logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

突然の雨もスマートに回避【ゲリラ豪雨・梅雨に使える天気アプリまとめ】ver.2017

突然の雨もスマートに回避【ゲリラ豪雨・梅雨に使える天気アプリまとめ】ver.2017

急に暗くなる空、ピューっと冷たく吹く風。そしてバケツをひっくり返したように激しい雨が「ドシャー!」。ゲリラ豪雨は昨年も活発でしたね~。もうズブ濡れの憂き目に遭うのはコリゴリじゃあ!というわけで梅雨入りを控えた今、天気アプリを見なおしてみました。厳選4本をまとめてご紹介します。

出張族・旅好きはマスト!全国で使える雨雲レーダー

アメフリ

全国の空の様子が2時間前から5分刻みで追える「アメフリ」。50分後までの予測機能がついているので「あとどれぐらいで降るか?」「どれぐらいで止むか?」を予想できて便利です。自分で雨雲の色の濃さ(透明度)を調整できるから、お好みで視認性をアップできるのもグー。動作もすこぶる軽いです。

アメフリ
東京にいながらにして宮崎の雨雲を追ってみました

1時間以内の雨をリアルタイム予想!カエルのアイコンがかわいい

あめふるコール

1時間先までの天気予報と予想降雨量を10分刻みで確認できる「あめふるコール」。1時間以内に雨が降ると予想された場合には、雨の強さなどをプッシュ通知で知らせてくれます。また、予報地点を”現在地”に設定できるので、どこに行っても自動的に雨の動きがわかります。移動やお出かけが多い人にオススメですよ。今日・明日の天気はもちろん、週間天気予報もわかるので、雨の心配はこれ1つで解決!

予報画面
表形式で見やすい予報画面

市町村を選ぶだけ。雨雲の接近をお知らせするアプリ

雨降りアラート

全国の市町村名と通知時間帯を設定するだけで、雨雲が接近するとプッシュ通知で知らせてくれます。アプリを開くと「雨雲が接近/数時間後に雨の可能性/雨雲は観測されていません」の3段階で雨雲接近レベルを表示してくれます。これが大きな文字で見やすくて、スマホ操作に慣れない両親に勧めたら好評でした。

雨降りアラート
地図に目を凝らさずとも「雨雲が接近」しているのがわかりやすい

雨の日の朝だけを「雨に唄えば」の曲でお知らせする

あめふる

雨予報が出ている日の朝、設定した時間にミュージカル映画「雨に唄えば」の曲でお知らせしてくれるユニークなアプリです。雨が降らない限り存在を忘れてしまいがちなアプリなんですが、おかげで傘の持ち忘れが減りました。手描きの天気マークにもホッコリしちゃいます。今年の梅雨はちょっと楽しくなりそうです。

あめふる
映画よろしく雨の日も踊りたくなっちゃいます

関東甲信越地方の梅雨入りは平年6月8日ごろ(出典:気象庁)。もうあと少しで梅雨シーズン、ゲリラ豪雨も活発化する時期の到来です。突然の雨に備えて、アプリも準備万全にしておいてくださいね。

Tomoko

この記事のライター
Tomoko
ちょっと前までは「集中豪雨」や「局地的な大雨」等と呼ばれていた雨が、ゲリラ扱いされるようになって久しいですね。確かに極大粒の雨が地面を叩きつけるとマシンガンで足元を撃たれているようだし、完全に空からの奇襲作戦ですからね。今年は超軽量な折り畳み傘と天気アプリで攻撃を回避しようと思います。なんといってもいつも、傘を忘れるのが敗因な気がするので…。

この記事に関するキーワード