『かわいい』が生まれる場所。

【乗っ取り】実話:知らないAppleIDが私のクレジットカードで10万円以上課金してた話。

【乗っ取り】実話:知らないAppleIDが私のクレジットカードで10万円以上課金してた話。

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

全然知らない名義のAppleIDでカードが使われていた…

私のAppleIDが無事だということがわかったので、クレジットカードの番号から、ユーザー検索をしてもらいました。

一応、家族が利用している可能性もゼロではないため、可能性のある名前をいくつか挙げたのですが、どれも当てはまらず…

つまり、全くの他人が私のカード情報を使って、AppStoreで課金していた、ということのようです。ただし、個人情報保護の観点から、カードを乗っ取って利用している人の名前(AppleIDの登録名)を教えてもらうことはできませんでした。もちろん、何に使ったのかも不明です。

再びクレジットカード会社に連絡。

AppleIDが乗っ取られていないとなるとApple側ではこれ以上動くことができないとのことで、私からクレジットカード会社に再び連絡。状況を報告しました。

今度はカード会社からAppleに事実確認を行うため、最大7営業日程かかると言われました。

カード会社からの連絡が来た!果たして…

カード会社とAppleの方で事実確認ができたため、「クレジットカードの不正利用」が認められました。

しかしここに落とし穴が…

カードの不正利用に関しての保障は、利用日から3か月以内が対象になる(※)とのこと。
※カード会社によって異なる可能性があります。

私、不正利用されたのが11月、問い合わせたのが3月。

はい死亡。

期限をオーバーしてしまっていたため、利用された金額の返金は対象外となってしまっておりました…

教訓。

みなさんには同じ目にあってほしくない…!ということでまとめです。

クレジットカードの明細は毎月見るようにしましょう

もし不正利用をされていても、すぐに問い合わせをすれば戻ってくる可能性は大きいです!毎月利用明細は見て、怪しいものがあったらすぐに問い合わせるようにしましょう。

不要なカードは持たない!

今回不正利用されたのはタンスにしまっていた普段使っていないカードでした。使っていないカードはなるべく解約し、最低限だけを残しておきましょう。また、使っていないカードの明細を見るのも忘れずに!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。