logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

初めての場所はあらかじめ見ておこう!Googleマップ「ストリートビュー」の使い方。

初めての場所はあらかじめ見ておこう!Googleマップ「ストリートビュー」の使い方。

楽しいだけではなく、とっても便利なGoogleマップのストリートビュー機能!事前の予習としてだけではなく、ちょっとした娯楽としても楽しめるストリートビュー機能の使い方をご紹介します。


初めての場所に行くとき「どんなところなんだろう?」と不安に思うことってありませんか?

筆者は、事前に目的地の雰囲気を知るために、地名や施設名で画像検索することがよくあります。しかし、肝心の場所の画像がなかなか見当たらなかったり、周辺の様子までは把握できなかったりということも多いです。

そんなときはストリートビューが大活躍です!

ストリートビューとは

ストリートビューとは、地図上で指定した場所の風景を、写真で見ることができる機能です。

エッフェル塔

その場所に行かずとも、Googleマップで指定した場所の雰囲気や、景色を見ることができます。

アプリでのストリートビューの使い方

それでは、ストリートビューの使い方を説明します。

ストリートビュー使い方

まず、Googleマップ上で、景色を見たい場所を長押ししてピンを立てます。または、スポット名を検索するだけでもピンが立ちます。

次に、ピンを立てると表示される、左下の小窓をタップします。

すると、まるでその場所に立っているかのような画像を開くことができます。

終了

ストリートビューを終了し、元の地図に戻るには左上の「←」をタップします。

ストリートビュー内を移動しよう

ストリートビューでは、実際にそこを歩いている感覚で移動したり、周囲を見渡したりすることができます。画像の場所が目的の場所とずれていた場合も、何度も細かくピンを立て直す必要はなく、画像内で最適な場所へ移動することが可能です。

移動

移動が可能な場所には、青い線が表示されます。移動したい場所をダブルタップ、もしくは線上をスワイプします。

360°パノラマも楽しめる

さらに、ストリートビューでは360°パノラマで景色を見ることができます。

スワイプで視点を変更

立つ場所を決め、画像内をスワイプして視点を上下左右に動かします。

開始と終了

右上のコンパスアイコンをタップすると、スマホの向きや角度に合わせて視点を動かせます。この状態の方が、よりその場所に立っている感覚になれますね。

もう一度タップすることで、スマホとの連動を解除できます。

ストリートビューの注意点

とても便利なストリートビューですが、いくつか注意点を挙げておきます。

リアルタイムの景色ではない

ストリートビューで表示される画像は、リアルタイムのものではありません。

場所によっては、肝心の目的地が画像撮影時には存在していないことや、逆に目的地までの目印にと覚えておいた建造物や看板が、撮影時から現在までの間になくなっていることも十分にありえます。

スカイツリーは建設中

問題がある画像は報告を!

車のナンバーや、家の表札など、個人情報がストリートビューで表示されてしまっている場合には「問題の報告」をしましょう。

問題の報告

【問題を報告する方法】

自身や身近な人のプライバシーを守るためにはもちろんですが、Googleマップの品質向上に貢献することができます。

予習にも、娯楽にも。ストリートビューを活用しよう

自宅にいながら、今後訪問予定の土地を訪れたり、見てみたかった世界各国の観光スポットを見ることができるGoogleマップの「ストリートビュー」機能!この機能を使えば、訪問予定地の予習はもちろん、世界中を擬似旅行して楽しむことも。

ぜひ、上手に活用して下さい!

この記事に関するキーワード