logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

[出品&購入編]すべてが無料じゃない!メルカリでかかる手数料を知ろう

[出品&購入編]すべてが無料じゃない!メルカリでかかる手数料を知ろう

メルカリはダウンロードから出品・購入までが無料でできる、人気No.1のフリマアプリ。とはいえ、出品・購入から先へ進むと手数料を支払う場面が出てきます。そこで、いつ・どんな手数料が発生するのかを熟知して、お得にメルカリライフを楽しむコツをご紹介します。

関連:メルカリ記事一覧

購入編:支払い手数料はどんなときにかかるの?

購入の流れの中で発生するのが「支払い手数料」。支払い方法は全部で8つありますが、そのうち5つに支払い手数料が発生します。

支払い手数料がかかる方法

  • コンビニ払い
  • ATM払い
  • ドコモ ケータイ払い
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い

支払い手数料がかからない方法

  • クレジットカード払い(※)
  • ポイント利用
  • 売上金利用


便利さをとるか、手数料をとるかの決断をする必要がありそうですね。

支払方法

※クレジットカード払いでの注意点
2016年8月から、クレジットカードでの分割払いが可能になりました(PC版は非対応)。支払額が3,000円以上の場合、2回~最大24回払いが可能に。ただし、分割回数は利用するクレジットカード会社によるので、事前のチェックが必要です。

また、分割払いでの手数料は、支払回数やカード会社により別途かかることがあります。 メルカリでは手数料¥0なのに、結局カードの手数料がかかってしまった…とならないよう注意しましょう。

出品編:どんな手数料がかかるの?

出品者にかかる手数料は大きく分けて2つ。それぞれ発生するタイミングと、お得にするポイントを見てみましょう。

商品が売れたらかかる!「販売手数料」

出品時に販売価格を記入すると、自動的に「販売手数料10%」が差し引かれます。出品自体に手数料はかからないけれど、実際に売れたら手数料を差し引いた利益だけが残るよ、という考え方。

例えば……

500円の販売価格をつける
     ↓
商品が売れ、手数料10%分の金額(50円)が差し引かれる
     ↓
利益の450円が売上として計上される


となります。

それで、利益金額が半端な数字にならないように、手数料を上乗せした「555円」や「777円」などのぞろ目商品が多いんですね。

販売手数料

この手数料は金額や商品問わず、必ず発生するものなので、お得にする方法は残念ながらなし。あらかじめ差し引かれることを注意して、販売価格を設定しましょう。

売り上げを受け取るときにかかる!「振込手数料」

商品が売れたときに計上される販売利益。メルカリではお金のやり取りを直接行わないため、購入者から振り込まれたお金はメルカリ事務局がストックしています。そのストック分を受け取る際にかかるのが「振込手数料」です。

売上金額が211円以上あれば、振込申請を行えますが、手数料210円が発生します。

例えば……

1000円の売り上げを振込申請する
     ↓
振込手数料210円が差し引かれる
     ↓
790円が自分の口座に振り込まれる


となります。

ただし、振込申請の金額が1万円を超えた場合、振込手数料は0円になります。この場合も、早く受け取ることを優先するのか、お得さを優先するのか決断をする必要がありますね。

口座情報の入力ミスに注意!

振込申請の手続きで登録する自分の口座情報を間違えてしまうと、さらに余計な手数料がかかってしまうので要注意!

もし存在しない口座を登録してしまった場合は、再振込手数料が210円かかります。別の誰かの口座を登録してしまい、そこに振り込まれてしまった場合は、「組戻し」が発生します。組戻し料金は630円、そこに手数料210円が加算されると、合計840円の手数料が売り上げから差し引かれてしまいます。口座登録の際は十分に注意しましょう。

振込申請の流れや手数料については、こちらの記事をチェックしてみて。
[メルカリ出品編]売上金額を受け取ろう。振込申請にチャレンジ!

お得に賢く手数料を節約しよう!

メルカリで売上金額を受け取ろう

買う側、売る側両方の視点で、かかる手数料についてまとめてみました。お得に取引したのに手数料を取られてしまうと損した気分になってしまいますが、「販売手数料」以外は手数料を0円にする方法があります。

最大限お得を求めることもできますので、自分のスケジュール・タイミングと相談して賢くメルカリを楽しみましょう♪

関連:メルカリ記事一覧

-->