logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

自転車での移動時にもGoogleマップ。「自転車モード」の注意点!

自転車での移動時にもGoogleマップ。「自転車モード」の注意点!

自転車をメインの移動手段としているGoogleマップユーザーも多いと思います。日本国内における、自転車移動のときのGoogleマップ使用方法や注意点をご紹介します。

Googleマップの「自転車」メニューを見る方法

Googleマップのメニューには、「自転車」という選択肢があります。しかし、選択してみても何も起こりません。

自転車メニュー

実は、このメニューを開くと、海外の一部地域では自転車ルートが表示されるそうなんです。

試しにニューヨークで検索してみると…。

ニューヨーク

自転車ルートが緑色の線で表示されました。

日本国内では使えない?

ニューヨーク
「自転車」メニューは、自転車専用道路や自転車での走行に適したルートをGoogleマップで表示することができる機能です。

しかし、全国的に自転車専用道路の整備が不十分な日本では、残念ながらまだ利用できないのです。日本でも少しずつ自転車用の道路整備が進んでいるので、今後に期待しましょう!

自転車移動のルートを検索するなら「車」よりも「徒歩」!

自転車は基本的には車道を走らなくてはいけないので、「自動車」でルート検索をした方が良いと思うかも知れません。しかし、「自動車」でのルート検索では、自転車なら通れる狭い道が除外されたり、バイパスや高速道路など自転車が通れない道路に誘導される危険性も考えられます。自転車移動の際のルート検索は、「徒歩」での検索をお勧めします。

まず、目的地にピンを立て、右下のアイコンをタップし、移動手段として「徒歩」を選択します。

いくつかルートが提案されるので、任意のものを選択し、「ナビを開始」しましょう。

徒歩

「徒歩」ルートで自転車移動をする時に注意すること

「徒歩」ルートで自転車移動をする場合、もちろん時間予測は利用できません。表示されている徒歩での時間予測を参考に、自転車での所要時間を計算しましょう。

また、「徒歩」ルートでは、階段や徒歩専用歩道橋などが含まれることもあります。その場合は臨機応変なルート変更が必要となります。

自転車に乗りながら操作しない

当然ですが、自転車での走行中はスマートフォン操作をしてはいけません。道路交通法違反になります。最近では、ハンドルにスマホを固定するアイテムもたくさん販売されていますが、その場合も画面を見ながらの走行は危険です。

バッテリーの消費に注意

位置情報をオンにしながらの移動は、バッテリーの減りが早くなります。Googleマップアプリを使用しない場合と同じ感覚でいると、目的地に着く前に充電が切れてしまうこともありえます…。電池残量にはしっかりと注意しながら利用しましょう。

Googleマップのルート検索は、自転車移動のナビにも便利です!
自転車ルートを検索する際は、事前にルート確認を行うか、安全な場所に立ち止まって見るなど、余裕を持った移動を心がけてください!