logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

「ひとりぼっち惑星」の”ところにょり”から登場した最新作「からっぽのいえ」が切ない…。

「ひとりぼっち惑星」の”ところにょり”から登場した最新作「からっぽのいえ」が切ない…。

「ひとほろぼし」「ひとたがやし」「ひとりぼっち惑星」と続く、切ない独特の世界観が魅力的なゲームシリーズ。その最新作「からっぽのいえ」が登場! 今回も人の心の琴線に触れる内容に仕上がっています。

敵を迎撃して家を防衛しよう!

からっぽのいえ」は、シューティングゲームです。プレイヤーは家を守るロボット「RJ6388265」となり、家を襲撃する敵をタップ操作で迎撃していきます。さらに、迎撃以外にも「電波」によって敵を混乱させることで攻撃を有利にすることができます。

からっぽのいえ

ある程度、敵を倒すと、家を増強して制御システムをアップデートすることができます。しかし、それにはある代償が必要なのでした…。

「からっぽのいえ」のココに注目!

前3作品と同様に「からっぽのいえ」も遊んでいくうちに、その切ない世界観をじ~んと体感することができます。

ロボットが健気…(涙)

もう住む家族が居なくなってしまった家をひたすら守り続けるロボット「RJ6388265」の物語です。

からっぽのいえ

感情を持たないロボットであるが故に、来る日も来る日もせっせと家を守り続ける。その導入部だけで切なすぎます…。

記憶を代償にシステムをアップデート

ゲームを進めていくと、より大量の敵を迎撃するために家を増強し迎撃システムをアップデートする必要があります。しかし、アップデートするにはロボットの記憶媒体の容量が足りません。そこでロボットは、自身のこれまでの思い出に上書きしていくことで記憶媒体の容量を確保しアップデートを行っていきます。

からっぽのいえ

以前、ロボットの守る家に住んでいた家族との様々な思い出が、アップデートによって「0101」のプログラムに書き換わっていく様子は、見ていてとっても切ないです…。

代償の先にあるものは…

記憶を代償としてシステムをアップデートし家を守る。しかし、システムをアップデートしてまで守っている家にはもう誰もいない…。はたしてこの先に「RJ6388265」を待ち受けるものとは?

からっぽのいえ

それは、プレイヤー自身の目で確かめてみてください…。

ゲームを遊んで心の琴線に触れたい人に…

ゲームで悲しくなったり、じ~んときたり…。心を揺さぶられるような体験ってなかなか体感できないですよね?

からっぽのいえ

からっぽのいえ」は遊べば遊ぶほど、コトの真相が分かってきて、感情が一気に吐露することはないけど、少しずつ揺さぶられていく…そんな悲哀を体感できるゲームです。ゲームでちょっとした感動をしたい人オススメです。

トモトモトモトモ
「からっぽのいえ」も前3作品に続いて、人の心の琴線に触れまくり…。感情を持たないアンドロイドの悲しさがうまく表現できています。ゲーム中の表記が「漢字」でなくてあえて「ひらがな」なのがとってもいいです。