logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

広大で美麗、もう1つのリアルがリネージュに!【リネージュ2 レボリューション】
PR

広大で美麗、もう1つのリアルがリネージュに!【リネージュ2 レボリューション】

PCで人気を博しているMMORPG「リネージュⅡ」をスマホ向けに進化させた「リネージュ2 レボリューション(以下、リネレボ)」が正式サービス開始! 矢沢永吉さんが出演するTVCMもバンバン流れて盛り上がってきていますよね。そんなサービスが始まったばかりな本作の魅力をご紹介しましょう!

予想以上だったリネレボ(笑)

事前に公開されていた情報やPVなどをある程度チェックしていた筆者がサービス開始後、遊んでみてのファーストインプレッションは、ずばり「事前の期待を超えてきた(笑)」です。

リネージュ2 レボリューション

フィールドは広大で深淵! グラフィックもキャラクターの動きがヌルヌル、質感もリアルで綺麗! この2つの魅力的な要素が「リネージュⅡ」で味わえた、リアルな世界に自分が存在している感覚をスマホでも体感可能にしているのです。

よくリリース前に公開されるスクリーンショットやPVを見て、想像が膨らんで期待感が高まっても、ゲームを遊んでみると意外に大したことなかったみたいなパターンも存在します。しかし「リネレボ」は事前の期待感そのまま、いや超えてきました。

「リネージュ2 レボリューション」の注目ポイント

本作を遊んでいて筆者が気になったポイントは、大きく下記の3つ。

フィールドが本当に広い!

筆者が最もすごいと感じたのは「世界の広さ」です。まるで現実とは別に存在するもう1つの世界みたい。

下記が、全体のフィールド。

リネージュ2 レボリューション

この1つ1つが複数のエリアから構成されており、さらに各エリアも複数のマップによって構成されています。そして、単に広いだけでなく、それぞれの場所に歴史を感じさせる豊かな景色が広がっているのです。

リネージュ2 レボリューション

この先にはどんな風景が待っているのか、クエストそっちのけで危険なエリアにも足を踏み出したくなります!

超綺麗なグラフィック、でもそれぞれのスマホに合わせて遊べる!

本作、キャラクターのヌルヌルしたモーションや物体のリアルな質感にもこだわっています。とっても綺麗です。

そんなグラフィックも設定でフレームレートからエフェクト表示の有無に至るまで、細かく調整できるようになっています。

リネージュ2 レボリューション

例えば、筆者のプレイ環境(iPhone 6s)で全てのグラフィック関連設定を最高値にしたのが下記の画面。

リネージュ2 レボリューション

これだと、スマホっぽくないレベルの美しさですが、相応にスマホ端末も熱くなっちゃいます(かなり頑張ってる…)

次に、全ての設定を最低値にしたのが下記の画面。

リネージュ2 レボリューション

これ、ちょっと笑っちゃうくらい簡素というかシンプルですね(影や物体の質感もなくなってノッペリしちゃった…)

各人の持つプレイ環境に合わせて最適な設定に調整することができるので、最新のスマホを持っていなくてもプレイできます(※対応OSやスペック等は存在)

しかし1か所だけ気になる点が…。ゲームを始めると流れるオープニングムービー。

リネージュ2 レボリューション

ここのムービーが筆者のプレイ環境だとすっごく粗く表示されてしまっています…。これは演出なのか、それともスマホの性能的にかなり無理しているからなのか…。

RPGとしても楽しめる物語

MMORPGってその自由度の高さゆえに、時として、いきなり大海原に放り出された感がありますよね?

本作では大丈夫。いわゆる「フィールドだけ用意したから、後はプレイヤーで好き勝手に遊んで」なタイプではなく、MMO要素を除いたRPGとしても、ちゃんと物語を楽しめるよう豊富な数のクエストが用意されています。

ゲーム序盤のメインクエストでは、オーク族が港に侵攻。

リネージュ2 レボリューション

それを食い止めるべくプレイヤーはオーク族と対峙します。

リネージュ2 レボリューション

無事に倒すことができ、クエストを達成すると、報酬が貰えてストーリーも進行。

リネージュ2 レボリューション

メインクエストは各所でチュートリアルも兼ねています。そのためゲーム序盤では、とにかくメインクエストを進めていくのがオススメです。

もう1つのリアルが「リネレボ」にある

リネージュ2 レボリューション」は、綺麗で広大な世界を舞台に、1人の冒険者として活躍できるMMORPGです。記事で触れた以外にパーティや血盟などMMOの楽しさを味わえる要素が満載。

リネージュ2 レボリューション

日本でのサービスは始まったばかり、今から始めればプレイヤー間でのレベル差が開いていないため、始めるのにもってこい!

トモトモ

この記事のライター
トモトモ

本作の元となっているPCのMMORPG「リネージュⅡ」。筆者も一時期ハマって遊んでいたんですが、家のPCのスペックだと上手く動かなかったので、ネットカフェにちょくちょく行って遊んでいました。土砂降りの雨の日もずぶ濡れになりながらネットカフェに向かっていたあの日が懐かしい…(遠い目)

この記事に関するキーワード