィルターで失敗しやすい原因

でもこのパターンは夜モードにすると結構ごまかせます。夕暮れの空の方がグラデーションがかかってるからかな。

エバーフィルターで夕暮れ風

3. 写真内に空がない。

写真に空がないと、違うところを無理やり空にしてしまうことがあります。

勝手に空が追加されて失敗

この写真には空が写っていません。それなのに、左側の白っぽい建物を空にしてしまっています。このパターンは夜モードに切り替えてもここが星空に変わるだけなので救いようはありません。諦めましょう。

「ここは空じゃないよ〜」的な消しゴムみたいなのがつけばいいのになぁ~そしたら2と3が解決するのにね。

ぜひ遊んでみてくださいね〜☆(ゝω・)v

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。