logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

スマホでスタンプが作れるLINE Creators Studioの使い方(作成から販売まで)

スマホでスタンプが作れるLINE Creators Studioの使い方(作成から販売まで)

スマホだけでLINEスタンプを作り、そのまま申請までできちゃう神アプリ「LINE Creators Studio(ラインクリエイターズスタジオ)」がリリースされました☆写真もイラストも簡単にLINEスタンプにできます♪パソコンがなくてもOKです☆ 早速LINEスタンプを作ってみました。

約10分で完成!LINE Creators Studioの使い方

それでは、このアプリだけでスタンプを作っていきたいと思います!

LINE Creators Studioの使い方

まずLINE Creators Studioを起動し、タイトルを入れ「+」マークをタップします。申請時には改めて入力できるので、仮のタイトルを適当に入れておけばOKです!

LINE Creators Studioの使い方「写真・イラスト・画像」

そして、このアプリ内でイラストを描きたい場合は1番上のアイコン、カメラロールに保存されたものを使う場合は真ん中、写真を撮影して使用したい場合は1番下のアイコンをタップします。私はアプリでイラストを描いて、LINEスタンプを作ってみたいと思います♪

LINE Creators Studioでイラストを描き、スタンプを作る方法

LINE Creators Studioで絵を描いてLINEスタンプを作る

ブラシの太さ・色・筆圧など、割としっかり調整できました♪ 画面の拡大もできるので、細かな絵も描けちゃいます!また、テキストも入れられるのですが、日本語のフォントは少なめです(´-`)

LINE Creators Studioで写真を取り込み、スタンプを作る方法

LINE Creators Studioで写真をスタンプにする方法

写真をLNEスタンプにしたい場合は、まず写真を撮影、またはカメラロールから選択します。そして、スタンプにしたい部分を囲んでください。線の書き始めと終わりが繋がると、緑のパスが現れ、更に微調整ができます(´-`).。oO(わりと綺麗に切り抜けちゃう)

LINE Creators Studio写真をLINEスタンプにする

切り抜けたら、ペンツールやテキストツールを使って自由にスタンプを完成させていきます(´-`).。oO(ポッポスタンプは売れないと確信したのでやめました)

アプリで作ったLINEスタンプを販売してみよう!

スタンプが完成したら、いよいよ販売です…!LINEスタンプの申請をしてみましょうヽ(^o^)丿まず「販売」をタップして売りたいLINEスタンプを選択します。
※LINE Creators Market用のアカウント作成が済んでいない場合は、ここで必要になります。画面に従って操作していけばアカウント登録もカンタンにできてしまいます。

LINE Creaters StudioでLINEスタンプを売る方法

タイトルや説明文などを入力します。(英語も必要です…)

最後に規約に同意し「リクエスト」をタップすれば申請完了です☆あとは結果を待つだけ~( *´艸`)めちゃくちゃ簡単です!!

えりなっちが10分で作ったLINEスタンプがこちら

LINE Creaters Studioで作ったスタンプ

そして私が作ったLINEスタンプがこれです!!題名は「パンケーキに飽きたミーハー女子」☆ お気に入りのスタンプは「確率変動」です!!我ながら気に入っております♪

LINEスタンプが遂に承認された!審査期間や手続きのやり方☆

LINEスタンプ申請から承認までの期間

LINEスタンプ審査期間は何日?

ついにLINE Creators Marketから、承認の連絡がLINEで届きました!やった~~!ヽ(^o^)丿しかもリジェクトなしです!こんなふざけたLINEスタンプなのにww 万が一リジェクトされた場合、アプリではリジェクト理由を見ることができず、パソコンからWebに飛ばないといけないようです…。しっかり確認してから申請しなくてはいけませんね(`;ω;´)

審査にかかった日数は、約5日でした☆意外と早かった…!しかし、ひなこ先輩はアプリリリース後、速攻申請していたので2日後には承認されていましたww早すぎww

LINEスタンプの販売方法

LINEスタンプを販売する手続き

LINEが届いたら、LINE Creators Studio(アプリ)から承認されたスタンプを開きます。すると画面上部に「承認」ボタンが現れるので、タップして販売手続きを完了させましょう!

LINEスタンプ販売の仕方やり方方法

すると、LINEスタンプ販売開始のお知らせメッセージがLINEで届き、メッセージをタップすると購入画面に切り替わります。……おわかりいただけただろうか。そう!自分で作ったLINEスタンプも自分で買うんですwwクッ…人生甘くないなぁ”(-“”-)”

LINE Creators Studioでできること

LINE Creators Studioでは、スタンプ画像を作ったり、管理したり、申請したりすることができます。できることを書き出すとざっとこんな感じです!

LINEスタンプ画像作成機能

  • ブラシを使った手描きイラストの作成
  • カメラロール内の写真・画像の取り込み
  • 写真撮影
  • 取り込み・撮影した写真・画像のトリミング
  • 文字入れ

作成したLINEスタンプの管理機能

  • 編集した画像のコピー
  • スタンプセットの管理
  • スタンプを別のセットへ移動

LINE Creators Marketへの申請

  • LINE Creators Marketのアカウント作成
  • クリエイターズスタンプの申請
  • 申請後の審査状況確認

こんなに多機能なので、このアプリだけでスタンプ作成~審査までできちゃうんです!

LINE Creaters Studioのメリット・デメリット

こちらのアプリを使ってみて感じた良かった点ともう少し改善してもらいたいな~と思う点をまとめてみました!

LINE Creators Studioを使うメリット

  • スマホひとつでLINEスタンプが申請まで出来る
  • 操作が簡単
  • めちゃくちゃ早く作れる

改善してもらいたいな~と思うところ

  • 消しゴムツール・塗りつぶしツールがない
  • フォントが少ない
  • サイズなどの微調整ができない
  • リジェクトされたらPCを開かなければいけない


こだわった編集などは今のところできないみたいです…。なので他のアプリで編集してから、このアプリで申請だけするっていうのもアリだと思います(‘ω’)ノ 基本的には 難しい操作などに慣れてない方や、サクッとLINEスタンプを作りたい人向けのアプリですね~~!

LINEスタンプを販売するときの注意点

LINEスタンプを作るときに注意する点がいくつかあるのでまとめておきますね!

販売できる個数は決まっている!

LINEスタンプのセットは、8個・16個・24個・32個・40個のいずれかになります。個数が合うように作りましょう。

販売価格も選択できる!

販売価格は、個数にかかわらず120円・240円・360円・480円・600円となります。買ってもらいやすい安めの金額にするのか、それともクオリティを上げて高い価格で販売するのかは作戦ですね!

販売開始したスタンプは全世界に公開される!

販売開始したスタンプは日本のみまたは全世界での公開となります。友だちやお子さんなどの写真を使用する場合は、プライバシー問題等はないか確認しましょう。また、リリース前にはLINE事務局での審査があります。余りに見づらいデザインや使いづらい内容のスタンプや、公序良俗に反するものはリリースできません。詳しくはLINEクリエイターズマーケット 審査ガイドラインをご参照ください。

これを使えば誰でもLINEスタンプが販売できちゃいます!お子さんと一緒に作ってもよし、暇つぶしに作るのもいいですね~~~☆是非ダウンロードして遊んでみてください☆

えりなっち

この記事のライター
えりなっち
一言言わせてください…。LINEスタンプの連載やってたんですが挫折しました!!!!!!!これで挽回させてください!!!!