『かわいい』が生まれる場所。

Vineアプリが「Vineカメラ」にリニューアル!使い方を解説!

Vineアプリが「Vineカメラ」にリニューアル!使い方を解説!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

昨年から予告されていましたが、「Vine」がとうとう終了してしまいました…。しかし、アプリは「Vineカメラ」と名前を変えてリニューアルしたんですヽ(^o^)丿以前と同様に、6秒動画撮影ができて、完成したものはそのままTwitterで共有することも可能です。より使いやすくなった「Vineカメラ」の使い方を紹介します☆

Vineカメラの使い方はVineの時とほとんど同じですが、少しシンプルになりました! でもアイコンだけで文字の説明が一切ついていないので初めはびっくりしますよね!

撮影方法と撮影のときに使える機能

Vineカメラでは、画面を長押ししている間、動画を撮影することができます。指を離すと撮影が止まり、また長押しすると再開することができるので、色んなところで撮った動画をひとまとめにすることができますよ(^q^) 画面のどこを押しても撮れるので、どんなポーズでも撮りやすいです!

VineCameraの使い方とアイコンの意味

下の方にあるアイコンは、左から順に、それぞれこんな機能です。

Vine Cameraのアイコンの意味

設定ボタンを押したら表示される機能

中央にある設定ボタンを押すと、さらに細かい設定が可能になります!

水平器&グリッド表示

一番左のアイコンを押すとカメラを水平に調節できるバーや、グリッドの表示ができます。上手に動画を撮るためには欠かせない機能ですね( ^ω^ )☆

Vine Cameraの使い方グリッド撮影水平撮影

ピント・ナビ・フラッシュ機能

フラッシュ撮影はもちろん、ピント合わせもできます。また、オバケのアイコンは1つ前の動画がどのような状態で終了したかを表示してくれるナビ機能です!つながりのある動画を撮影したい時には、この機能がとっても便利ですね~~(/ω\)

Vine Cameraピント合わせフラッシュ撮影

関連サイト

vine

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。