logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

革新的!不要なゲーム・本・マンガ・DVD・CDをユーザー同士で交換こ♪【スピラル】
PR

革新的!不要なゲーム・本・マンガ・DVD・CDをユーザー同士で交換こ♪【スピラル】

「最後に読んだのいつだっけ?」レベルにぜんぜん読んでいない本やマンガ。棚の肥やしと化しているCDやDVDにゲーム。家に”不要なお宝”がある方は「スピラル」にご注目!金銭を通さず簡単にエンタメアイテムをやり取りできる、新時代の物々交換アプリです。

フリマやオークションのような金銭のやり取りは一切なし。

物々交換、と聞いて思い出すのは子どもの頃。友達としたマンガの回し読みやゲームの貸し借り、飽きたら”交換こ”したり。あれ、楽しかったですよねえ!

友だち同士でゲーム
「お前のゲームはおれのもの。おれのゲームはお前のもの」平和~

スピラルでは「交換券」を使います。

スピラルも、金銭を介さない”交換こ”の世界です。

スピラル内では「交換券」を使ってユーザー同士で物々交換する仕組みです。子どもの頃の回し読み感覚で欲しいものをゲットして、またいらなくなったらスピラルで欲しい人にバトンタッチできるなんて、なんて素敵なエコシステム!家も散らからないし節約にもなりそう。限られたお小遣いでやり繰りしている身にはうれしいシステムです。しかも「思い立ったら7秒で出品」という謳い文句がそそるんですけど…。

ほんとに?「思い立ったら7秒で出品」?家でダブっているマンガを出品してみました。

古本屋で好きなマンガを安く見つけると、持っているかどうか関係なく買ってしまいます。記念すべき出品第一弾は、傑作すぎてダブっている山岸涼子先生の「ハトシェプスト」をお嫁に出すことにしました。

1. カメラをタップする

アプリを開くと、もうカメラが登場。メルカリとかフリルに慣れている方なら使い勝手の良さが想像できると思います。

カメラをタップ
スッキリ&オシャレなUIが見やすいです

2. 商品のバーコードを読み取る

マンガなので裏面にバーコードがあります。カメラをかざして、”978″ で始まる上段をスキャンします。バーコードがない出品物でも、表紙を撮影するか、アルバムから写真を選択して出品できますよ。

バーコードをスキャン
”978″ は”書籍” という意味を持つコードで、あらゆる書物についています

3. 商品と配送についての詳細を入力

バーコードをスキャンしたら表紙の画像が出ました!おお、、間違いなくこのマンガです!ちょっとだけ表紙に気になる折れ跡があるので、引き取ってくれる人がガッカリしないよう明記しておきました。

出品する
バーコードって凄いですね~

次に、商品のカテゴリと商品の詳細をメニューから選びます。発送元の都道府県と、発送までの日数も選択。それぞれタップするだけから簡単でした。最後に「出品する」をタップ!

詳細と配送について
フリマアプリじゃないから即日発送じゃなくてもいいか、なんて余裕も

出品完了!初めてだったので15秒ほどかかりましたが、バーコードを読ませてしまえばあっという間。慣れてきたら7秒出品も夢じゃなさそうです(15秒でもじゅうぶん速いですがw)。自分の商品ページにも、こんな風にちゃんと反映されました。あとは誰かが「お気に入り♡」してくれたり「入手する」をポチっとしてくれるのを待つだけです。

出品が完了しました
ちなみに「ハトシェプスト」は女性ファラオの半生を描いた傑作です

スピラルで欲しいものがあるんだけど、交換券はどうやったら手に入るの?

自分で出品したものを誰かが入手するか、ミッションをクリアすると交換券がもらえます。交換券ひとつで1アイテムがゲットできる仕組みです。現在確認できるミッションは、以下の通り。どれも難易度低めですね☆

ミッション
これならポッシブル!

  • スピラルに1人招待しよう
  • 取引を成功させて自身の評価を3に上げよう
  • 書籍を3つバーコード出品してみよう
  • CD・DVDを3つバーコード出品してみよう

スピラルで手に入れて楽しんだモノは、どんどんバトンタッチ!

さて、出品の段取りもつかめてきたので、今度は自分が観たいDVDを探してスピラルのカテゴリ検索から商品をチェックしていたのですが、そのまま入手できる「入手可」アイテムのほかに「再出品リクエスト可」というメニューが。

実はこれ、最近投入された機能なんです。例えば「再出品リクエスト可」の商品を筆者がポチると、出品物を入手したユーザーに匿名でリクエストが送られ、そのユーザーがリクエストした商品を出品すると筆者に通知が届く仕組みなんです!つまり、「それ読み終わったらいつでもいいから次見せて~」がアプリで知らない人と出来ちゃう。本の場合はどんどん回し読みが可能、という超エコな話になります。

再出品リクエスト可
再出品というか「次見せて」ボタンと言いたい

なんといってもお金が絡まないのがいいですね、スピラルは。筆者もヤフオク!やメルカリで家の不用品を処分することがありますが、正直言っていちばん面倒なのが値引き交渉。金銭がらみのマーケットじゃ避けて通れないとはいえ、値切り攻撃は疲れるもの。「こんなツライ思いをしてまで300円でマンガを売っている私…しかも送料込み…」と遠い目になります。その点、物々交換ができるスピラルは気軽さという点で軍配があがります!あとは今後ユーザーがどんどん増えて、商品が充実するのを待つばかり。音楽や映画、マンガが好きな方には是非参加してほしいアプリです。

Tomoko

この記事のライター
Tomoko
スピラル、ドーナツのアイコンもかわいいんですよね。なんだかミスタードーナツのエンゼルフレンチに似てると思いませんか。私はあの中のクリームが大好きです(お腹空いてきた…)。

関連サイト

スピラル Spirale

この記事に関するキーワード