『かわいい』が生まれる場所。

リアルタイムで居場所を表示!Googleマップの新機能「現在地の共有」の使い方。

リアルタイムで居場所を表示!Googleマップの新機能「現在地の共有」の使い方。

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

公園や駅など、広い敷地での待ち合わせって難しいときがありませんか?電話越しで居場所を伝えても、馴染みのない場所ではなかなかピンときません。最近、Googleマップに「現在地の共有」機能が実装されました。これを活用すれば、待ち合わせがもっと簡単になるかも!

関連:Googleマップ記事一覧


「現在地の共有」って?

Googleマップを利用していると、自分の現在地が青い●で表示されます。

現在地

これまでは、Googleマップの座標情報や近くのお店の情報を相手に送信することで、大まかな現在地を知らせて待ち合わせしていましたよね。

今回実装された「現在地の共有」を利用すれば、リアルタイムに現在地を共有し、移動の様子を確認し合えるようになりました。

自分の現在地を相手に共有する方法

まずは、自分の現在地を相手に共有申請する方法をご紹介します。

メニュー画面を開き「現在地の共有」をタップ。もしくは自分の現在地を示す、青い○をタップでも現在地の共有を行うことができます。

機能の説明画面が表示されるので、そこから「使ってみる」で次へ進みます。

現在地の共有

画面下部に現在地の共有時間の設定と、共有申請を送信するツールの選択が表示されます。

共有時間の設定

今回は、共有時間を1時間に設定、「ユーザーを選択」からユーザーを選んでみました。

ユーザー一覧が表示されますので、共有したい相手を探して申請を出しましょう。

LINEで共有したい場合は?

「ユーザーを選択」以外のやり方を選ぶ場合、リンクURLが作成され、任意の方法で送信できます。LINEアプリを使って共有してみましょう。

LINEで共有

送信先を選択

送信先を確認し、右上の「送信」をタップすれば、LINEメッセージでリンクが送信されます。

相手から現在地の共有を申請されたら

現在地の共有を申請された場合のやり方をご紹介します。

現在地の共有を知らせるメッセージが届きます

誰かから現在地の共有が行われると、GmailやLINE等に現在地の共有を知らせるメッセージが届きます。リンクを開き、「Googleマップで表示」でアプリを開くと、共有が開始されます。

お互いのリアルタイムな位置情報を表示し合おう

Googleマップアプリを開くと現在地が共有されています。共有相手のアイコンと、現在地の住所が自分の地図上に表示されます。画面上部には、現在地を共有しているユーザーがアイコンで表示されます。

現在地の共有

この位置情報は、リアルタイムで随時反映されます。有効時間内であれば、本人の移動とともに、アイコンも移動します。

さらに現在地を共有するユーザーを追加したい場合には、画面右上のアイコンから共有の申請を行うことが可能です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。