『かわいい』が生まれる場所。

[メルカリ出品編]どんな人が買うかで変わる!売れやすい曜日・時間帯をマスターしよう

[メルカリ出品編]どんな人が買うかで変わる!売れやすい曜日・時間帯をマスターしよう

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

メルカリのトップページは、出品の新着順に写真が掲載されます。たくさんの人がメルカリを見ている時間に合わせて出品すれば、それだけ売れるチャンスも広がるはず!そこで、時間帯や曜日などから、売り時に適したホットタイムをご紹介します。さらなる売上アップを目指していきましょう♪

関連:メルカリ記事一覧

どんな人が買う?を想像してみよう!

メルカリはスマホアプリゆえに、仕事や家事のスキマ時間に利用されることが多いです。そのため、出品アイテムに興味がありそうな人物像を想像し、その人のスキマ時間はいつなのかを考えてみましょう。

出品する商品のカテゴリーから考える

例えば、ベビー・キッズカテゴリーで具体的に想像してみましょう。

どんな人が買うか想像しよう

ベビー用品を購入するメインターゲットは主婦層。主婦の一日の生活リズムを想像し、スキマ時間を考えてみます。朝は、朝ご飯の準備や家族の面倒でバタバタしていそう。そうすると、家族が学校や会社に行ってホッと一息つく「10~12時」や、晩ご飯の準備が始まる前の「14時~16時」に時間のゆとりが生まれるので、狙い目!

レディースの洋服や靴など、ターゲット層が幅広いアイテムは、ブランドやアイテムの雰囲気から、会社員が買いそうか、学生か、主婦かなど想像しながら限定していきましょう。

職業から考える

ちょうど、会社員、学生、主婦と3つの職業が出てきましたので、それぞれのホットタイムを考えてみましょう。ちなみに男性・女性のどちらであっても、さほどホットタイムは変わらないと思うので、メンズ商品を出品するときも参考にしてみてください♪

・会社員の場合
朝と夜の通勤時間がホットタイム!通勤電車ではほとんどの人がスマホをいじっていますよね。その時間がまさに狙い目です。「6~10時」もしくは「19~22時」あたりがピッタリでしょう。

また、寝る前にスマホを使う人も多いので、「22~1時」あたりもホットタイムといえます。

・学生の場合
こちらも朝と夜の通学時間が最も狙い目。とはいえ、会社員よりももう少し幅広い時間帯で考えてもよいでしょう。「7~11時」もしくは「16~19時」。大学生の場合、アルバイトをしていることを想定すると、アルバイト終わりの「22~1時」も要チェックです!

・主婦の場合
先ほどのカテゴリー別で想定した通り、「10~12時」もしくは「14~16時」が狙い目。また、小さいお子さん向けの商品(洋服やおもちゃなど)を出品する場合は、幼稚園や保育園へ迎えにいく前の「12~16時」が特にオススメです♪

職業別ホットタイムまとめ

それぞれのホットタイムをまとめるとこのようなイメージ図になります。

メルカリホットタイム一覧表

関連サイト

メルカリ公式サイト

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。