『かわいい』が生まれる場所。

映画でLGBTをよく知ろう!セクシュアル・マイノリティーが題材の映画が見れるアプリ

映画でLGBTをよく知ろう!セクシュアル・マイノリティーが題材の映画が見れるアプリ

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

先日「彼らが本気で編むときは、」を見てきました。セクシュアルマイノリティーだけでなく、色々な社会問題を取り扱っている作品で、その上で笑えて泣けて心が温かくなるとてもいい映画でした!映画には、そんなLGBTの葛藤を密に描いたものが沢山あります。実話から有名小説までいろんな形のLGBT映画を5つとそれを見ることができるアプリをご紹介します!


夫が突然女の人に……画家夫婦の葛藤と愛を描いた作品

「リリーのすべて」

風景画家の夫アイナーと肖像画家の妻ゲルダに突然訪れた苦悩。それはアイナーの心は女性の「リリー」であるというカミングアウトでした。

1920年代のコペンハーゲンが舞台で、その時代のせいもあってアイナーは医者に精神病と言われ傷付いてしまいます。同時に悩み続けていたゲルダはくじけそうになりながらも、アイナーを支えて行くことを決めます。世界初の性別適合手術を受け、リリーとして生きることも支え、愛とは何なのかを考えさせられます。

実話を元にした小説を映画化したもので、ストーリーも物凄く綺麗ですが、コペンハーゲンの街並みやインテリア、絵画、そしてリリーなど、すべてが美しく描かれています。多くの事を考えさせられると共に美しい映像を見ることができるとてもいい映画です。

こちらは、Amazonプライムビデオで見放題となっています。

写実的な性描写に世界が騒然。異例のパルムドール受賞作

「アデル、ブルーは熱い色」

上級生の男子とデートに行く途中、アデルは髪がブルーの女性エマを見かける。その時、アデルの視界からは彼女以外のすべてが消えました。すれ違い、そのままデートに行き、男子と性行為をするも無表情。違和感を覚えます。

再開を果たしたアデルとエマはすぐに恋に落ち、アデルは自分の「性」を自覚。そんなアデルとエマの性行為描写は美しいほどの生々しさを持っています。

性行為の描写に疑似性器を使用し、圧倒的な官能を表現した作品。アデルのエマへ対する一途な愛を描き、監督だけでなく主演女優二人も含めてカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した異例の作品です。

こちらは、Netflixで会員見放題となっています。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。