『かわいい』が生まれる場所。

今日も楽しく暇つぶし。

今日も楽しく暇つぶし。”ほぼ日刊イトイ新聞”の記事が読み放題の【ほぼ日アプリ】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

糸井重里さん率いる人気ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」から、遂に公式アプリが誕生しました。その名も「ほぼ日アプリ」(ほぼにち、と読みます)。かわいい顔して記事数膨大、おもしろコンテンツの数々がスマホでサクサク読めちゃう喜びたるや。暇つぶしのお供にも最適ですよ。

19歳になった「ほぼ日」は、今日も刺激が飛び出すビックリ箱

1998年6月6日から毎日休まずに新しいコンテンツを更新し続けている「ほぼ日刊イトイ新聞(以下、ほぼ日)」。主宰の糸井重里さんによるエッセイのほか、有名人や人気のある物事を独自の視点で取り上げて19年。ロングランの秘訣は、どの記事を読んでも新しい発見、驚き、学び、笑いなど、何らかの”刺激”が得られるからじゃないかな、と思います。

そんな「ほぼ日」にストックされた記事の数々が、アプリ内では大きく区切られて、読みやすく、探しやすくなっています。次項から、各コーナーでどんなものが読めるかをご説明します。

愛読者にやさしい作り♪「ほぼ日」アプリのメニューをご紹介します。

ホーム>トップ

アプリを開くと、糸井重里さんが毎日更新している人気エッセイ「今日のダーリン」が表示されます。ちなみに、アプリのアイコンにもなっているこの公式キャラクターには特に名前がないそうです。意外。

今日のダーリン
私は勝手に「耳夫」と呼んでいます

ホーム>読みもの

トップから右に画面をフリックすると、最新の読みものへジャンプ。飛んだ先では、みうらじゅんさんがお出迎えしてくれました。この連載、「みうらじゅんに訊け!東京編」は終わっちゃったのがモッタイナイ程面白いです。上京生活にギモンがある方、上京して長い方。是非、みうらさんのユニークな視点で新しい東京を発見してみてください。

みうらじゅんに訊け!
京都人ということを忘れていました

ホーム>お買いもの

「ほぼ日」から生まれた企画は様々ですが、知名度の高さで言えばダントツで「ほぼ日手帳」!60万部を売り上げ、ロフトの手帳部門で12年連続NO.1という大人気の手帳も、こちらから買えますよ。「みんなの使い方」には手帳愛用者の使いこなし例も載っていて、余白の使い方などが参考になります。ほかにも、雑貨や文房具など、こだわりのアイテムが勢揃いしているので「ほぼ日」ファンは要チェックです。

お買いもの
カバーもかわいいですよね

関連サイト

ほぼ日刊イトイ新聞

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。