logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

マンガ大賞2017ノミネート作品が決定!無料で読めるアプリまとめ。

マンガ大賞2017ノミネート作品が決定!無料で読めるアプリまとめ。

マンガ好きのみなさんならご存知であろう『マンガ大賞』!2017年のノミネート作品が決定しました!過去に受賞している作品は、ノミネート作品含めてどれも面白いものばかりなので、今年のノミネート作品も一回は読んでみたいですよね(*^^*)今回はマンガ好きにはぜひとも注目していただきたい作品についてまとめてみました。ぜひお気に入りの作品を見つけちゃってくださいな♡

2016年は『ゴールデンカムイ』が受賞。マンガ大賞って?

マンガ大賞『ゴールデンカムイ』
出典:マンガ大賞公式サイト

2016年のマンガ大賞は、『ゴールデンカムイ』が大賞を受賞しました☆ 舞台は北海道。莫大な埋蔵金をめぐって繰り広げられる生存競争サバイバルを描いたこちらの作品。作者は野田サトルさんという男性の漫画家さんなのですが、実は、男性の漫画家さんが大賞を受賞するのは8年ぶりなんだとか!いろんな意味で気になる作品です。

そもそもマンガ大賞って?

マンガ大賞とは、2008年に始まった有志によるマンガ賞のことをいいます。「面白いと思った作品を人に薦めたい!」そんな気持ちがかたちになって始まったそう。運営を行うのは、マンガ大賞実行委員会の方たちで、様々な職業の方が選考員として集められているそうです。

では、その選考方法とは一体どのようなものなのでしょうか?

マンガ大賞の選考方法

以下の流れで、マンガ大賞が決定されます。シンプルに「面白いからぜひ読んでほしい!」というマンガへの愛が伝わる選考方法ですね~(*´Д`)

  • 一次選考→各選考員がそれぞれ「人に薦めたいと思う作品5作品」を選出。
  • 二次選考→一次選考の結果から上位10位作品がノミネート。
  • 選考員はそのノミネート作品を全て読み、トップ3を決める。
  • その結果を集計し、年の一推し『マンガ大賞』が決定。


ちなみに過去の受賞作品はこんな感じ。

過去の大賞受賞作一覧です。映像化されているものもたくさんあり、みなんさんも一度は目にしたことのあるはずのタイトルが並んでいますよね!

  • 2008年『岳』石塚真一
  • 2009年『ちはやふる』末次由紀』
  • 2010年『テルマエロマエ』ヤマザキマリ
  • 2011年『3月のライオン』羽海野チカ
  • 2012年『銀の匙 Silver Spoon』荒川弘
  • 2013年『海街diary』吉田秋生
  • 2014年『乙嫁語り』森薫
  • 2015年『かくかくしかじか』東村アキコ

2017年ノミネート作品一覧!

今年のノミネート作品は以下の通りです。

  • 『アオアシ』小林有吾・上野直彦
  • 『からかい上手の高木さん』山本崇一朗
  • 『金の国 水の国』岩本ナオ
  • 『空挺ドラゴンズ』桑原太矩
  • 『ゴールデンゴールド』堀尾省太
  • 『ダンジョン飯』九井 諒子
  • 『東京タラレバ娘』東村アキコ
  • 『波よ聞いてくれ』沙村広明
  • 『ハイスコアガール』押切蓮介
  • 『響〜小説家になる方法〜』柳本光晴
  • 『ファイアパンチ』藤本タツキ
  • 『約束のネバーランド』白井カイウ・出水ぽすか
  • 『私の少年』高野ひと深


2016年に惜しくも2位だった『ダンジョン飯』が、今年もノミネートされています。果たして今年はどうなるのでしょうか!?

無料で読めるノミネート作品!サッカーマンガ『アオアシ』はマンガワンで。

『アオアシ』

アオアシマンガワン

ノミネート作品のアオアシ。サッカーをテーマに、無限の可能性を秘めた少年・蒼井葦人(あおいアシト)の運命と成長を描いたこちらの作品が、なんとマンガワンで読めちゃうんです☆毎週月曜日に更新中。話題の作品を無料で楽しめます。

アプリの詳しい使い方はこちらの記事を参照してみてください。

『ファイアパンチ』はジャンププラスで読める。

『ファイアパンチ』

ジャンププラス『ファイアパンチ』

「氷の魔女」によって雪と飢餓と狂気に襲われた世界…。再生能力の祝福をもつ少年アグニと妹のルナを待ち受ける非常な運命とは!?衝撃のダークファンタジー『ファイアパンチ』は、ただいまジャンププラスで毎週月曜日に更新中です。

『約束のネバーランド』

『約束のネバーランド』ジャンププラス

小さな孤児院で、ささやかながらも平穏な毎日を過ごす主人公のエマ・ノーマン・レイ。だが、そんな毎日が突然終わりを告げた…。3人の子供たちを待つ数奇な運命とは一体なんなのか…?『こち亀』作者も大絶賛の『約束のネバーランド』もジャンププラス内で購読可能です。ただし、1冊250円、月額だと960円(iPhoneの場合)の週刊少年ジャンプを購入する必要があります。

ジャンププラスの詳細はこちらをどうぞ♪

LINEマンガは『タラレバ』と『高木さん』。

『東京タラレバ娘』

LINEマンガ『東京タラレバ娘』

「○○だっタラ」「△△してレバ」が口癖のアラサー女子のリアルな日常を描く『東京タラレバ娘』。きつい真実に心を痛める女性続出!だけど、胸に突き刺さる言葉たちに背中を押されることも…。ドラマ化で話題のこちらの作品は、LINEマンガで読めちゃいます☆ちなみに、以前アプトピで紹介したファンケル×東京タラレバ娘のコラボも絶賛開催中なので、こちらも合わせて楽しんでみてはいかがですか?♡

『からかい上手の高木さん』

LINEマンガ『からかい上手の高木さん』

「いつもオレのことをからかってくる隣の席の高木さん。だけど見ていろ!今日こそはオレが高木さんをからかって恥ずかしがらせてやるんだから!」読んでいるだけで思わず口元が緩む、ほのぼのまったりストーリーも、LINEマンガで楽しむことができます。どこか懐かしい空気感が流れる世界を味わってみてください。

激戦の予感がする今年のマンガ大賞。あなたのお気に入りはどの作品ですか?大賞が発表されるまで、予想を立てるのも楽しいですよね。続報に期待(^O^)!

AyamiAyami
手に汗握るハラハラドキドキ系から、ほっこりニヤニヤの癒し系まで充実のラインアップのマンガ大賞ノミネート作品。私は『ファイアパンチ』がお気に入りです。最近かっこいいキャラよりも、かわいい女の子キャラにときめくので、妹・ルナが最強にかわいいです。ルナにおねえちゃんって呼ばれたい。


関連サイト

マンガ大賞

この記事に関するキーワード